Yuriko.Net 個別記事

1998-03-27

九州遠征「C.C.倶楽部」

カテゴリー: ふりひら

3月下旬に九州遠征してきました。3/27 に、にしだゆきえさんと林原琴乃さんにお会いして、C.C.倶楽部にお邪魔しました。

3/27は正午に博多駅でゆきえちゃんと待ち合わせします。ゆきえちゃんのクルマにわたしの大荷物を置いてから、昼ごはんとします。JR 九州経営のレストランに入ります。JR 九州 は、駅周辺でコンビニやらの多角経営に熱心なようです。

[ピンクハウスカフェ]
[KANEKO ISAO]

クルマで天神に移動して Pink House World を巡ります。ここの店員は客に話しかけてきます。店員は、わたしらが女物を着るとわかっているみたいでした :-) くま柄のワンピがかわいくて欲しくなったけど、お金がないからパスです。ううむ。

そして、ビブレ1階の Wonderful World, Kaneko Isao に入ります。ここの店員はあまり話しかけてきません。あまり気に入ったものはなかったので、早めに退散します。

そうしていると夕方になってきました。せっかく服を持ってるんだから、途中でメイクして散歩しようとおもったけど、着替えるのにいい場所がないので、そのまま C.C. 倶楽部に向かうことにしました。

[C.C.倶楽部]
[メイクルーム]

道が混んでたので、C.C. 倶楽部の到着は 20:00 頃になりました。店の内装は試行錯誤的な改装中で、雑然としています。入口を入るとカウンターのなかを通る構造はびっくり。1 階が歓談スペースで、2 階がメイクルームです。服やグッズがたくさんあるけど、ほとんど未整理で無造作においてありました……。

メイクを済まして下に降ります。ちょうど琴乃さんが来られたところです。琴乃さんはモードチェンジするために、2階へ。

わたしは赤いふりひら服、ゆきえちゃんはカジュアル服 (それでも Wonderful World だったりする) でした。

ゆきえちゃんとわたしは、ママとおしゃべりします。常連さんと歓談します。この常連さんも女装趣味お持ちですが、今日は男性モードでした。京都から来た、というとびっくりされてました。

[楽しくおしゃべり]

琴乃さんがモードチェンジして降りてこられました。とりあえず、ごく普通のカジュアル服です。3 人集まると鉄道談義が弾みます :-)

その後は、デジカメ・銀塩写真・インスタント写真の撮影会になったり、客全員でテーブルを囲って服装談義やら京都の話やらで盛り上がりました。

琴乃さんは、「林原琴乃補完計画」の進捗状況も披露されてました。赤い服がかっこよかったです。

終電が迫ってきたけど、ゆきえちゃんのクルマで移動すればいいので、見送ることに。結局、26時頃までお邪魔してしまいました。

トラックバック・コメント

コメントはありません。

上に戻る

ごめんなさい。現在コメントフォームは閉じられています。

上に戻る