2008年5月01日の投稿

2008-05-01

コメントが編集可能

ゆりこ による 15:42:11 の投稿
カテゴリー: 更新履歴

Edit Comments XT プラグインを導入しまして、コメント投稿後30分は編集可能としました (注意: PC からのみ可能です。携帯電話は未対応)。 同様のプラグインはいくつかあるのですが、配布終了になっているものが多く、現在入手可能なのは、このプラグインぐらいしか見当たりませんでした。

ついでに、コメントテンプレートを修正して、「審査中」になってしまったとき、その旨を表示するようにしました。従来はその表示が抜けてしまっていました。(めったに審査中になることはないでしょうが)

短いトラバを拒否するプラグイン Reject short trackbacks 0.72

ゆりこ による 16:14:29 の投稿
カテゴリー: WordPressハック
タグ: ,

以前公開した、「内容が短いトラバを拒否するプラグイン」ですが、細かい問題点が見付かりましたので、修正版を公開いたします。

  • Akismet をインストールしていると、Akismet によるスパムチェックが先に行なわれてしまう。
  • [追記] にある Akismet 対策修正を行うと、Akismet を入れていない場合、コメントを投稿しても「重複するコメントが見付かりました」となって投稿できない。
  • 拒否する文字数を48文字に変更。

旅行記」の方は、もろ2番目の問題にひっかかっていました。どうりでコメントが来ないわけだ……。なお、今回は Telmina 氏による「日本語文字列を含む場合は許容する」パッチは当てていません。必要な方は適宜追加してください。

ダウンロード: reject-short-tb072.zip (1KB)
バージョン 0.8.0 を出しました。

Ktai Entry もテンプレート対応にする?

ゆりこ による 17:17:41 の投稿
カテゴリー: WordPressハック
タグ: ,

Ktai Entry は、添付画像があるときの出力フォーマットは固定されていて、編集するには ktai_entry.php ファイルを編集するか、独自フィルターフックを使うしかありません。後者は中級者以上向けで、ちょっと難しいです。

他のメール投稿ツールでは、出力テンプレートを用意してあるものがあります (メール投稿ツール比較表)。Ktai Entry でも、テンプレートの利用を考えたのですが、設定が煩雑になるのを避けることと、デザイン調整はスタイルシートで可能なことで、採用しませんでした。Ktai Entry の出力フォーマットは非常に単純で、以下のような感じです。画像のはスペース区切りです。

<div class="photo"> (元画像にリンクしたサムネール画像1枚目) (画像2枚目) ... </div>
<p> (本文) </p>
<div class="photo-end"> </div>

本文の下に写真を入れたいというニーズもありそうですが、モブログではあまりないだろうと思って本文の上に決め打ちしています。(WordPress 2.5 からの gallery 型式を使いたい人はいるかもしれない??)

でも、管理パネルで、このテンプレートを編集できるようにするのは機能改善としてはよさそうです。さすがに、複数テンプレートを用意して切り換えというのは、煩雑なのでやりません。それならば、各社携帯端末のデコレーションメールに対応して、そのフォーマットを再現すればいいですよね。文章→写真→文章、というフォーマットを使いたい場合は、端末側でそういう文面を作ればいだけなので、簡単ですし。

テンプレートを使いたいために Ktai Entry から wpmobExpress に乗り換えた 方もおられるようです。そういうのを見ると「Ktai Entry もまだまだだなあ」と思って機能アップしたくなります ;-) wpmobExpress のテンプレート機構はよくできてると思いますが、わたしのように「最大5枚」の写真を添付する可能性があるとテンプレートを作るのが大変ですし、そのテンプレートが「table 組み」というのは、今となっては時代遅れに感じます。

「比較表」では、MobG も「テンプレート対応」としましたが、これは携帯電話からログインした画面のテンプレートであって、投稿する内容のテンプレートではないようです。投稿する内容は、設定ファイルの編集で行う必要がありました。

ウィルコムもメールで絵文字使えそう

ゆりこ による 22:17:35 の投稿
カテゴリー: WordPressハック
タグ: , , ,

Ktai Entry で、携帯絵文字を認識する機能アップを行なっています。当初、インターネットメールに絵文字がそのまま送出されるのは au 端末だけと思っていて、au 絵文字だけ実装する予定でした。しかし、どうやら、ウィルコムも、絵文字をそのまま送出しているようです。

ウィルコムの絵文字は、ウィルコム独自絵文字と i モード互換絵文字 (「Web 入力絵文字」という名称)の2体系があります。メールの場合、前者は <#XXXX> という型式に変換され (<#HEART> とか <#FLAG> とか)、後者は Shift_JIS コードそのままです。Web 入力絵文字は Ktai Style で作成したコードをそのまま使えそうですが、独自絵文字フォーマットは全絵文字について調査が必要ですね。とりあえず、au 絵文字・Web 入力絵文字に対応したバージョンを明日あたりに公開して、ウィルコム絵文字は連休中に対応でしょうか。