2007年1月05日の投稿

2007-01-05
晴れ

くりでん乗り納めと東鳴子温泉

ゆりこ による 21:12:46 の投稿
カテゴリー: 旅行

サーバートラブルのため4日は休みにしたので仕事始めはきょう5日だったのですが、いきなり明日から3連休です;-) 18きっぷも3回分残っているので、これを利用して「くりはら田園鉄道」の乗り納めをしてきます。そして、宿泊は比較的近くにある東鳴子温泉とします。例によってリアルタイム旅行レポートも行います。

鳴子温泉郷は、なんといってもそのすばらしい源泉が魅力ですが、古くからの湯治スタイルが残っていることと、混浴が多いことも大事でしょう。湯治宿なら自分で好きな料理が作れて安く済ませられるし、混浴ならば性別のぁゃιぃ人でも問題なく入れます。

混浴の問題は、エロオヤジが若い女性をいやらしい目で見たりエッチトークをしかけたりすることですが、それさえなければ、すばらしい環境なのです。なにせ、カップルや家族で入れる/浴室を広く使える/すべての湯船を楽しめるのですから。現在混浴を続けているところはそれなりのポリシーがあって継続しているようなので、混浴をやめる可能性は低いですが、これからも残っていてほしいですね。

新幹線と在来線を乗り継ぐときの運賃の謎

ゆりこ による 22:54:00 の投稿
カテゴリー: 鉄道

あしたからのくりでん乗車計画ですが、2日目の計画縮小に伴って、18きっぷをやめて普通乗車券を買うことを検討しました。運賃は駅すぱあとで計算したのですが、その結果が少々奇妙なのです。

乗車候補の1つは、鳴子御殿湯〜小牛田〜石越〜一ノ関〜くりこま高原〜古川〜鳴子御殿湯です。鳴子御殿湯〜古川は重複乗車になるので全体を片道乗車券にはできず、2枚の片道きっぷ (連続乗車券) にする必要があります。このとき、運賃計算を途中で分割する駅をどこにするのがベストか調査したとき、不思議な計算結果が出たのです。

  1. 鳴子御殿湯〜小牛田〜石越〜一ノ関〜くりこま高原〜古川: 2210円/古川〜鳴子御殿湯: 650円 (合計2860円)
  2. 鳴子御殿湯〜小牛田〜一ノ関〜くりこま高原: 2210円/くりこま高原〜鳴子御殿湯: 950円 (合計3160円)
  3. 鳴子御殿湯〜小牛田〜一ノ関: 1620円/一ノ関〜くりこま高原〜鳴子御殿湯: 1450円 (合計3070円)
  4. 鳴子御殿湯〜小牛田〜石越: 1280円/石越〜一ノ関〜くりこま高原〜鳴子御殿湯: 1890円 (合計3170円)
  5. 鳴子御殿湯〜新田: 1110円/新田〜石越〜一ノ関〜くりこま高原〜鳴子御殿湯: 1890円 (合計3000円)
  6. 鳴子御殿湯〜北浦: 740円/北浦〜石越〜一ノ関〜くりこま高原〜鳴子御殿湯: 2520円 (合計3260円)
  7. 鳴子御殿湯〜陸前谷地: 650円/陸前谷地〜石越〜一ノ関〜くりこま高原〜鳴子御殿湯: 2210円 (合計2860円)

後者のきっぷ (一ノ関廻り) は、陸前谷地での分割よりも北浦での分割の方が乗車キロは短かいはずなのに高いのです!! ちょっと不思議です。一ノ関〜古川の新幹線は東北本線の営業キロじゃなくて、東北新幹線の実キロで計算するんでしたっけ?

ソフトバンクが月額980円のホワイトプラン

ゆりこ による 23:50:48 の投稿
カテゴリー: モバイル・携帯電話
タグ: , ,

しょうこりもなく、ソフトバンクモバイルがまた新料金プランを発表しました (プレスリリースPDF)。

今度は月額980円。深夜1時〜21時はソフトバンク宛通話が無料、それ以外の通話は21円/30秒というのはゴールドプランを踏襲しています。ゴールドプランは、21時〜深夜1時の通話は200分/月まで有料、超過すると21円/30秒だったので、その200分無料部分がなくなった格好となります。ゴールドプランは1月15日までは「予想外割」で2880円で加入できますが、それ以後は9600円になるので、ソフトバンクを10年くらい使ってる人 (割引で3000円弱までになる) でない限り、ホワイトプランの方が圧倒的に安いですね。

ゴールドプランなんか作らずに、最初からホワイトプランを導入しておけばシンプルかつ衝撃的だったと思います。料金プランはそう簡単に撤回できないので、新プランの導入は相当慎重にならないといけないのですが、この会社はどんどん新しいプランを導入してしまっています。本当に大丈夫なんでしょうか??

なお、ホワイトプランにも落とし穴はあって、従来プラン (J-PHONE 時代, vodafone 時代プラン) だと315円だった「スーパー安心パック」が498円に上がってしまうはずです (要確認)。ですので、従来プランから比べると、ホワイトプランは「1163円」と考えないといけませんね。