2008年1月の投稿

2008-01-01
晴れ

2008年おめでとうございます

ゆりこ による 00:30:16 の投稿
カテゴリー: 日常生活
タグ:

2008年あけましておめでとうございます。去年は、当サイトの運営方針を変更し、当サイトから鉄道・航空ネタを旅行ウェブログに移動して、ジェンダー、携帯電話、ソフト開発 (特に WordPress プラグイン!) に絞りました。後半は WordPress プラグインに偏重していた気もします;-)

今年は携帯電話プラグインを普及すべく、いろいろ活動してみたいと思います。「Ktai Style プラグイン本を書く」という野望はぜひとも実現させてみたいですね〜〜。そのためには「最強の携帯サイトとは」という研究をしなければなりませんが。

あと、Yuriko.Net を構成している独自ウェブログシステムには不具合がいくつか見付かっていて修正が必要なのですが、なかなか手をつけられていません。いっそのこと WordPress にしてしまおうかと思うこともありますが、URL 体系をそのままにして移行するのは、かなり困難なんですよね。やはり独自システムを改良してみることとします。

ひさびに関西電気保安協会のCMを生で見た

ゆりこ による 10:03:46 の投稿
カテゴリー: テレビ・メディア
タグ: ,

9:30ごろ、関西テレビで関西保安協会のCMを見ました。公式サイトで MPEG 動画を見てはいましたが、テレビで放送されたのを見たのは何年振りでしょうか……。放送時刻表では、1日は朝6:30ごろの放送となっていたので、時間変更があったのでしょう。

「かんさいーでんきほーあんきょーかい」のフレーズはそのままですが、キャッチフレーズとして「40年のノウハウ・実績」がついたり、公式サイトの URL が表示されたりで、ますます洗練されていますね。

2008-01-02
晴れ

ケータイ大喜利、ついにレジェンド誕生!

ゆりこ による 22:24:49 の投稿
カテゴリー: テレビ・メディア
タグ: ,

きのう23時から80分のスペシャル放送された「着信御礼! ケータイ大喜利」ですが、ついにレジェンドオオギリーガーが誕生しました!! メジャー7段の「ぺえ」さんがアンテナ3本を獲得したので、レジェンドとなったのです。そして、レジェンドになったあとも、「ウザイッ!」というお題の10文字作文で「レジェンドは照れるよ」という作品を出され、最優秀作品となりました。うーん。すごい才能ですね。

わたしも数本捻り出しましたが、あえなく没でした。採用されたものはすべて水準が高く、もっと修行が必要だと思わされます……。

2008-01-03
晴れ

財布落とした

ゆりこ による 2008-01-04 00:14:07 の投稿
カテゴリー: 日常生活

きょうは実家から帰還したのですが、その道中で財布2つとも落してしまいました。普段から、リスク回避のため財布を2つ持つようにしていますが、両方落とすとは情けない限りです。

まず、近鉄特急の中で小銭・銀行カード系の財布を落としてしまいました。それに気がついて、近鉄名古屋駅の精算所 (ここが遺失物扱い所を兼ねる) で相談していたときは、もう1つの財布 (交通カード系) は確実にありました (近鉄の特急券をそこから出した)。ところが、新幹線の発車時刻が迫っていたので、ええ加減に財布をバッグに入れて連絡通路を急いだためか、新幹線に乗り込んだときには財布が行方不明となっていました。

新横浜に到着後、近鉄に問い合わせると、先に落とした財布は車庫で発見されていました。ところが、2つ目の財布は JR 名古屋駅に問い合わせても出ていません。ひょっとすると、近鉄の駅構内で落としたのかもしれません。

いずれにせよ、財布を両方とも落としたので家に入ることすらできず、途方に暮れました。いっそのこと、新幹線で名古屋に戻って片方の財布だけでも回収しようかと思いましたが、それはやめました。そのかわり、入居物件で「警備会社による鍵開けサービス」を利用することにしました (あらかじめ預けてある鍵を警備会社に出してもらって解錠する)。1回6300円もするのですが、名古屋の往復運賃・料金よりは安いし ;-) でも、財布2つともすぐ回収できる可能性が高ければ、新幹線で名古屋に戻った方がよかったかもしれませんね……。いや、後で落とした方は発見されてないので無理無理。

交通カード系財布には、スルッとKANSAI、PiTaPa, SMART ICOCA, クレジットカードも多数入っていたのですが、それの紛失届が大変でした。携帯電話に連絡先をすべて入れてありますし、今どきはカード会社のウェブサイトに紛失連絡先が掲載されているので、電話番号を調べるのは楽ですが、1つ1つ連絡するのは一仕事です。カードによっては再発行手数料がかかるため、これも痛手です。ANA PiTaPa は1050円、SMART ICOCA は 1000円 (うちデポジット500円)、ANA カードは 700円、J-WEST (Master) は 500円です。

興味深いのは、どのカード会社も、「氏名、生年月日」を聞いた後、電話番号や住所によって本人確認を行う、という手順がほぼ同一であることです。情報を確実に引き出すためには、このプロトコルが最適なのでしょう。SMART ICOCA だけ生年月日は「西暦からお願いします」でしたが、他はみな「昭和からお願いします」でした。生年月日に関しては西暦化する事例は少ないようです。

2008-01-04
晴れ

WordPress 2.4はスキップ

ゆりこ による 2008-01-05 00:00:20 の投稿
カテゴリー: WordPressハック
タグ:

Weblog Tools の記事によると、WordPress 2.4 はスキップして、3月に2.5を出すことに決まりました。これは Ktai Style のリリーススケジュールに影響しますね。つまり、Ktai Style 1.0 は WordPress 2.4 対応をしなくてよく、好きなときに出せるのです。ううむ、悩みますねーーー。

2008-01-05
晴れ

財布発見

ゆりこ による 23:26:25 の投稿
カテゴリー: 日常生活

落としてしまった財布ですが、両方とも行方が判明しました。実は、近鉄名古屋駅で回収されていたのが交通系財布 (後で落とした方) でした。小銭・銀行系財布 (先に落した方) は、なんと八木駅で拾得されていたのです。

新横浜に到着したときに名古屋駅に問い合わせた際、「車庫で見つかった」という回答を得たため、すっかり「特急車内で落としたもの (==小銭系財布) が見つかった」と理解してしまいました。その早合点がまずかったのです。4日に、近鉄名古屋駅に再度問い合わせたとき、「赤茶色の財布 (交通系財布のこと) が見つかった」と相手が言ったのに、こちらは「では、財布が2つ見つかったのでしょうか」と確認してしまい、そうすると「見つかったのは1つだけです」と言われてため、「先に落とした方しか出て来ていない」と判断してしまっていました。「小銭・銀行系財布が名古屋駅で拾得ずみ」という思い込みを打ち崩せなかったのが失敗です。

けっきょく、すでに近鉄名古屋駅で回収されて安全なはずのクレジットカードをすべて停止処理したため、しばらく使えない不便、カード番号が変わる不便および、再発行手数料という金銭負担が発生しています。さらに、確保ずみの財布について、JR 東海に再三問い合わせるという無駄もやっています。

やはり、慌てずに状況をきちんと整理して把握するのが肝心ということですね。とはいえ、近鉄側も「車庫で見付かった」というウソ回答を行なっていたり、「財布を2つ落とした」という状況をよく分かってなくて頓珍漢な回答をしたことも、問題だったことは否めません。

2008-01-09
くもり

さっさと改名したくなってきた

ゆりこ による 01:15:07 の投稿
カテゴリー: ジェンダー・セクシャリティー
タグ:

財布を落とした後始末をしていますが、そのときの問い合わせで「ご本人さんですか」「奥さまですか」と言われることが度々ありました……。本名は男性っぽい名前なのですが、「女性としてパスしている」ということなんでしょう。それ自体は喜ばしいことですが、本人確認をするという状況では面倒なだけです ;-)

いろいろな事情があって、まだ改名していないのですが、こういう、うっとおしい状況が頻繁になるならば、さっさと改名したくなってしまいます。周辺状況などを整備して、今年中にはやってしまいましょうか……。

WordPress 2.3.2 少しバギー?

ゆりこ による 01:21:54 の投稿
カテゴリー: WordPressハック

先日、旅行ウェブログを WordPress 2.3.2 にアップグレードしたのですが、少しバグがあるようです。特に、管理画面での「次のページ」表示ではうまく遷移できません。WordPress 2.1 では問題があり、WordPress 2.2 で直っていたのに、エンバグしているようです。

旅行ウェブログでは、WordPress のインストール先 (get_option('siteurl') の値) と、ウェブログ URL (get_option('home') の値) が違っています。こういう環境では、この2者の使い分けをきちんとしていないとバグります。以下のパッチで直りますので、同じような問題を抱えている方は試してみてください。trac にも報告しといた方がいいですね。

477c477,481
<       $home_root = parse_url(get_option('home'));
---
>       if (is_admin()) {
>               $home_root = parse_url(get_option('siteurl'));
>       } else {
>               $home_root = parse_url(get_option('home'));
>       }
485c489
<               $base = trailingslashit( get_bloginfo( 'home' ) );
---
>               $base = trailingslashit( get_bloginfo( 'wpurl' ) );

あと、Ktai Style の開発バージョンでエントリー編集して保存したとき、ログイン画面に戻ることがあります。WordPress 2.3.1 以前では発生していなかったハズですが、開発バージョンの不具合かもしれません……。

Plone 調査中

ゆりこ による 01:34:13 の投稿
カテゴリー: ソフトウェア

以前、ウェブログツールを検討したことがありましたが、そのときは Plone は対象外としました。Plone は Zope 上で動くフレームワークですが、Zope はそれ自体がウェブサーバーとなる、という挙動があまり好きになれなかったからです。

しかし、最近 Python に興味が出てきて、そうなると俄然 Plone/Zope を調査しないといけません!! (どちらも Python ベース)。さすがに Yuriko.Net を Plone にする予定はありませんが、J2 関東公式サイトを Plone にするのはよさそうです。現在、仮公式サイトを dokuwiki で構築していますが、コミュニティー機能 (写真を参加者だけに配布する etc) が十分ではないので、正式採用に至っていないのです。Plone ならば、そんなことも自在でしょう。ちなみに、XOOPS は実装がダサいのでパス、Geeklog は試してみたものの使いにくく感じて没にしています。

2008-01-10
くもり

wp-mta と wp-shot の機能を統合しようか

ゆりこ による 00:55:55 の投稿
カテゴリー: WordPressハック
タグ: , , , ,

拙作の、自宅サーバー向けモブログ用スクリプト wp-mtaと、POP3 メール取り込み型モブログプラグイン wp-shot (Otsukare さん作) を統合しようかと考えています。

wp-mta は、dot-qmail ファイルで投稿スクリプトを起動させる仕組みなので、完全にリアルタイム投稿ができますが、メールボックスと WordPress があるサーバーが同一でないとうまく動かせません。まさに自分専用に作ったもので、わたしが欲しい機能をすべて盛り込んでいます (複数カテゴリーや画像の回転に対応)。wp-shot は、ウェブログが閲覧されたタイミングで POP3 で投稿専用メールボックスを読みにいく仕組みなので、万人向けです。しかし、機能が限定されています (カテゴリーは1つしか指定できない、画像の回転ができない)。

実は、キモとなる投稿作成の部分はほとんど同じ仕組みです (MIME デコードして、メールアドレスを確認して、wp_insert_post() を呼ぶ)。そのため、両者を統合するのは、さほど難しいことではありません。本当ならば、Otsukare さんにがんばってもらいたいのですが、ドキュメントなど未整備のまま広く利用されているのが現状です。これではあまりよくないので、何とかしたくなってきました。

で、悩んでいるのが、統合したプラグインの名前です ;-) wp-mta は「dot-qmail/dot-forward から起動させる」ことを示唆する名称なので、POP3 型モブログプラグインにはふさわしくありません。Otsukare さんに許可を取って wp-shot の名前を使うのがよさそうですが、これも実は、ドコモの「i-shot」が元の名前なので、今さら感があります ;-) (もはやドコモは i-shot なる商標を使っていない) それならば、まったく新しい名前をでっち上げてしまいましょうか。「Ktai なんちゃら」シリーズとして「Ktai Post」だと直截すぎるので、ちょっと検討してみます。

もう1つ悩むのは、PHP4 対応をするべきかどうかです。wp-mta, wp-shot ともに PHP4 に対応しているので、その後継プラグインならば対応した方がいいでしょう。でも、わたしの日常環境では PHP4 は撤廃していて、テストができません。スクリプト自体は PHP4 対応で書くとしても、「PHP4 でのテストはしてません」という状態でリリースしときましょうか。それだったら、PHP5 専用にした方が潔い気もしますが。