Yuriko.Net 個別記事

2007-01-06
雨

いさぜん旅館

ゆりこ による 2007-01-11 00:32:26 の投稿
カテゴリー: 旅行

いさぜん旅館外観の写真

2泊3日の東北旅行は、くりでん近くということで、東鳴子温泉を選びました;-) おととし行ったことがありますが、湯が素晴しく、混浴が充実していて、宿がほどよく鄙びており、自炊宿なら安く泊まれるという、贅沢ではないけれど最高の環境と言えます。今回は、野良猫が住みついていて、タイガースグッズが至るところにあるという、ネタ満載の「いさぜん旅館」に泊まりました (いさぜん写真集)。

しかし、ネタだらけと思いきや、宿としての実力は十分でした。チェックインしてみると、ご主人自らが案内されます。まず、お風呂を紹介してもらい、それからトイレ、自室と続きます。部屋の設備も、シンク・ガスコンロ・冷蔵庫・布団・こたつ・テレビなど一通り説明があるのはうれしい配慮です。最初にお風呂の案内があるのは、温泉旅館である自信が見えますね。

そして、その温泉がまた素晴しいのです。3種のお湯が楽しめますが、どれも力強いパワーがあります。浴室にあるタイガース柄の風呂桶がかすんでしまうぐらい、いいお湯です。中浴場だけは半循環のようで、少し入浴感が弱めですが……。

いさぜん中浴場入口の写真

建物もそんなにボロくはなってなくて、比較的清潔です。特に、トイレが比較的綺麗なのは特筆すべきでしょう。中浴場前のトイレはかなり新しく、湯治部2階のトイレも洋式があり、使いやすくなっています (和式もあります)。もし部屋がガタガタだとしても構いませんが、トイレが汚ないとしたらちょっと困りますから、いさぜんはその面では問題ないです。

何より、ご主人さんが気さくで親切なことがありがたいことです。東鳴子は昔ながらの温泉街なので、少し無愛想な雰囲気がありますが、いさぜんは一見客でも丁寧に接してもらえて、うれしい限りです。

鳴子温泉郷は湯温が少し熱い目なので、わたしは苦手に感じたのですが、いさぜんは入りやすい方でした。こうなると、鳴子の他の宿にもチャレンジしたくなりますね〜〜。

トラックバック・コメント »

コメントはありません。

上に戻る

※スパム対策プラグインの影響により、すぐにトラックバックが反映されない場合があります。お手数ですが、半日ほど待ってみてください。

コメント投稿

※発言の責任を明確にするため「名無し」「通りすがり」「匿名希望」等の匿名は不可とします。捨てハンドルでもいいので必ず名乗ってください。
XHTML (使えるタグ): <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> .
※スパム対策プラグインの影響により、すぐにコメント内容が表示されない場合があります。お手数ですが、半日ほど待ってみてください。

上に戻る