2005年1月の投稿

2005-01-12
晴れ

アップルから怒涛の新製品が

ゆりこ による 00:00:00 の投稿
カテゴリー: アップル・Macintosh

毎年恒例となっている Macworld EXPO & Conference/San Fransico が開催されていますが、その基調講演で、アップルからとんでもない数の新製品が発表されました。

新製品多過ぎです。全部魅力的なものばかりです。ハード製品は「安価で小型」なので、今すぐでも欲しくなってしまいます。そう思っている人も多いのか、発表直後からオンラインの Apple Store は混み混みで反応が非常に悪くなっています……。

(製品の並び順を、発表順からハードを先に変更しました)

アップルは Blu-ray 陣営入りか

ゆりこ による 00:00:01 の投稿
カテゴリー: アップル・Macintosh

Macworld EXPO の基調講演の中で、「ソニーと組んで HD 画像を簡単に扱えるような環境を提供する」「Blu-ray をサポートする」という話がありました。iMovie, Final Cut Express など一般ユーザ向けの動画編集ソフトですら HD 画像の編集機能を付けるのです。この発表に際して、ソニーの安藤国威社長が登場してスピーチしていました。これが意味することは、アップルが次世代 DVD 規格として Blu-ray 陣営に加担すると予想されるということなのです。

この決定は前者はいいとして後者は個人的には残念です。次世代 DVD 規格として Blu-ray と HD DVD という2つの規格が対立していますが、前者はソニーが独自に作ったもの、後者は東芝が作って DVD フォーラムに提案したもので、スジとしては後者のが正しいのです。技術的にも、記録できる容量こそ Blu-ray のが大きいですが、量産における安定性や低コスト化は HD DVD のが上だと思われます。そのため、個人的には HD DVD が普及して欲しかったのです。

でも、Apple が Blu-ray 陣営につくということは、次世代 DVD 規格戦争はほぼカタがついてしまったようなものでしょう。コンピュータメーカとして Apple の影響力は当然大きいですし、Apple の CEO である Steve Jobs は映画会社のピクサーの CEO でもあるんですから、ハリウッドに対する影響力もあります。

東芝がどう反撃を繰り出すか見物ですねーー。ビルゲイツを抱き込んでしまえば、HD DVD にも勝機ありか??

(基調講演のストリーミング放送を見て、少し内容を修正しました)

2005-01-13
晴れ

プロジェクトX「鉄道分断・突貫作戦」

ゆりこ による 00:00:00 の投稿
カテゴリー: テレビ・メディア
タグ:

今週の「プロジェクトX」は、震災後10年を迎える神戸ネタでした。震災で高架橋が崩壊した六甲道駅を、わずか2.5か月で復旧させたという話でした。確かに、JR 東海道線の復旧は4/1で、阪急・阪神が6/27の開通だったのに比べて非常に早いものでした。

しかし、相変らずプロジェクトXは再現映像がいい加減です。そのいい加減さも楽しみの1つなので、ケチをつけるべきじゃないかもしれませんが:-)

  • 冒頭で「平成7年1月17日午前5時46分」というテロップを出しながら、JR 東西線直通の列車が入ってくる。JR 東西線は震災時は未開業なのに。
  • 最後の復旧工事完成を焼き鳥屋で祝う場面で背景にかかってるカレンダーが「11月」のもの。しかも、曜日配列から2004年のものと推測できる。

今回は、幸運(?)にも被災風景や工事等で実際の映像が残っていることが多いために、本物の映像を使うシーンも多かったのですが、再現映像を作るときのツメが甘いのは相変わらずです。カレンダーぐらい差し替えようよ……。

人体の不思議展

ゆりこ による 00:00:01 の投稿
カテゴリー: イベント

遅ればせながら、東京国際フォーラムで開催されている「人体の不思議展」を見てきました。当初は今週末で終了でしたが、あまりの人気のため2月末まで延期されていました。開演時刻も20時まで(入場締切は19:30)と遅い時間まで開いているので、仕事帰りに見れるという、すばらしい配慮。しかも、携帯サイトにアクセスすると16時以降の入場が割引になるようです。

人体の不思議展は、実際の人体を「プラストミック」という技術で保存したものを展示しています。従来のホルマリン付けの標本とは全く違った標本です。

実物のプラストミック標本を見るのは初めてでしたが、筋肉の付き方や神経・血管の流れが分かりやすくなっているのは感動しました。全身の血管模型は、血管だけで人間の形が分かるというぐらい、隅々まで生き渡っていることが分かります。特に肺の部分はカリフラワーのごとく精細に血管が張り巡らされています。CT スキャンのように輪切りにして標本化したものもあって、目や鼻は脳に非常に近いんだとか、肝臓はフォアグラみたいだとかが分かります。(フォアグラは確かに肝臓ですけど:-) 不思議なのは、どの男性標本も左右の睾丸がバラバラに垂れ下ってたことです。標本化の過程でそうなってしまうのかもしれません。

人間の体がこれだけ緻密に作られている、というのは自然の驚異としか言いようがありません。ただ、さすがに人体の標本だけに少々気味悪いのも事実で、最後の方では飽きてしまいました:-) 人体をこのように標本にするのは少々畏れ多い気もしますが、本人が献体を希望されたものなので、その意思には敬意を表してありがたく観察させて頂きました。

イラクに大量破壊兵器なし

ゆりこ による 00:00:02 の投稿
カテゴリー: 社会問題

イラクで行なわれていた、大量破壊兵器 (WMD) の調査が終了し「WMD はない」という結論に至ったようです。

これで、イラク戦争は、アメリカ (とその同盟国) がイラクの石油利権を狙って起こした戦争であることがはっきりしてしまいました。「大量破壊兵器の使用を防ぎ、イラクを平和な国にする」という大義名分は全くニセモノであると分かってしまったのですから。

ブッシュ大統領は、全世界に対して土下座するべきでしょう:-):-) それを支持した小泉首相も同罪:-)

2005-01-15
雨

震災 1.17、東西テレビ局の温度差

ゆりこ による 00:00:00 の投稿
カテゴリー: テレビ・メディア
タグ:

兵庫県南部で震度7の揺れがあってから10年。震災を体験した関西近郊の住人なら誰もあの恐しさを忘れた人はいないでしょう。当然、テレビ局も「この10年」を捉えた特番が目白押しです。

しかし、関東のテレビ局は、1/17 当日ですら、ほとんど特番がありません。唯一、テレビ朝日系列が、5:46 その時刻に特番を流す程度です (神奈川県の番組表、4時〜12時12時〜19時19時〜23時)。昼の「月曜サスペンス」とか時代劇とか中止してしまって、関西の局から特番を配信してもらってもバチは当たらないと思うんですが、それをしないということが、震災を「よその地域のこと」と考えているようで、情けないです。東海地震もいつ起きるか分からない状況だと言うのに……。

NHK は全国的で丸一日特番を流しますが、新生なった「神戸放送局」のアピールという目的が大きいでしょう。震災で崩壊し、ハーバランドに仮移転していた神戸局が、この日、トアロードに戻ってくるのです。いったい改築にどれぐらい受信料をつぎ込んだんでしょう??

在来線移動で京都ゆき

ゆりこ による 00:00:01 の投稿
カテゴリー: 旅行
タグ:

京都で開催される「カフェ玖伊屋」に参加するべく、在来線を乗り継いで京都に来ました。当然、青春18きっぷ利用です。

あさ10時ぐらいに出発する予定でしたが、出発準備に手間取って、14時出発になりました。雨がちらついていて JR の駅まで歩くのは嫌だったので、最寄りの小田急の駅から小田原まで出て JR に乗るというワープ手段を取ることにしました。しかも、小田急は特急はこね号利用です。その後、熱海まで普通列車、熱海〜豊橋はロングラン普通列車、豊橋〜米原は新快速、米原〜京都は快速 (京都までは各停)、と乗り換えました。途中、浜松では列車の切り離しのため長時間停車したので、「うなぎパイ V.S.O.P.」と山吹の「うなぎ弁当」を購入。前者はカフェ玖伊屋へのお土産です。

在来線移動は8時間かかりますが、新幹線でも4時間はかかるので、そんなに大変な訳ではありません。18きっぷなら電車賃が1万円ほど節約できるのが大きいでしょう。道中は、仮眠したり音楽聞いたり本を読んだりすればいくらでも時間潰しできますし。

2005-01-17
くもり

1.17 節目の日に防災の確認を

ゆりこ による 00:00:00 の投稿
カテゴリー: 社会問題
タグ:

1995年1月17日、早朝の大きな揺れは恐しいものでした。ガタガタという振動、茶碗や皿が落ちて割れる音。今までに体験したことのない地震だったのです。当時生活していた関西の実家は震源からは 70km ほど離れていて震度4ぐらいの揺れでしたが、それでも布団にくるまって揺れが収まるのを待ちました。

テレビをつけると、大阪府で震度5,兵庫県で震度6などの情報が出ています。家の被害は、皿が数枚割れただけで家具が倒れたりはしなかったので、一安心。それでも再度寝ることはできず、テレビを見つつ学校に行くまでの時間を潰していました。その時、神戸や淡路地域ではもっと凄まじい状況だったとは露知らず……。

その後判明した被害状況はみなさんもご存知の通りです。ボランティアが多数立ち上がって災害支援が行なわれたことも、今までの災害にはなかった動きでした。

10年目となる節目の日。改めて、みなさん自身の災害対策を確認してみてはいかがでしょうか。

  • 災害時の連絡網はあるか
  • 避難経路および避難場所を把握しているか
  • 家具の倒壊対策はしてあるか。タンス、本棚、テレビ、パソコン等
  • 非常持出袋はあるか。内容: 水、非常食 (賞味期限OKか?)、替えの下着、サンダル、懐中電灯、予備電池、トイレットペーパー、新聞紙、ゴミ袋、小銭、保険証のコピー、郵便局・銀行口座の番号メモ (通帳や印鑑は入れちゃだめ)
  • その他

というわたしも、非常持出袋はまだ作っていなかったりします……。さっそく準備しなければ。

帰りも在来線

ゆりこ による 00:00:01 の投稿
カテゴリー: 旅行

関西からの帰りも18きっぷ利用による在来線移動のつもりでしたが、新装なった NHK 神戸放送局を見学していると、すでに15時すぎ。自宅に帰るには三ノ宮 15:10 発の新快速が終電なのに、間に合いません。

どこかで新幹線ワープ (1,2駅だけ新幹線に乗ること) すればいいと安易に考えて駅に向かいました。乗れたのは、三ノ宮 15:25 発の野洲ゆき新快速。野洲で米原ゆき普通に連絡して米原には 17:13 に着きます。わずか3分前の 17:10 に「終電」である浜松ゆき特別快速が出てしまうという、いけずなダイヤグラムです。しかし、よく時刻表を見てみると、17:22 発の特急しらさぎ号に乗れば、垂井で特別快速を追い越して、大垣で乗り換えることが可能なようです。米原〜大垣であれば、乗車券と特急券を合わせても1380円であり、新幹線ワープよりも安いことは確実なので、この方法を採用することにしました。

湖北のおはなし

さて、米原駅に到着。やはり特別快速は先に出ていて、もぬけの殻。ホームで井筒屋の「湖北のおはなし」という駅弁を買い、しらさぎ号を待ちます。「特急券は車内で購入してください」というアナウンスがあるので、そのまま乗車しました。さすがに特急はなめらかに峠を走り抜け、垂井で颯爽と特別快速を追い越しました。これで一安心。

米原から25分で大垣に到着。あれ? 車掌が回ってこなかったぞ?? ということで、運良くタダで特急に乗れてしまいました。ヘタに駅員に申告するとモメたり時間を食われたりで元も子もなくなるので、ほどなく入線してきた特別快速に乗車してしまいました:-):-) まあ、JR 東海がせこいダイヤを組むから「しらさぎワープ」が必要となるわけで、まともなダイヤなら払わなくてもいい運賃・料金です。民営化直後から「JR 倒壊」と揶揄されている経営体質だけに、これぐらいはサービスしてもらわないと許せない:-)


その後はスムーズに乗り継ぎか、と思ったのですが、人身事故があったらしく、浜松で乗り継ぐ列車が 19:54 発の普通列車ではなく、19:37 発の普通列車 (20分遅れ) になりました。実質3分遅れなので全く問題なく、静岡の乗り継ぎも予定の列車になりました。

さすがに「終電パターン」はひやひやモノでしたが、それでも新幹線を使うよりは安いし、トラブったら新幹線ワープすればいいので、大舟に乗った気持ちで移動できました。

さて、18きっぷが1回分余ったので、どうやって消化しよう……。

2005-01-19
晴れ

いずみちゃんと行く混浴温泉の旅

ゆりこ による 00:00:00 の投稿
カテゴリー: 旅行

去年10月に開催された「いずみちゃんと行く混浴温泉の旅」の続編が 2/5-6 の開催に決まり、募集が開始されました。

詳細は募集ページを見て頂ければ分かりますが、非常にマニアックな旅行です。温泉もしくは鉄道が好きな人なら堪能できることは間違いないでしょう。すべて混浴なので、性的自認・性的嗜好・体の施術状態などにかかわらず湯船に漬かれるところも特筆すべきでしょう。

苦しくも「カフェ玖伊屋」と日程がダブってしまったのですが、今回は温泉を優先してカフェ玖伊屋はお休みします。撮影会用のバックシートはわたしが所持していますが、何らかの手段で届けますので、ご安心を。