2007年4月11日の投稿

2007-04-11
晴れ

マスコミは公職選挙法違反じゃないの?

ゆりこ による 01:10:41 の投稿
カテゴリー: 社会問題

東京都知事の開票結果を見てみると、知名度があるはずのドクター・中松氏、桜金造氏よりも、泡沫候補の1人と思われていた黒川紀章氏の得票が多くなっています。これは、マスコミが「4大候補」として取り上げたからでしょう。

今までも、東京都知事選挙は泡沫候補が多数立候補するので、マスコミは全員を公平に取り上げては来ていませんでした。しかし、今回は、そういう措置が結果に大きく影響したことがはっきりしてしまいました。もし、14人の候補を公平に扱っていれば、石原慎太郎氏が当選するものの、得票率は40%ぐらいになったと思いますね〜〜。

公職選挙法は、ビラの配布や政権放送の回数は厳しく制限するくせに、テレビや新聞のニュースで取り上げる回数や時間については規定していません。特定の候補だけと取り上げるのは、それこそ「違法」だと思うんですが……。いっそのこと、政権放送を1日中流すぐらいでないと;-)

ただし、ドクター・中松氏や桜金造氏のポスターは、かなり「アレ」です。正直なところ、マトモな候補者とは思えません;-) しかし、だからといって、マスコミがそういう観点で候補者を扱ってはいけないですよね。

貞操義務は手段であって目的ではないのでは

ゆりこ による 01:35:24 の投稿
カテゴリー: 社会問題

民法772条の300日問題について、長勢法務大臣が「性道徳や貞操義務についても考えないとならない」と発言したらしい問題については、発言の全文を入手してから意見を書こうと思っていました (この発言だけ捉えて批判するのは簡単ですが卑怯なので)。しかし、それができてないので、違う方向からツッコミを入れてみることにします。

そもそも、この「300日規定」が制定された目的は何なんでしょうか。わたしは「子供の父親が誰かを確定させるため」だと考えています (注意: わたしは「子供」と書く主義です)。しかし、「300日の期間を空けることで父親が決まる」ためには、その300日間は貞操を守る必要が出てしまいます。そうしないと、300日置く意味がありません。逆に言うと、操を破っているならば、300日規定は破綻します。

法律が制定された当時は、DNA 鑑定はおろか、血液型判別術なども確立されてなかったでしょうから、300日結婚させないというのは、仕方ない方法だったのかもしれません。つまり「貞操義務」はあくまで手段であったと考えられます。そして、現代では DNA 鑑定などの便利な方法がありますから、もはや手段としての貞操は不要なのです。

なのに、長瀬法務大臣は「貞操義務」という言葉を出してきました。法務大臣にとっては「300日規定」は手段ではなく目的だ、という認識なのでしょうね。うーん。その解釈は法学として妥当なんでしょうか??

モバイルライフ応援キャンペーンに応募

ゆりこ による 01:43:27 の投稿
カテゴリー: モバイル・携帯電話
タグ: , ,

3月31日に EM・ONE をゲットしたわけですが、マイクロソフトの「モバイルライフ応援キャンペーン」に応募してみました。

個人的には Windows Mobile なんてダメダメ OS だと思いますが、貰えるものは貰っておく主義なので、応募しない手はありません。このキャンペーンがあるから Windows Mobile 機を買う、なんて人はいないでしょう;-);-)

さて、応募フォームがこれまた凶悪で、電話番号の市外局番の欄が非常に狭いです。HTML を見てみると、input 要素が size=”1″ と指定されています!! 日本の市外局番は必ず「0」を含むので、最低でも2ケタ必要です。最長5文字あるので size=”5″ とするべきですが、そうなってないのはひどい……。こういうところでも、ユーザーインターフェースの作り方のヘタっぴさが見えてしまいますねーー。