2008年6月07日の投稿

2008-06-07

EMA がフィルタリングの対象カテゴリーの改善案を募集

有限責任中間法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構 (EMA) が、インターネットにおけるフィルタリングの対象カテゴリーの改善案を募集開始しました (プレスリリース)。

こういうのが行なわれるならば、当然ながら「同性愛」カテゴリーの廃止を意見具申しなければなりませんね。ネットスターの分類における「同性愛」は、トランスジェンダーも含んでおり、実質「セキュシャルマイノリティー」カテゴリーと言えます。まだまだ世の中は性的少数者に対して偏見が多いため、こういうカテゴリーが存在すると「フィルター対象とすべし」という意見が出てしまいます。そのためには、カテゴリー廃止が一番確実です。本当は、フィルタリングなぞ実施せず、親権者および子供のリテラシー教育を行う方が好ましいと思いますが、フィルタリングに賛成する人が多い現状では、このような回避策を取らざるを得ないでしょう……。

個人的には、EMA という団体自体がうさんくさいと思いますが、何も言わないよりはいいので、当事者のみなさんには、どんどん意見を出して欲しいですね〜〜。

携帯各社のフィルタ状況の関する記事

ネットスターの分類」を改めてよく見てみると、「54.同性愛」カテゴリーの注釈に「*11 性同一性障害に関する情報提供やLGBTについて解説するサイトなどは除きます。」というのができていました。いかにも「とってつけた」ような内容で、こんな例外を作るならばカテゴリー自体を廃止した方が素直ですよね。

逆に、同性愛カテゴリーの存続が必要ならば、それこそ「障碍者」「部落」「外国人」「女性」「高齢者」カテゴリーも作らないとバランスが悪いと思います。しかし、到底こんなカテゴリーを作るのは世間から容認されるわけがなく、それならば、同性愛カテゴリーも作ってはならないのです。