Yuriko.Net 個別記事

2006-02-24
晴れ

カーリングに見るフェアプレー精神

ゆりこ による 02:43:00 の投稿
カテゴリー: オリンピック・パラリンピック

今晩は、NHK 総合テレビで女子カーリング3位決定戦 (カナダ vs ノルウェー) が放送されました。録画なのでダイジェスト放送でしたが、総合テレビでの放送はめずらしいことを考慮して、ルールや基礎知識を丁寧に説明した「はじめての人でも楽しめる」内容になっていました。試合内容は、第1エンドからカナダが4点を取るという圧倒的な展開。けっきょく第8エンド終了時で11-5となり、ノルウェーがギブアップしました。

日本 vs スイス戦でもそうでしたが、負けを認めるときはスキップ(主将)が相手チームと握手していました。フェアプレー精神が出ていて感動します。カーリングは何点入ったかの判定も、審判によらずできるだけ選手同士で判断するなど、スポーツマンシップやフェアプレー精神を大事にしているようです。こういうところも、カーリングに興味が湧いてくるところです。ジャンプやフィギュアなどは日本人に不利なようにルールや採点方法が改正されまくったりするからなー。

なお、女子フィギュアにはあまり興味がないので、これからの「シングル・フリー」は見ないでもう寝ます;-)

トラックバック・コメント

コメントはありません。

上に戻る

ごめんなさい。現在コメントフォームは閉じられています。

上に戻る