2006年12月22日の投稿

2006-12-22
くもり

ムーンライトながらの運転時刻が大幅変更

ゆりこ による 17:19:48 の投稿
カテゴリー: 鉄道
タグ:

JR東日本の発表(PDF)によると、来年3月18日のダイヤ改正でムーンライトながらの運転時刻をいじるそうです。

快速『ムーンライトながら』(東京〜大垣間)の運転時刻をご利用しやすい時間帯に変更するとともに、全車指定席区間の拡大や一部停車駅の見直しを行います。

現在、下り列車は東京駅23:43発、上り列車は東京駅着04:42着と、東京側では遅かったり早かったりするため、下り運転時刻の繰り上げ、上り運転時刻の繰り下げを行うのもしれません。大垣側はそんなに不便じゃないので現行のままでしょうか。

現在、下り列車を18きっぷで使うときは、横浜までのきっぷ (東京からだと450円、川崎からだと290210円) を買うだけで乗れますが、時刻繰り上げすると「0時をまたぐ駅」が変更になるため、もっと遠くまで追加きっぷが必要になりますね。そうなると、JR の追加きっぷをケチるために、小田急経由で藤沢や小田原から乗ってくる客が出てきますから、小田原通過にして全席指定区間を「東京〜熱海」とするのかもしれません。現在でも藤沢通過にして小田急沿線客を排除しているので、小田原通過ぐらいはやりそうな予感。

あと、「全面禁煙」がムーンライトながらにも適用されるとうれしいですが、JR東日本のプレスリリースではよく分かりません。

これらの政策によって、18きっぷシーズンでのながら利用客が減ることが予想され、指定券が取りやすくなるのかも。

[追記 01:20] JR 東海からもニュースリリース出ました (これに伴ないタイトル変更しました)。上りは全区間全車指定席にして、東京着5:05。富士・川崎・新橋を通過してしまいます。か、川崎通過!! ががーーん。下りは東京〜豊橋を全車指定席/豊橋〜名古屋は全車自由席にして、東京発23:10です。さすがに小田原は停車のようで、0:31 発となっています。大船を23時台に発車すると予測され、平塚・国府津は通過なので、「0時を過ぎて最初に止まる駅」は小田原となるのでしょう。でも、全車指定の区間が豊橋まで伸びますから、個人的には「小田原〜豊橋」の指定を取って小田急でアプローチするのが便利になりそうですね。また、指定券券売機で小田原まで指定を買うとハマる問題も解消されているのは、うれしいところです。

あと、全車禁煙になることも発表されています。特急「ふじかわ」が全車禁煙になるため、(車両が共通運用の) ながらも全車禁煙となるのは当然でしょう。