Yuriko.Net 個別記事

2005-02-06
雪

いずみちゃんと行く混浴の旅 〜川渡温泉〜

ゆりこ による 00:00:00 の投稿
カテゴリー: 旅行

朝は7時起床でした。予定では、陸羽東線沿線の温泉5か所を巡ります。ところが、朝食の鯉鍋の仕込みと食器の洗浄で時間がかかったので、1つめの馬場共同湯をあきらめざるを得なくなりました。

ということで、8時47分発の路線バスに乗り込み、川渡 (かわたび) 温泉の隆陽館で下車します。この辺はフリー乗降なので、運転手に「隆陽館前まで」と言うと、ホントに目の前で降りられます。便利便利。

以前は中くらいの浴槽1つで混浴だったのですが、それを2分割して男女別浴にしたら不評だったので、家族風呂2つにしたという、経営の難しさを語るような浴槽です。どちらも5人入れば満杯になるぐらいの広さでした。源泉かけ流しですから、あまり大きくできないのは仕方ないでしょう。全員が入るとどっさりと湯が溢れてしまい、出るころには水面が10cmぐらい下ってしまいました。

源泉の温度自体は43度ぐらいありましたが、参加者の体が冷えていたために湯が微温くなり、ちょうどいい湯加減になりました。湯の色は黄色と緑色の中間で、湯の花は白と黒の両方ありました。朝からいい湯に入って極楽の気分でしたが、移動の都合があるので20分ほどで上がりました。

川渡温泉駅までは路線バスを使いたいのですが、ダイヤ改悪で減便されてしまってちょうどいいバスがありません。駅まで2kmもなく、雪も除雪されているので、歩くことにしました。列車は高台を走るため、ゆるやかな上り坂ですが、そんなにきつくなく、一歩一歩踏みしめながら歩きました。予想通り、駅までは25分ほどで到着。臨時快速の湯けむり号仙台ゆきが到着する直前でした。

ここで、10:17発の鳴子温泉ゆきに乗りますが、実は前2両は新庄まで直通するので楽ちんです。当然後2両、もとい前2両に乗り、運転席の近くを陣取ります。運転席の脇には保線担当っぽい方が乗っていて、積雪状況をチェックしているようでした。わたしは、駅で購入した缶コーヒーでちょっと息抜き……。

トラックバック・コメント

コメントはありません。

上に戻る

ごめんなさい。現在コメントフォームは閉じられています。

上に戻る