Yuriko.Net 個別記事

2006-07-01
くもり

やっとこさダビンチ観賞

ゆりこ による 2006-07-03 14:30:00 の投稿
カテゴリー: 映画

遅ればせながら、話題の「ダ・ヴィンチ・コード」を観賞しました。きょうはファースト・デイ割引で一律1000円で見られるからです。

謎解き映画ということで、結末を知らない1回目の観賞が重要です。と、思いきや、冒頭の殺人事件は犯人が明らかになっているではありませんか。どうやら、主人公が殺人の嫌悪を掛けられるものの、身の潔白を示すのが、当面の課題のようです。そして、潔白を証明するために、ダ・ヴィンチが残したキリストの謎を解く必要が出てくるわけです。

ストーリー進行はどんでん返しに次ぐどんでん返しで、あの人物がそうだったのか!という驚きがどんどん出てきます。終盤になると真犯人が捕まって身の潔白が証明され、いよいよキリストの謎解きが佳境を迎えます。

謎の1つである「聖杯とは何か」は分かりましたが、5ケタの暗号コードはハズレでした。E で始まる言葉かと思ったんですが、違ったようです。

しかし、結末は少しがっかりです。謎解きが、現在のキリスト教の教義から外れる内容を含むために、そのまま終わるとマズイと考えたのか、えらく予定調和な結びにしてしまっています。わたしがキリスト教の信者ではない (むしろキリスト教は嫌い) なので、そう思ってしまうだけかもしれませんが……。そもそも、この謎解きが「キリスト教の信者が猛反発する」ような内容かどうかは疑問です。

あと、遅い時間の上映で早く帰りたかったためか、スタッフロールが始まると席を立つ人が半分ぐらいいたのは残念でした。スタッフロールも、よぉく見ると非常に楽しめるのにーー。左半分の役割名称を見ると、どれだけの仕事が割り振られているのかを見ると、映画作りの裏側が見えてきます。右側の名前リストは、参加した人の国籍や性別などを知る手掛りとなります。ダ・ヴィンチ・コードは、舞台がフランスというだけあって、フランスっぽい名前が多く見られました。残念ながら、日本人はほとんどいなかったようです。そして、最後の謝辞を見ると、どの建物で撮影したかも分かるわけです。

トラックバック・コメント

コメントはありません。

上に戻る

※スパム対策プラグインの影響により、すぐにトラックバックが反映されない場合があります。お手数ですが、半日ほど待ってみてください。
ごめんなさい。現在コメントフォームは閉じられています。

上に戻る