Yuriko.Net 個別記事

2005-04-30
晴れ

脱線事故の救助終了

ゆりこ による 10:40:00 の投稿
カテゴリー: 社会問題

どうやら、おととい28日で、JR脱線事故の救助は終了したようです。死者106人、けが人は440以上となり、乗客のほとんどが死傷者だったことになりました。車両がぐちゃぐちゃに潰れていて、しかもクルマのガソリンが漏れていたので手作業になったので時間がかかったようです。

残念ながら、運転士も遺体で見つかりました。事故の原因究明のため、運転士を優先して救助することはできなかったのでしょうか。運転士の命を救うのではなく、証言を救うためと考えて、優先してもよかったと思います。

報道では、カーブへの進入速度は108km/hだったとか、JRの安全教育体制がまずかったとか、過密ダイヤがひどいとか、複雑な乗り入れ体制があったとか言われています。でも、乗客の立場から言うと、スピードが速いことはうれしいし、乗り入れは乗り換え不要なので便利だし、ダイヤが乱れると困ることは事実です。JR西日本は、東日本・東海よりも「乗客の視点」をもった鉄道会社だっただけに、このような事故を起こしてしまったのは、残念なことです。ATS-P といわず一挙に ATC を導入し、充実した安全教育を実施してもらいたいものです。

トラックバック・コメント

コメントはありません。

上に戻る

ごめんなさい。現在コメントフォームは閉じられています。

上に戻る