2008年3月24日の投稿

2008-03-24
晴れ

橋下知事が土俵に上がる

ゆりこ による 01:29:40 の投稿
カテゴリー: ジェンダー・セクシャリティー
タグ:

きのう、大相撲大阪場所の千秋楽において、横綱朝青龍が白鵬を破って優勝しました。これ自体は何でもないのですが、大阪府知事賞の授与に橋下徹知事が土俵に上がったのは、いろんな点で気になりました。1つ目は、太田房江前知事が「女性である」という理由で土俵入りを断わられたのに、橋下知事は何なく土俵に入ったこと。2つ目は、橋下知事は「大阪府立体育館は (府の設備としては) 不要である」と発言したのに、しゃあしゃあと駆け付けたことです。

1つ目ですが、「土俵は神聖な場所で、女人禁制である」というのは、1つの考え方としてアリだとは思います。しかし、相撲協会が知事による土俵入りを断わるというのは、明らかに男女差別でしょう。知事が歩く部分にシートやカーペットを敷いて、その部分だけ上ってよいとする、などの措置を取るべきでした。もしくは「今後、男性知事になっても土俵に上げない」とするべきでした (太田前知事はこれを約束させればよかったのに)。今回、橋下知事はその点にツッコミを入れず、当然のごとく土俵に上がったのは、男女平等について無頓着であることが明白です。がっかりしました。

2つ目も、表彰式に来るなら府立体育館の存続を約束してほしかったです。あんなうれしそうに表彰して、「府立体育館はどこかに譲渡します/潰します」と言うのなら、それはひどいです。すぐには存続かどうか決定できないですが、もうちょっと中庸な態度をとってほしかった。

まあ、わたしは東国原知事同様、橋下知事はあんまし信用・期待していません ;-) でも、府民に選ばれたからには、しっかりがんばってもらうしかありません。なのに、この体たらくでは……。

玖伊屋のエイプリルフール仕込み

ゆりこ による 03:36:57 の投稿
カテゴリー: イベント
タグ: ,

ここ数年は、玖伊屋ウェブサイトでエイプリルフールをしていますが、今年はなかなかネタが出てきませんでした。今回は中止にしようかと思いましたが、なんとかネタをしぼり出しましたので、作成開始しました。

今年も WordPress でサイト構築し、テーマは適当に拾ってきて多少改造しています。これで、コンテンツだけ作ればいいので楽勝です。携帯対応もプラグイン1つでできるので、これまた簡単です。Ktai Style の場合、携帯側のテンプレートも作り込めるので、今回の案件にはぴったりです ;-)

あと、Yuriko.Net 旅行記の方でも、1つネタを出す予定なので、よろしければチェックしてください。

[追記] 当サイトでもネタを配信することにしました。乞御期待!!

GPL でない WordPress プラグインを作れるか

ゆりこ による 23:39:20 の投稿
カテゴリー: ソフトウェア
タグ: , , ,

4月1日(!)に、とある WordPress プラグインをリリースしようと思っていますが、ライセンスを GPL ではないものにしようと考えました。しかし、なかなか難しいようです。

まず、WordPress 本体が GPL であることがネックです。GPL ソフトウェアに対するプラグインについては、FSF によると、データ構造を共有していれば両者が単一のプログラムを構成しているとみなせるため、GPL を適用すべきと解釈されるようです。

もしプログラムがプラグインと動的にリンクされており、お互いにファンクションコールを使ってデータ構造を共有している場合、それらは単一のプログラムを形成していると見なされますので、プラグインはメインプログラムの拡張部分として扱われなければなりません。すなわち、それらはGPLかGPLと矛盾しないフリーソフトウェアライセンスの下で公開されなければならないということです。

WordPress の場合、add_action(), add_filter() でフックを追加する場合は独立性が保てそうですが、$wpdb をグローバル宣言してデータベースアクセスを行う場合は、GPL の制約にひっかかりそうです。

難しいのが、the_content() のような場合でしょうか。実行結果は直接画面に行なわれるため、データ構造は共有していません。しかし、WordPress ループを使っているならば、暗黙的に $post がグローバル宣言されていて、共有しているとも言えます。

うーん。やっぱり GPL にするのがラクかなーー。非 GPL にするには、よほど慎重な作り方が必要なようです。

FSF の FAQ には、非 GPL なソフトウェアに対する GPL プラグインの例もあります。この場合、素の GPL ではライセンス違反になってしまうため、例外条項を付与する必要があると記されています。MT4i のような場合が該当すると思いますが、MT4i って、そういう例外条項がなかったような……。