Yuriko.Net 個別記事

2007-02-24
晴れ

KML 出力機能を追加

ゆりこ による 15:30:36 の投稿
カテゴリー: WordPressハック
タグ:

Google マップに KML を読ませた結果の画像

Lightweight Google MapsKML 対応にするかどうか検討していましたが、とりあえず KML 出力機能だけ付けてみました。自分のウェブログに登録した位置情報を KML フォーマットで出力できるわけです。応用例としては、Google マップ に KML 出力用の URL を入力させると、KML を解析してマーカーを打ってくれます。

KML 対応バージョンは、CVS リポジトリー から入手できます。Lightweight Google Maps のバージョン 0.9.9.1 からは locations.php, Lat_Long.php だけを入れ換えれば動きます。KML 出力用 URL の詳細は、以下のような感じです (まだドキュメントはありません)。example.jp の部分は適宜読み換えてください。

http://example.jp/wp-content/plugins/lightweight-google-maps/locations.php
?format=kml&recent=100
最新100地点を KML で出力
?format=kml&category=2
カテゴリー ID 2 の記事にある位置情報を KML で出力
?format=kml&date=2007-02-24
2007年2月24日の記事にある位置情報を KML で出力
?format=kml&bounds=y1,x1,y2,x2
y1,x1,y2,x2 で示される範囲にある位置情報を KML で出力。(y1,x1 は南西の緯度・経度、y2,x2 は北東の緯度・経度)

なお、KML をプラグイン内部で使うのはあきらめました。プラグイン内部のデーターのやりとりは、独自の XML フォーマットのままとします。データーがシンプルで済むこと、UTF-8 以外のエンコーディングでも問題ないこと (KML は UTF-8 以外で出力するのは不適切) などが理由です。

[追記] KML 出力を調整して、Google Earth でも適切に読めるようにしました。ウェブブラウザーで KML 出力を取得すると、locations というファイルができるはずですが、これに kml という拡張子をつければ Google Earth で開けるようになります。あとは適宜お楽しみください!!

[追記 2007-02-26 20:40] 範囲指定のフォーマット解説を修正しました。緯度(y)・経度(x)の順で指定するので x1,y1,x2,y2 ではなく y1,x1,y2,x2 が正解でした。

トラックバック・コメント »

コメントはありません。

上に戻る

※スパム対策プラグインの影響により、すぐにトラックバックが反映されない場合があります。お手数ですが、半日ほど待ってみてください。

コメント投稿

※発言の責任を明確にするため「名無し」「通りすがり」「匿名希望」等の匿名は不可とします。捨てハンドルでもいいので必ず名乗ってください。
XHTML (使えるタグ): <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> .
※スパム対策プラグインの影響により、すぐにコメント内容が表示されない場合があります。お手数ですが、半日ほど待ってみてください。

上に戻る