Yuriko.Net 個別記事

2005-02-05
雪

いずみちゃんと行く混浴の旅 〜豪雪の上越新幹線〜

ゆりこ による 00:00:00 の投稿
カテゴリー: 旅行

いよいよ出発です。朝4半に起床して始発近くの列車に乗り、埼京線で大宮まで出ます。埼京線ホームは地下ですが、エレベータで新幹線乗り換え口のそばに出られるので実は楽なのです。

大宮で合流した参加者は、1人を除いて前回と同じメンバーです。その新人さんは、事前のメールのやりとりでは「鉄道好きの MtF TG」という話でしたが、外見的には性別を越境している雰囲気がありません。服装も汚なくて単なる鉄道オタクという匂いがプンプンです。こりゃヤバイ、もといスゴイ人だと思いましたが、なんとかなるだろうということで、新幹線に乗り込みました。

たにがわ71号

たにがわ71号は200系という車両で、開業当時から運行されているボロいやつでした。車両がボロいんだったら特急料金をマケてくれと思うのは、大阪人的発想でしょうか;-)

高崎を過ぎるまでは何の変哲もない風景ですが、上毛高原を通過するときは豪雪でした。まさに「トンネルを出るとそこは雪国だった」という雰囲気です。越後湯沢も大雪で、防音壁に積もる雪は1m近くあります。軌道には数m感覚でスプリンクラーが設置されていて、ひっきなりに雪を溶かしています。これだけの豪雪地帯で200km/hを越える運転ができるんですから、すごい技術だと感じました。越後湯沢で大半が下車し、20%程度の客がガーラ湯沢まで行きます。もともと車庫があるところを駅にしたため、運転速度はゆっくりです。

ガーラ湯沢駅ホーム

さあ、ガーラ湯沢駅に到着です。さすがにホームには雪が5cmほど積もっています。スキー板をかついだ客はほとんどおらず、事前に配送したかここでレンタルするんでしょう。ほとんどの人がパンツルックで、スカートを履いている人もタイトスカートばかりで、わたしみたいにふりふりひらひらな服はありませんでした。スキー場でふりひら服というのは明らかに場違いでしょう。もちろんそれが狙いだったのです;-)

ガーラ湯沢駅コンコース

改札を抜けると、そこは空港の搭乗カウンターのようなおしゃれな内装でした。リフト券売場、スキー用品レンタルカウンターに行列がありますが、都内から新幹線で一直線で来られる場所とは思えないです。初めて来る人にビビらせるという面では成功でしょうね。

トラックバック・コメント

コメントはありません。

上に戻る

ごめんなさい。現在コメントフォームは閉じられています。

上に戻る