2003年8月02日の投稿

2003-08-02

探偵ナイトスクープ

ゆりこ による 00:00:00 の投稿
カテゴリー: テレビ・メディア

わたしの住んでいる地域では、探偵ナイトスクープの放送は木曜の深夜です。しかし、ここ1か月ほどは放送局の都合でお休みしています。

関西人のわたしとしては、探偵ナイトスクープを見ないと禁断症状が出てきてしまう:-) ケーブルテレビ契約して見ようかな、と思ってたりしますが、月額料がけっこうするのが難点。ううむ。

iBlogで日本語を使う

ゆりこ による 00:00:01 の投稿
カテゴリー: ソフトウェア

iBlogで日本語を使うには、少しコツが必要です。Blogエントリについては、Unicodeの実体参照で記載されているので、漢字コードの心配は無用です。それ以外の、ナビゲーション部分の日本語化が面倒なのです。

漢字コードとしてShift_JISを使うなら、わりと簡単っぽいのですが、やはりutf-8を使いたいところ。わたしの場合は以下のようにしました。

まず、編集すべきもののチェック。「Blogs->Show Navigation Editor…」では、サイドバーのCalender, Categories, Archives, XML Feed のテンプレートが編集できます。「Resouces->Manage Templates」では、本文テンプレートである Blogpage.txt, CategoryPage.txt, EntryPage.txt, ArchivePage.txt, YearPage.txt, DayPage.txt が編集できます。

両者ともiBlogで編集すると漢字コードの指定ができません。後者の*.txtについては、先頭付近に charset=iso-8599-1 という指定があるので、これを Shift_JIS なり utf-8 なりに修正するのは必須です。しかし、*.txt の保存される漢字コードが Shift_JIS になっているらしく、utf-8 と指定されてるのに実際は Shift_JIS という不整合が生じます。これでは当然ブラウザで文字化けします。

そこで、Jedit などの、漢字コードの指定できるエディタで編集することが必要となります。本文テンプレートは、/Users/USERNAME/Library/Application Support/iBlog/TemplatesSets/ に入っているので、これを編集します。デフォルトのLeftNavigation, RightNavigation をいじるのは避けた方がいいので、どちらか好きな方をフォルダごとコピーして Jedit で編集しましょう。

サイドバーテンプレートはどこに保存されているか不明だったので、日本語化したテキストを Jedit で utf-8 保存し、漢字コードを Shift_JIS として開いて、iBlogの Navigation Editor にコピー&ペーストします。これはかなり面倒な作業ですが、仕方ありません。

さて、これでうまく日本語化できました。「カレンダー」「カテゴリー」のように見事に文字化けせず日本語になっています。カテゴリの中身は英語のままですが、これを日本語化すると RSS リーダーが不具合を起こすらしいので、そのままにしてあります。

キーボードカバー

ゆりこ による 00:00:02 の投稿
カテゴリー: アップル・Macintosh

わたしのiBookは、この前キーボードに牛乳をこぼして故障してしまったので、キーボード交換後はカバーをしています。しかし、このカバーが、1か月もしないうちにしわしわになってしまいました。

使っていたのはエレコムのぴたっとシート。自分で好きな形に切って、キーボードに載せると、自己吸着でぴたっとくっつく、というものです。

たしかに、それなりにくっついているのですが、2週間ほどでずれやすくなってしまいました。汗などで濡れた指でタイプすると、ずれたりめくれたりするのです。さらに、3週間もすると、シート自体もしわしわになってきました。

1枚のシートを半分に切って載せたので、交換すればいいという気もしますが、1か月で交換というのはコストパフォーマンス悪すぎます。といって、カバーをしないと、牛乳やコーヒーの洗礼をまたやりそうで恐い。