2004年10月31日の投稿

2004-10-31
くもり

拘束邦人の安否も把握できない政府

ゆりこ による 00:00:00 の投稿
カテゴリー: 社会問題

イラクで日本人が拘束され、犯人が日本政府に回答を要求した期限が過ぎました。「自衛隊は撤退しない。テロには屈さない」と突っぱねるのも、政府が無能であることを示していますが、その後安否をきちんと確認できないことも情けないですね。

アジア系の遺体が発見されたとき、拘束邦人ではないかという報道が出たときも、政府は正しい情報をなかなか把握できてなかったようです。こんな状況では犯人グループときちんと交渉することすら不可能でしょう……。

犯人に屈することは間違っていますが、結果として屈さなければいいだけで、要求を呑むポーズを取って時間かせぎをするのが、取るべき作戦でしょう。こんな基本的な定石すら分かってないとは、どうしようもない政府だーー。

拘束邦人の遺体発見

ゆりこ による 00:00:01 の投稿
カテゴリー: 社会問題

情報が二転三転しましたが、結局、拘束されていた邦人の遺体が見つかったようです (あえて名前は書きません)。なんと首なし頭部と胴体が別だったので、指紋を照合することで本人と確認したようです。

今回の情報はさすがに正しいようですが、まことに残念な結末となりました。政府は、犯人グループと交渉することすらできなかったようで、首相の「自衛隊は撤退しない」という発言が犯人グループに伝わったぐらいと予想できます。

ということは、この方は、無能な政府によって見殺しにされたと言っていいかもしれません。日本人が拘束されて自衛隊の撤退要求をされることは、自衛隊を派遣した政府に原因の一端があります。

イラクに行くことは無謀な行為かもしれません。それは、爆撃や銃弾に当って命を落とす可能性があるから危険だということでしょう。テログループに拘束されるというのは、自衛隊を派遣していなければ起こり得なかったはずです。政府は、自衛隊を派遣したのであれば、それをネタに拘束される日本人を保護する義務があります。

台風や地震の被災者に対する対応も後手後手に回っていますし、この政府は日本人を守ろうとする気がないんではなかろうか……。