2005年3月03日の投稿

2005-03-03
晴れ

タイガース応援歌の著作権料が搾取されていた

ゆりこ による 00:00:00 の投稿
カテゴリー: 阪神タイガース

阪神タイガース 選手別応援歌2003

毎日新聞の記事によると、タイガースの私設応援団の1つ「中虎連合会」とコロムビアミュージックエンタテインメントの音楽ディレクターが、2002年3月ごろ、選手の応援歌「ヒッティングマーチ1番・2番」の作詩・作曲をしたと偽って JASRAC に登録し、著作権料を搾取していたようです。

もともとこの曲は30年ぐらい歌い継がれていたもので作詩者・作曲者ともに不詳でした。虚偽申請した後、応援歌の CD の売上げのうち 6% が中虎連合会に支払われました。2003 年は優勝で沸いて CD も売れまくったので、800万〜1000万円ぐらいの収入があったと見られています。

それにしても、JASRAC が、作詩者・作曲者の申請を無審査で受け付けていたことが、このような事件の原因であることは間違いないでしょう。申請が無審査であることを悪用した中虎連合会らがひどいことは確かですが、制度の隙間を突いたウマい「商売」を見つけたのは見事とも言えます……。

JASRAC はニュースリリースで今回の2曲について利用許諾を中止することを発表しましたが、根本の原因である無審査登録はそのままのようです……。

私設応援団は新マーチ採用

ゆりこ による 00:00:01 の投稿
カテゴリー: 阪神タイガース

Yahoo! News 経由の読売新聞の記事によると、タイガース私設応援団は、今年から「ヒッティングマーチ1番・2番」を新曲に変更するようです。

中虎連合会は2002年に暴力事件を起こして私設応援団から出入り禁止にされました。そのため、中虎連合会が作詩・作曲者になっているヒッティングマーチをやめようと去年から新曲を募集していたようです。今回は、きちんと作詩作曲者を登録するようです。

「暴力事件を起こした団体が作詩作曲した曲を捨てる」という理屈は、その登録が虚偽だったために意味がなくなりました。でも、いろいろ事件に絡んだ曲を使うモチベーション (動機付け) がなくなったということでしょうね。岡田阪神も去年は不調だったので、曲を変えて心機一転するのはいいかも:-)

USJ の公式ウェブサイトが大幅更新

ゆりこ による 00:00:02 の投稿
カテゴリー: ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

(180×150ピクセルのバナー跡地)

きょう、USJ の公式ウェブサイトが大幅リニューアルされました。「初心者向け情報」「ファミリー向け情報」「雨の日おすすめ情報」「中上級者向け活用情報」などができていて、行く前のプランを立てるのに便利になりました。

でも、JavaScript 必須でテーブルタグ使いまくりデザインなのは相変らずです……。JavaScript オフだとロクに情報が見られないのは、アクセシビリティが低いと言えるでしょう。

難問解決ご近所の底力は「温泉街の活性」

ゆりこ による 00:00:03 の投稿
カテゴリー: テレビ・メディア

さきほど放送された、NHK の「難問解決・ご近所の底力」は、さびれつつある温泉街の活性化がテーマでした。群馬県の老神温泉は客が少なくなって困っているという話。ここで紹介される妙案の舞台は、宮城県の東鳴子温泉、岡山県の湯原温泉、山形県の小野川温泉です。

東鳴子温泉の妙案は「地元の農作業を手伝ってもらう」というものでした。もともと湯治場だった東鳴子ですが、湯治客が減ってきていたことに危機感を持って、都会の客を呼ぼうと考案したものらしいです。でも、わたしが行ったときは、どこにもそういう窓口がなかったような:-) せめて「農業体験受け付け」とか目立つようにしてほしいな〜〜。

町の力がすごいのは、小野川温泉で、温泉街の店舗でメーリングリストを構築して、客の要望や不満などを温泉街全体で情報共有しているようです。「お客さんは、まず温泉街を選んでから、宿を選ぶ。だから、町全体が魅力あるものにする必要がある」という言葉は、商売の原点をよく分かっていて好感を持てます。温泉街だと「隣の宿がライバル」だったりして、宿同士で仲違いしていたりしますからね〜〜。

再放送は3月9日の午前1:10 (3月8日の深夜25:10) からなので、興味ある人は見てみてね。