2005年4月の投稿

2005-04-30
晴れ

アフリカ巡り

ゆりこ による 20:50:00 の投稿
カテゴリー: 愛知万博

というわけで、西ゲートから会場に入りました。瀬戸会場を回る予定ですが、お昼はアフリカ料理にしてみようと思って、グローバルコモン4のアフリカ領域に向いました。

たいていの場合、外にあるフードコートよりも、パビリオンの中にある料理店の方が本物っぽいものが出てきます。しかし、お腹が空いていたので、うっかり中央にあるフードコートに入ってしまいました。牛とかぼちゃの南アフリカ風スープというものです。「スープ」といっても、どろっとした肉じゃがみたいな感じです。かぼちゃの甘みがあって、牛肉のくさみもありません。比較的あっさりした味わいです。うーん。もっと香辛料バリバリの料理を食べたかったんやけどな〜〜。

で、そばにある南アフリカ館、アフリカ中央共同館などを見てみます。アフリカ中央館には、アフリカ料理店があるやんか〜〜。こっちの方が安いし現地の料理人が作ってて本物っぽいぞ〜〜。

アフリカは適当に切り上げて瀬戸会場に行く予定でしたが、なんせ国がいっぱいあるし、国ごとに微妙に文化が違うので、ついついじっくり見てしまいます。ワールドスタンプも押しまくっていると、もう15時すぎ。ありゃ。これじゃあ瀬戸会場に寄るのが厳しいぞ……。

ゴンドラ2つは乗れず

ゆりこ による 21:09:00 の投稿
カテゴリー: 愛知万博

グローバル・コモン4は会場の南西にあたる位置なので、北東端にある瀬戸会場ゆきゴンドラ乗り場へはかなり遠いです。ここは素直に IMTS で移動する正解でしょう。と思いきや、車両故障のため運休とのこと。仕方なく、モリゾー・ゴンドラにします。万博きっぷがあるので200円引きの400円で乗れるからいいか。いや、「IMTS 運休だから当然代替交通機関であるゴンドラは IMTS と同じ運賃で乗れるべし」と詰めよるか。しかし、運営部署が違うらしく、運輸連絡などもしていないので、見事に交渉失敗しました:-) あとで万博協会に苦情を出しておこう……

とはいえ、ゴンドラからの景色はみごとでした、会場南東の「自然ゾーン」を上から見下ろせるんですから、なかなかの眺望です。これが400円なら適価だと思いますが600円は高いぞ……。

モリゾー・ゴンドラの北駅からピッコロ・ゴンドラの乗り場はすぐ近くです。しかーし、後者は「無料」なので、長蛇の列。なんと40分待ちとのこと。これでは、瀬戸会場の到着が17時前になってしまってすぐ返る必要が出てきます。あきらめて、会場を出ることにしました。


東ゲートがどうなっているか確認したかったので、ピッコロ・ゴンドラ乗り場から東ゲートへの通路を進んでいきます。道路の下をくぐって、東ゲートを出ると、そこはパーク・アンド・ライドのシャトルバス発着場。名古屋駅ゆきシャトルバスもありますが、運賃1000円(!)と高いので当然パスパス。

陶磁資料館南駅はすぐ近くに見えていますが、そこに至る歩道が遠まわりに作られています。バスの誘導路をむやみに横切らないために歩道が迂回しているのです。まあ、この歩道を通る人は少ないからいいか。

そして、めでたくリニモに乗車します。万博八草からの乗客がけっこういますが、ほとんど全員が万博会場で下車し、帰宅客を大勢乗せました。当然、客が降りるタイミングで着席できます。藤が丘経由で帰るなら、東ゲートから帰るのはいいかもしれませんね。運賃は多少高くなりますが。

Apple Store, Nagoya Sakae

ゆりこ による 21:27:00 の投稿
カテゴリー: アップル・Macintosh
タグ: , ,

なぜ16時前に万博会場を後にしたか。それは Apple Store, Nagoya Sakaeにて、17時と19時から始まる Mac OS X v10.4 “Tiger” のプレゼンテーションを聴くためです。Apple の営業チーフ、櫻庭さんによるプレゼンなら、Store の店員による通り一遍の説明よりもはるかに楽しいはずだからです。19時の回では、帰りの列車に間に合わないと予測できるので、早めの回を見る必要があったのです。

栄店には、銀座心斎橋のようなシアターがありません。そこで 1F の左奥のスペースに椅子を並べて、30inch Cinema HD Display でもってプレゼンテーションをします。30inch もの大画面なら、数十人相手のプレゼンに使えてしまうのはびっくりです。

内容は、主要な8つの新機能についての説明とデモでした。Spotlight 検索技術では、「温泉」というキーワードで検索した結果に、写真や PDF 書類が含まれること (テキストファイルだけじゃないよということ) や、検索された写真をまとめてスライドショーにできること、検索した結果を「スマートフォルダ」という形で保存できることなどが披露されていました。

Automator は、「1行もコードを書かずに自動作業を構築できる機能です。あらかじめ、いろんなアプリケーションで使える指令の部品が用意されていて、これらを組み合わせることで、高度な作業が実現可能になるのです。デモでは「.Mac の HomePage サービスで公開されているフォトアルバムでサムネールをクリックすると見られる大きい画像を、ローカルに保存して iPhoto に取り込む」という作業です。実際に手で行なうと、けっこう手間のかかる作業です。しかし、この作業をいとも簡単に実現させてしまいました。作った「自動作業」は保存できるので、ちょっと変更するだけで再利用が可能です。とはいえ、アプリケーション側が、指令の部品を用意しておく必要があるので、対応アプリが揃うまでがあまり実用的じゃないかもしれません。

そうこうしていると、1時間の予定がなんと40分も超過。ぎゃはは。いやあ、Tiger はいじるほどいじりがいがある OS かもしれません。