2005年1月24日の投稿

2005-01-24
くもり

道具の選択

ゆりこ による 00:00:00 の投稿
カテゴリー: 日常生活

実は、この日記を含めて Yuriko.Net はすべて HTML もスタイルシートも手書き (テキストエディタでの編集) しています。レイアウトソフトが登場するより前からウェブサイトを作っているので、手書きには抵抗がないからですが、これには「自由度が非常に高い」という利点があります。レイアウトソフトだと、そのソフトが想定している HTML しか書けないという問題があります。最近ではブログツール (MovableType とか Blogger とか) も流行っていますが、これもスタイルシートをいじるのが簡単なだけで、HTML 自体を自由自在にいじるのは困難です。多少、ツールの想定する動作に従う必要があるのです。

そう、わたしは「道具の都合に縛られるのが嫌い」なんです。利用者をある一つの方法に従わせるというのは、好きになれないです。多機能である必要はなくて、設計が単純であっても柔軟性があれば十分です。ウェブのレイアウトツールやブログツールは、機能は多いけど使い勝手にクセがあるので、使う気になれないのです。わたしの好きな Perl, Mac OS X, iPod は、利用者のやりたい方法で使える、という点がすばらしいのです。

とはいえ、現在の Yuriko.Net は、日記エントリを1つ書くと4つの HTML ファイルをいじる必要があって、更新が非常に面倒になっています。さすがに、XML と Perl を駆使したスクリプトを作って、1つのテキストファイルをいじるだけで更新できるようにしたいですが、どう設計すれば柔軟で使いやすいかな……。