2004年10月02日の投稿

2004-10-02
晴れ

混浴温泉の旅・1日目

ゆりこ による 00:00:00 の投稿
カテゴリー: 旅行

男女その他5人で会津方面の混浴温泉の旅に出ています。いずみちゃん主催の旅行で、1泊2日で6つの温泉をまわります。すべて露天でしかも混浴という、かなりマニアックな旅行です。わたしのような MtF (男→女) のトランスジェンダーの場合、顔の外見は女っぽいながらも男性器がついていたりするわけで、男湯にも女湯にも入りにくいのです。混浴ならば男女の区別がないので、何も気にせず入浴することができます。

薬研の湯

東武鉄道の快速電車で、北千住から新藤原を経由して野岩鉄道の湯西川温泉で下車し、「薬研の湯(リンク先はGoogle検索)」に入りました。ここは川原にある露天風呂で、脱衣場もないというとんでもない湯です。観光客に入浴姿を見られてしまいます。ちょっと熱め (42.5℃くらい?) ですが、硫黄の匂いがしっかりする温泉らしい温泉です。

ホテル渓山の露天風呂

この後、会津鉄道の芦ノ牧温泉駅で下車し、バスで温泉街に移動して「ホテル渓山」にある混浴露天風呂に入りました。ここは宿泊しなくても 800円払えば入浴できます。渓谷沿いに設置された風呂は、眼下80mに川の流れが見られます。源泉が59℃弱なので、加水して冷ましてあるようでした。


旅館・新湯の露天風呂
(ムキンポさん撮影)

さらに、会津鉄道で湯野上温泉に戻って、「旅館・新湯」に宿泊して、設置されている混浴露天風呂にも入りました。単純泉で硫黄臭はせず、単なる風呂とあまり違いがない感じでしたが、ここも渓谷沿いにあるので、景色は抜群です。

1日に3つの温泉を巡るのは初めてでしたが、すべて露天風呂で解放感あふれる情緒深いものばかりで満足度は非常に高いものでした。2日目も楽しみです。

牛乳屋食堂

ゆりこ による 00:00:01 の投稿
カテゴリー: 食べ物・料理

牛乳屋食堂外見

芦ノ牧温泉では、駅のそばにある「牛乳屋食堂」で昼食を摂りました。ここは会津ラーメンとカツ丼が名物で、美味であることで有名です。

わたしは半ラーメンと半ソースカツ丼のセットである「牛乳屋ミニセット」を注文しました。

ラーメンとソースカツ丼

ラーメンはあっさり味の醤油ラーメンで、丁寧に採られた鶏ガラダシに濃厚な醤油を加えてある透明スープです。しつこさや油っこさは全くなく、上品な味のすばらしいスープです。麺は手打ちの太めのちじれ麺。適度にコシがあり、スープとの相性も抜群です。具はチャーシュー、メンマ、海苔、ねぎです。チャーシューは1mm程度の厚さで、あっさりした味です。

ソースカツ丼は、ごはんの上に千切りにしたキャベツを載せ、そこにカツが3切れ置いてあり、濃厚なソースがかかっています。カツの豚肉は脂が少なめで柔らかく、衣はバリバリという理想的なものです。個人的にはソースが濃すぎるように感じましたが、味はよいです。

こんな辺鄙なところで営業していても客が途切れることがないのは、このすばらしい味に嵌った人が多いからでしょうね。わたしも、もう一度行きたくなりました。