Yuriko.Net 個別記事

2008-03-21
くもり

男性専用車両は痴漢冤罪に役立たない

ゆりこ による 23:55:00 の投稿
カテゴリー: ジェンダー・セクシャリティー

ZAKZAK に「大阪市交通局に男性専用車両を作って欲しいという要望が殺到している」という記事が載っていました。「冤罪に逢いたくない」という気持ちは分かりますが、発想が貧弱すぎます!! 女性専用車両ですら、痴漢の撲滅に役立たたず、そもそも性差別を助長している存在なのに、男性専用車両なんて作ったら、性差別・性区別の世の中を助長してしまうではないですか。「区別したら冤罪が撲滅できる」なんてアイディアは薄っぺらいものです。

ちょっと考えただけでも、「男性専用車両に*乗らない*人は、痴漢する人だと思われる可能性がある」「列車の混雑状況が偏ってしまう」などの問題があります。だいたい「男性専用車両」なんて考えただけでキショいですよね;-) 余談ですが、女性専用車両もキモいと思いますし、「専用車両に乗らない人は痴漢されてもいいと思われてしまう」「少年に対する痴漢を防止できない」などの問題があります。

地下鉄御堂筋線で発生した冤罪事件の根源は、駅員および警察が「被害者 (と思われる人) を信用しきってしまう」「疑わしきは逮捕」という運用を行なっているからです。そして、そういう状況があるからこそ「でっちあげ事件が成功する」と思う犯罪者が出てくるのです。まずは、警察が、両者の言い分をしっかりと聞くことが先決です。痴漢では冤罪が多いのですから、当事者のみをしょっぴくのではなく、周囲10mぐらいの目撃者全員を確保するぐらいの運用をするべきでしょう。そして、でっちあげ事件をなくすべく、「痴漢はアカン」ポスターに続いて「痴漢でっちあげもアカン」キャンペーンをするべきでしょう。

今回の冤罪事件は、満員電車ではなく、閑散時間帯であったことが悲しいところです。満員電車に対しては「警備員を載せるべき」という意見を持っていますが、閑散時間帯の場合は警備員を載せるコストが担保できません。嫌なことですが、通勤車両でも防犯カメラを搭載するしかないのかも。とにかく、男性専用車両では問題の根源が解決できません。再考しましょう。「でっちあげ犯罪」をするような悪者は男性専用車ができても仕掛けてくるでしょう!!「警察しっかりしろ」運動の方が効果ありますよ〜〜。

トラックバック・コメント »

  1. 全ての冤罪がなくならないのならやって意味がない。
    全ての痴漢がなくならないのならやっても意味がない。

    そういう理由で反対しているのではありません。男性専用車両は「痴漢冤罪におびえる人が安心する」ためのものであって、痴漢冤罪をなくすものではないからです。男性専用車両を導入しても、男女共用車両では痴漢および痴漢冤罪は起きうるでしょう。きれい事を言うならば「男性専用車両は、自分だけがよければいい」という代物です。

    そもそも、痴漢冤罪の大きな原因は鉄道事業者の聴き取りおよび警察の捜査がずさんなことにあります。また、周囲の乗客が「かかわりたくない」と思っていることにあります。わたしの主張するような「痴漢が発生したら周囲数mの人は、老若男女問わずすべて参考人や目撃者として連行する」仕組みにすれば、被害者が加害者を誤認した場合でも取り逃がしをほぼなくせるでしょう (加害者がドアそばに立ってて、すぐ逃げた場合などが例外)。

    男性専用車両の導入は、鉄道事業者および警察に「ずさんな捜査でいい」と予断を与えてしまいます。これでは痴漢や痴漢冤罪を減らせません。

    男性専用車両を作るぐらいならば、むしろ、有料の着席保証席 (JR で言うとグリーン車やホームライナー等) を作った方が有益です。(その車両にいる) ほぼ全員が着席しているならば、痴漢および痴漢冤罪はほぼ撲滅できます。もちろん、混雑している路線で着席保証車両を導入するのは困難と言えますが、料金をその分高めに取る/先頭や末尾ならばホームからはみだし停車ができる、などの方法でなんとか実現できなくはありません。

上に戻る

※スパム対策プラグインの影響により、すぐにトラックバックが反映されない場合があります。お手数ですが、半日ほど待ってみてください。

コメント返信

※発言の責任を明確にするため「名無し」「通りすがり」「匿名希望」等の匿名は不可とします。捨てハンドルでもいいので必ず名乗ってください。
XHTML (使えるタグ): <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> .
※スパム対策プラグインの影響により、すぐにコメント内容が表示されない場合があります。お手数ですが、半日ほど待ってみてください。

上に戻る