Yuriko.Net 個別記事

2005-02-05
雪

いずみちゃんと行く混浴の旅 〜すごい美佐島駅〜

ゆりこ による 00:00:01 の投稿
カテゴリー: 旅行

町営無料バスで越後湯沢駅に戻り、ここからは北越急行で美佐島駅に向います。が、越後湯沢駅の出発で、ある乗客が「連れが戻ってこない」ということで発車を待たせてしまいました。5分しても来ないため、運転手とホーム係員の判断で、その人は次の列車に乗ってもらうことにして発車することになりました。結局7分遅れになりましたが、この遅れが後々影響するとはこの時点では知る由もありませんでした……。

JR 上越線との分岐駅である六日町までは快速運転です。降りしきる雪で線路がほとんど見えませんが、そこそこのスピードで飛ばしていきます。六日町で後続の特急通過待ちをして、ここから北越線に入りました。

北越線はさすがに高規格線路で、線路がまっすぐ。魚沼丘陵駅からは単線トンネルですが、ここでは当然のごとく110km/hで飛ばします。関西私鉄ならこんな速度は当然ですが、田舎の3セクでこの速度は大したものです。トンネル内の交換所を通過して、目的地の1つである美佐島に到着です。なんと、ここから乗る人が1人おられました!! 列車が出てから、いずみちゃんの到着証拠写真を撮影し、駅舎探検を始めます。

外から見た駅舎

トンネルは地下にあって、ホームのすぐ脇に扉を介して待合室があります。ここから数十段の階段を上ると地上駅舎で、川沿いの道路に面しています。駅舎にはトイレ、畳敷きの待合室、給湯室があり、ゆっくりくつろぐことが可能です。外に出てみましたが、とんでもない積雪です。雪はしんしんと降っていて、めったに人の通らないこの場所は時間が止まったようです。


そろそろ、もう1つの目的である「通過する特急列車の凄さを体験する」のため、地下待合室に向かいます。しかし、定刻になっても列車が来ません。どうやら、越後湯沢の発車遅れと雪による徐行の相互作用でダイヤが乱れているようです。遅ればせながら列車がトンネルに入ったようで、風圧による風切り音が鳴り始めました。トンネルと待合室の間のドアの建て付けが悪いのか、風切り音はピューという耳障りな高音です。しかーし、1分ほどすると列車が停車したのか音が止まりました。どうやら信号所で停車したようです。

上りはくたかの通過
(MPEG4動画:874KB)

そして、数分後、また風切り音がしました。今度は案内放送が流れます。「まもなく、高速で列車が通過します。大変危険です。ホームには絶対に出ないでください。」そう言われても、ホームへのドアはロックされています……。上りということは越後湯沢方面で、十日町を出てから美佐島を通過するまでの加速時間が短かく、あまりスピードが出ません。実際、列車の通過も大したことがなく、むしろスムーズな通過でした。

下りはくたかの通過
(MPEG4動画:664KB)

ほどなく、下り列車が走り出したらしく、風切り音が鳴って「まもなく……」と案内放送がしました。本来、下りは十分に加速されていて160km/hでの通過が楽しめるはずですが、今回は信号所からの加速のため、大したことはありませんでした。


しばらくすると下り普通列車が来ました。約8分遅れです。予定では、この列車に乗って十日町で途中下車して、JR 高崎支社のキャンペーンによるコシヒカリ1kgプレゼント券を引き替えるのですが、ダイヤが乱れたため十日町で行き違いの上り列車にすぐ乗ることになりそうなので、あきらめて美佐島で待ちました。ところが、越後湯沢ゆき列車は15分も遅延して到着したのです!! これでは、十日町で7分余裕があったわけで、コメをもらうことは可能でした。まあ、危機管理の面から、安全策を取って美佐島で待つのは間違っていないわけで、運が悪かったと言えるでしょう。

トラックバック・コメント

コメントはありません。

上に戻る

ごめんなさい。現在コメントフォームは閉じられています。

上に戻る