Yuriko.Net 個別記事

2008-03-21
くもり

男性専用車両は痴漢冤罪に役立たない

ゆりこ による 23:55:00 の投稿
カテゴリー: ジェンダー・セクシャリティー

ZAKZAK に「大阪市交通局に男性専用車両を作って欲しいという要望が殺到している」という記事が載っていました。「冤罪に逢いたくない」という気持ちは分かりますが、発想が貧弱すぎます!! 女性専用車両ですら、痴漢の撲滅に役立たたず、そもそも性差別を助長している存在なのに、男性専用車両なんて作ったら、性差別・性区別の世の中を助長してしまうではないですか。「区別したら冤罪が撲滅できる」なんてアイディアは薄っぺらいものです。

ちょっと考えただけでも、「男性専用車両に*乗らない*人は、痴漢する人だと思われる可能性がある」「列車の混雑状況が偏ってしまう」などの問題があります。だいたい「男性専用車両」なんて考えただけでキショいですよね;-) 余談ですが、女性専用車両もキモいと思いますし、「専用車両に乗らない人は痴漢されてもいいと思われてしまう」「少年に対する痴漢を防止できない」などの問題があります。

地下鉄御堂筋線で発生した冤罪事件の根源は、駅員および警察が「被害者 (と思われる人) を信用しきってしまう」「疑わしきは逮捕」という運用を行なっているからです。そして、そういう状況があるからこそ「でっちあげ事件が成功する」と思う犯罪者が出てくるのです。まずは、警察が、両者の言い分をしっかりと聞くことが先決です。痴漢では冤罪が多いのですから、当事者のみをしょっぴくのではなく、周囲10mぐらいの目撃者全員を確保するぐらいの運用をするべきでしょう。そして、でっちあげ事件をなくすべく、「痴漢はアカン」ポスターに続いて「痴漢でっちあげもアカン」キャンペーンをするべきでしょう。

今回の冤罪事件は、満員電車ではなく、閑散時間帯であったことが悲しいところです。満員電車に対しては「警備員を載せるべき」という意見を持っていますが、閑散時間帯の場合は警備員を載せるコストが担保できません。嫌なことですが、通勤車両でも防犯カメラを搭載するしかないのかも。とにかく、男性専用車両では問題の根源が解決できません。再考しましょう。「でっちあげ犯罪」をするような悪者は男性専用車ができても仕掛けてくるでしょう!!「警察しっかりしろ」運動の方が効果ありますよ〜〜。

トラックバック・コメント »

  1. という物言いは、正直感心できないものがございます。

    「物言い」に左右されず、意見の中身を見て頂きたいです。今回はあえて過激な表現をしておりますので、その点は十分割り引いてもらえると助かります。

    男性専用車両を作っても、痴漢冤罪におびえる人だけが救われるのであって、痴漢冤罪の撲滅にはなりません (男女共用車両での冤罪はあり得る)。といって、共用車両をなくして男女別の乗車にすることは、性差別になってしまうでしょう (家族連れとか、カップルが分離される問題に加えて、セクシャルマイノリティーにとっては「どちらにも乗れない」問題がある)。

    そして、痴漢冤罪の根本は、鉄道係員と警察官が「被害者の証言をうのみにしすぎ」なのが原因ですから、これが是正されない限り、絶対に撲滅できません。過去の例から、比較的空いている列車でも冤罪事件は起こっていますから、満員列車の解消をしてもダメです。取り調べの可視化 (録音・録画の義務化や、第三者の同席) を行い、裁判官も意識改革 (無実を主張しても「反省の意思がない」と判断する裁判官が多すぎ) も必要です。(余談ですが、国民審査では全員×を打つべき)

    列車内の防犯カメラも有効だと思いますが、さすがにこれはプラバシーの懸念があります。「満員列車に限って録画」とか「事件発生時のみ画像を確認する」という厳重な運用をとることが前提ですね。

上に戻る

※スパム対策プラグインの影響により、すぐにトラックバックが反映されない場合があります。お手数ですが、半日ほど待ってみてください。

コメント返信

※発言の責任を明確にするため「名無し」「通りすがり」「匿名希望」等の匿名は不可とします。捨てハンドルでもいいので必ず名乗ってください。
XHTML (使えるタグ): <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> .
※スパム対策プラグインの影響により、すぐにコメント内容が表示されない場合があります。お手数ですが、半日ほど待ってみてください。

上に戻る