2005年4月25日の投稿

2005-04-25
晴れ

尼崎でJRが脱線、死者50人

ゆりこ による 19:48:00 の投稿
カテゴリー: 社会問題

新聞・テレビ等で大々的に報道されていますが、JR 福知山線 (愛称:JR宝塚線) の尼崎〜塚口間で、快速列車が脱線して近所のマンションに激突し、死者50人・負傷者300人を越える大事故が発生しました (毎日新聞の記事, Yahoo! News 経由の読売新聞の記事, asahi.com の特集)。本当に痛ましい事故で、亡くなった方には哀悼の意を捧げます。

ステンレス製の車両が本当にグチャグチャになっていて「こんなに曲がるものか!」と脅威を覚えました。先頭車両はマンションの駐車場に潜り込み、2両目はグチャグチャ、3両目は左側 (東側) に3mほど脱線、4両目は右側 (下り線側) に2mほど脱線しています。

現場はカーブで制限速度が 70km/h だそうですが、カーブを70m過ぎてから脱線しています。だから、スピード超過が直接の原因だとは考えにくいそうです。もし、スピード超過が原因であれば、カーブに入った直後で脱線するはずですから。現場に石の粉みたいなものがあり、「何かに乗り上げたのでは」という説もあるそうです。前の駅でオーバーランして遅れが出ていて、回復運転をしていたことも間接的な要因でしょう。

いずれにせよ、きちんとした原因解明がされることを期待します。少なくとも、運転士だけの原因にすることは、あってはなりません。こういう重大事故は、1つの間違いだけではなく、複数のミスが積み重なって起きるものだからです。

それにしても、「また JR 西日本か」という気がします。1991年の信楽高原鐵道の事故も、JR が導入した「優先信号てこ」のために信号が正常に動作せず、正面衝突が発生してしまったのです。2002年にも、人身事故の処理をしていた救急隊員を特急が撥ねるという事故がありました。いまだに、「安全が最優先」という意識が徹底していないのかもしれません。

今回事故に逢われた方は「二度と電車に乗りたくない」と感想を述べた人もいます。再び JR に乗ってもらうためには、アーバンネットワーク全域で ATC の導入を計るなど、安全対策を最優先で進める必要があると思います。また、短期的には、「JR は恐い」という人への配慮として、福知山線の運転再開後も、併行する阪急宝塚線への振り換えを認めるべきでしょう。

[追記 22:26] asahi.com の特集ページを追加しました。

事故報道も男女別なのか

ゆりこ による 20:18:00 の投稿
カテゴリー: ジェンダー・セクシャリティー

尼崎での脱線事故ですが、死者数の報道が「男性27人、女性23人」とされています。なぜ、男女別の数値を出す必要があるのでしょうか。むしろ「大人○○人、子供□□人」とするべきではないでしょうか。その方が「ああ、子供が□□人も死んだのか」と情を誘うこともできます。そもそも、鉄道の運賃は大人・子供別なんだし:-)

こういう報道ですら男女を分けるのですから、日常生活における男女区別をなくすことは、並大抵の努力でできることではありません。男女を区別することが、男女差別の遠因になっていることに気付くべきです。もし、肌の色別に死者数を報道したら、それはすぐに「差別報道だ」とチャチャが入るでしょう。男女別の数字を報道することは、それと同じなのです。

NHK 鉄道乗りつくしの旅、放送延期

ゆりこ による 22:26:00 の投稿
カテゴリー: テレビ・メディア

NHK-BS で毎日放送している「列島縦断・鉄道乗りつくしの旅」ですが、あしたからの放送が5月9日以降に延期され生放送じゃなくなりました。旅自体は予定通り続行されるようです。また、ダイジェスト編と「春編を振り返る」の放送も5月5日の予定が5月14日以降に延期となりました。

確かに、被害者感情に配慮するという観点からは、鉄道関連の番組を延期するのは致し方ないかもしれません。でも、それだったら、事故報道自体も控えるべきじゃないの? と思ってしまいます:-) だいたい、件の番組は BS だけの放送だから、わざわざ見ない限り被害者の目に入らないので、中止にしなくてもいいはずです。