2006年10月29日の投稿

2006-10-29
晴れ

第39回J2関東参加

ゆりこ による 2006-10-30 01:43:36 の投稿
カテゴリー: イベント

第39回 J2 関東に参加しました (リンク先は勝手 Wiki サイト)。これは15年以上続く、伝統ある屋外ジンギスカンパーティーで、おいしいビールとジンギスカン鍋が食べられました。曇のち雨という天気予報だったのに、実際には予報を打ち負かして、見事な晴天になりました。今回は、辛い物鍋を作る支障 (師匠の誤字ではありません) が諸般の事情により辛鍋を作らなくて、Mad Dog Revenge も持ってこられませんでした;-)

今回もリアルタイムレポートを実施してみましたが、あまり面白味を伝えられなかったかもしれません。J2 関東ではマルチスレッドで多数の作業が同時進行されるため、そういうときはひたすらレポートをする必要がある反面、あとは、ジンギスカン鍋を食べてビールと酒を飲むだけで、レポートしてもつまらない場面も多かったのです。日本酒やワインの開封ごとに「今度は○○が空きましたーー」と報告すればよかったのですが、電気メガホンによるリリース告知がなかったため、気がつきませんでした。もっと人数が多ければ、電気メガホンが使われるんですが、少なかったので省略されたようです。

次回は第40回で、2進数では中途半端な数字ですが10進数では区切りがいいので、記念品を何か作りたいと考えています。第20回 J2 関西では記念Tシャツが作られたので、対抗して (2進数で区切りがいい) 第32回 J2 関東で何か作ろうと思ったのですが、うまく事を進められませんでしたから、今回はぜひがんばってみましょう。

なお、J2 はネットワーク系の人が多いので、コンピューター用語を無理矢理使う文化があります。食べ物を配布開始することを「リリース」と言ったり、年齢は16進数で言ったりします;-) そうしたら、まだ 20 代ですから;-) もう20代と言うべきか ;-)

Mac OS 9 のはこびる印刷業界

ゆりこ による 2006-10-30 04:11:02 の投稿
カテゴリー: コンピューター

J2 関東の2次会で、印刷業界にまだ Mac OS 9 がはこびる理由を伺うことができました。実は酒席が荒れるぐらい激論になった話題でした。

発端は、「知り合いが mixi の Mac コミュニティーで Mac OS 9 の質問をしたら void 氏に Mac OS 9 使うなんてバカと叩かれた」という話です。void こと日下部陽一氏はかつての Usenet の fj.sys.mac などで ATOK ユーザー叩きや初心者叩きをしていたことで有名ですが、叩く理屈自体はスジが通っていたので、それなりの支持はありました。ただし、void 氏は、とにかく叩くことで相手に気付かせるという手法だったので、コミュニケーションスキルという視点では問題があるでしょう。でも、それは「バカは死んでも直らないから、説得するのは無駄」という理論に基いているわけで、一応スジは通っています;-)

で、わたしも、いまだに Mac OS 9 を使うのは、よほどの特殊事情がない限り間抜けていると思っていますし、void 氏のやり方もよく知っているので「叩かれるのは仕方ないでしょう」と話をしました。そこで、「特殊事情」というのが、3000万円もする印刷機器を導入して、その制御をするパソコンが Macintosh で、しかも製造元の部署が潰れてサポートが受けられず、Mac OS X 向けのドライバーがリリースされないという状況だということが話されました。現在では、ほぼ同等の印刷機器を Windows マシンで制御するシステムがあるようですが、それへのアップグレードは無理でリプレースになってしまうようです。

こうやって要約してしまうと仕方あるまいと思えますが、この特殊事情が澱みなく話されたのではなく、小出しになって出てきた (Mac OS X のドライバーがない→作らせようにも部署が潰れた→機器が3000万円する、といった具合) ので、会話が荒れてしまいました。わたしには「いまだに Mac OS 9 を使うなんて、設備投資をサボっているに違いない」「void 氏に叩かれてキレる人は、たいてい頭が悪い」という前提知識があるので、「Mac OS 9 の質問をした知り合い」には同情を覚えられず、「そりゃ知り合いが悪い」という論調になり、話が噛み合いません。その「知り合い」が70代の高齢と言われたら「そんなん文句言わんと廃業したらええやん」とまで言ってしまったのです。相手は、高齢者だったら同情が得られると思ったのでしょうが、わたしはあまり年寄りをいたわらない主義なので火に油です;-)。その結果、もっとひどいこと (現役世代の年金負担に関するすごい対策) も言ってしまい、かなりやばい状況になったのですが、ここでは割愛します;-)

で、この段階になって、なんと「知り合い」が実は祖父母であることを明かされました!! これは大変えらいことです。祖父母の話ならば、そりゃ悪口を言われたら怒るに決まっています。他人事だと思って、こちらもえらく失礼な発言をいっぱいしていまいました。謝るしかありません。後は、いかに Mac OS 9 システムを維持するかという善後策の話になっていきました。

でも、その場では言えませんでしたが、Mac OS 9 のシステムを維持せざるを得ないのは「負け組」であることは否めません。Mac 自体の寿命がせいぜい5年ですから、Mac で制御するシステムも5年で捨てる覚悟で導入しなきゃいけないのです (1年600万円の原価償却ができるぐらい仕事をする)。10年20年使えると思っていたのなら、予測ミスです。FA 向け PC を組み込んで10年ぐらい使う各種システムはありますが、Mac の FA 仕様はなかったはずです。

結局のところ、Mac/PC で制御する印刷システムを作ること自体が諸悪の根源なのかもしれません。DTP の概念が出てから印刷業界はダイナミックに動いているので、大きなシステムを作ってしまうと後で修正が効きにくいですから。それを買わされた方はいい迷惑だとも言えます。

というか、J2 の2次会で、「void に叩かれた祖父母の同情を得よう」と思うことが無茶です;-) J2 参加者の多くは void 氏をよく知っていて、あの叩き方はよくないけれど、スジの通った罵倒なので叩かれる方も非があると考えるからです。