Category: changelog
Posted by: yuriko
自前でウェブログツールを作るのもいいけど、既存のツールも試してみようと、nucleus CMS をテスト。
プラグインで機能拡張できることが魅力。
Category: living
Posted by: yuriko

わたしも、以前は「ふりひら ML お茶会」を主催したり、カフェ玖伊屋のスタッフとして宴会の準備をしたりしているわけですが、そこで難しいのは、いかにルールを守ってもらうか、ということです。お客さんが 100% ルールを守ってくれることはなく、破る人は絶対に出てきます。それをうまくコントロールして、みんなが楽しめるようにするには、主催者やスタッフの手腕が問われます。


これは、ルール自体の問題ではなく、ルールの運用の問題です。どんな簡単なルールでも運用がまずければ守ってもらえないし、難しいルールでも運用が上手なら守ってもらえます。


» Read More

Category: changelog
Posted by: yuriko

以前から構想だけは練っていましたが、いよいよこの連休を使ってコメント機能、トラックバック機能を実装することにします。やっと MySQL データーベースや PHP 言語を理解しつつあるので、それを駆使して自前で実装するのです。だいたい設計はできたので、あとはひたすらコーディング。


Category: travel
Posted by: yuriko

ICOCA 電子マネーを使ってみると、偶然にも残額が1円になりました。これはチャンスです。残額が1円でも乗車できるのか試せるわけです。


関西圏の鉄道・バスのプリペイドカードは、残額が初乗り運賃未満でも乗れるのが当然になっていますが、案内チラシでは「残額が10円でも乗れます」と書いてあるだけで、10円未満でも OK なのか不明でした。たぶん大丈夫だろうと思っていましたが、それを試す機会はなかなかありませんでした。


ということで、きょう JR 大阪駅で試してみると、見事に改札を通過!! 「残額1円」の表示が光ります。ちゃんと、改札プログラムは、1円以上なら通過 OK と組まれていたようです。ひょっとすると、10円以上じゃないと通れない改札機があるかもしれませんが……。


Category: usj
Posted by: yuriko
スペシャルショーの看板

去年10月に開催して好評だったらしい、「モンスター・ライブ・レヴューショー」が内容を刷新して公演されました。今度はエジプトかどこかを舞台にして「生まれ変わり」をテーマにした話のようです。出てくるキャラクターは、定番となっている、綾小路麗華 (T2:3D)、ディーコン (WTW)、ビートルジュース (ロックショー) などです。


もともと、USJ の特別ショーはリピーター客を相手にしたパロディーやギャグが中心です。ウォーターワールドの特別ショーも含めると今回で5回目となるわけで、さすがに「もういいや」という人もいるようです。そう、客の入りがめちゃめちゃ悪く、ガラガラだったのです……。700人入る観客席が2割ぐらいしか埋まっていません。これではアクターもやる気がでないかも。


麗華とデーコンが前世において知り合って愛情が芽生えたという、なかなか感動的ながら「よくある話」とも言えます。上手な歌と踊りに加えて、皮肉の効いたパロディやギャグ満載で、存分に楽しめました。ストーリーもギャグも今までの特別ショーとは違う新鮮なものなんだけど、麗華とディーコンとのラブロマンスという基本パターンは同じなわけで、マンネリとも言えるでしょう。




たまたま今回の公演で客が少なかっただけかもしれませんが、この客の入りでは、特別ショーはこれで最後になるかもしれません。特別ショーをするかわりにレギュラーのロックショーをやれ、という意見も出てきそうです。確かに、特別ショーを楽しむには、USJ の通常アトラクションを知っている必要があるわけで、いきなり特別ショーを見ても楽しめないのでは、打ち止めもやむなしかも……。もしくは、始めての人でも楽しめるよう、他のアトラクションを紹介するような内容にする手もあります。


Category: travel
Posted by: yuriko
えきそば新店舗の外観

3月に高架なった JR 姫路駅ですが、その高架ホームに「えきそば」の新店舗ができてました。しかも、レトロ風デザインでめちゃめちゃおしゃれになっています!! どこかの広告代理店が力を入れてプロデュースした、という感じです。


以前から、姫路駅の「えきそば」はラーメン風の麺にうどん出汁という、ケッタイやけどおいしい麺類だという評判がありました。しかし、店舗はごく普通の駅ナカそば屋でした。ところが、新装開店では、その評判を全面的に生かした凝った作りになっています。


肝心の商品は以前と同じで、出汁がよく効いたつゆに中華そばという形態は変ってません。少し塩が効いている気もしますが、ほぼ味は同じです。ぜひ、姫路駅を通るときには「えきそば」を食べてみてください。