2005年8月09日の投稿

2005-08-09
晴れ

見事に解散

ゆりこ による 13:20:00 の投稿
カテゴリー: 社会問題

衆議院が解散だそうで。いやはや、小泉さんは、発言を飜さないために本当に解散してしまったわけで、ある意味すごい。間違いなく自民党の議席は減るだろうし、民主党が第1党になる可能性もあるだろうに。そうなったとしても、年金改革と景気対策をほったらかしたツケということでしょうね。

また、この解散でサマータイム法案がボツになったようで、これまたいいことです。労働強化・日中の空調費増加・時計合わせミスによる利益損失などデメリットが多いはずです。照明が押えられる省エネ効果がうたわれていますが、空調を長く動かすことになるエネルギー増加の方が大きいはず。

さて、問題はドコに投票するか。護憲を盾に、プライバシー権などの追加や同性結婚許容(24条改訂)を無視している党は論外やしな〜〜。「まもろう9条」なんかより「かえよう24条」やわ。

かえよう24条

ゆりこ による 14:19:00 の投稿
カテゴリー: 社会問題

さきほど「かえよう24条」と書いたわけですが、ネット検索してみると「STOP!憲法24条改悪キャンペーン」という動きもあるようです。ううむ。

わたしの「かえよう24条」という意見はもちろん、第1項の「両性」を「両名」もしくは「両者」などに変更して、同性結婚を認めようというものです。「両性」のままで同性結婚を行うのは困難でしょう。

しかし、上記のキャンペーンは、第2項の改訂が行なわれようとする動きに反発するもののようです。「24条が男女平等を規定したものだ」という意見に基づくものだからでしょう。でも、24条は「婚姻」について規定したものです。男女平等はすでに14条で記載されて、24条はそれを補完するものではありません。

つまり、このキャンペーンは非常にマヌケだってこと。解釈を間違っている時点でアホやな〜〜。

[追記 22:23] 再度、件のサイトを確認してみました。24条について「婚姻・家族を『男女の本質的平等と個人の尊厳に立脚すべき』と定めた日本国憲法第24条は」と書いてある点が、おかしいです。条文は、「男女の」ではなく「両性の」と書かれているからです。

1項では「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し」と書かれているので、2項の「両性」は1項のそれを受けた文言です。つまり、「結婚しようとする2人」という意味です。すなわち、憲法24条第2項は、婚姻する両者が平等であることをうたった条文なのです。同性結婚を認める立場からは、ここの「両性」も「両名」「両者」と書き直す対象になります。結果として、男女の平等をうたった条文でないことになります。

とはいえ、このキャンペーンは同性結婚に反対する動きではないのが、まだ救いです。根本の勘違いを改めて、「改訂するなら同性結婚を認めよ」という運動に変えてしまえばいいのかも:-)

トラがやばい

ゆりこ による 22:33:00 の投稿
カテゴリー: 阪神タイガース

今日、タイガースとドラゴンズの首位決戦において、タイガースが負けてしまいました。これでゲーム差がなんと0.5!! あした負けると首位陥落です……。

やはりタイガースは8月の長期ロードは鬼門なんでしょうか。最近は宿泊設備も充実したり、途中で大阪ドームに戻って来れたりして、さほど苦しくないそうなんですが。