Yuriko.Net 個別記事

2008-10-02
晴れ

WordPress メール投稿プラグイン Ktai Entry 0.8.8 リリース

ゆりこ による 23:33:47 の投稿
カテゴリー: WordPressハック
タグ: , , , , , ,

WordPress 用メール投稿プラグイン「Ktai Entry」のバージョン 0.8.8 をリリースいたします。変更点は以下の通りです。

  • ページキャッシュを行うプラグイン (WP-Cache, WP Super Cache) がインストールされている場合、「POP3 取り込み間隔」が「しない」の設定では、外部メールボックスを読み出すトリガーとなるスタイルシートが出ないようにしました (バージョン 0.8.7 では表示されていました)。
  • 外部メールボックスを随時読み出す方式の場合、絵文字が使える状況 (au やウィルコムから送信していたり、ドコモから Gmail に送ったり等) でメールボックスに2通以上メッセージが溜っているとき、PHP エラーが発生して処理が中断してしまう不具合があったのを修正しました。
  • バージョン 0.8.6, 0.8.7 で、投稿日時を添付写真の撮影日時として指定する機能 (DATE: コマンドで数字を指定) が効かなくなっていた不具合を修正しました。
  • RFC2047 違反の日本語添付ファイル名をうまく読み取れるようにしました。Outlook Express や Gmail などで日本語添付ファイル名を使うと、本来使うべき RFC2231 ではなく RFC2047 に違反した独自のメール形式になっているため、以前のバージョンではうまく抽出できませんでした。
  • WordPress ME 2.1.x において写真等を添付した場合、WordPress のバグにより「添付ファイルが見つかりません。」という文字列が挿入される現象を回避するようにしました。
  • PHP 5.0.x 系統では動作していなかった不具合を改善しました。
ダウンロード: ktai_entry088.tar.bz2 (86.6 KB)
より新しいバージョンが出ています。

今回もバグ修正です。比較的大きいバグが改修されていますので、当該する問題に悩んでいた方はぜひともアップデートをお願いいたします。不具合が多数見つかってしまったため、新機能を盛り込むのは先送りしました。今度こそ、新機能を入れてバージョン 0.9.0 を出したいと思います。

あと、「エラーメッセージが謎」ということで困っている方がおられたので、Ktai Entry のエラーメッセージ一覧をドキュメント化して添付しました。

トラックバック・コメント »

  1. こんにちわ。便利に使わせていただいています。

    WordPress 2.7では問題なかったのですが、WordPress MU 2.6.5にしたらちょっとした問題が出ています。既知の問題でしたらごめんなさい。

    WordPress MUでユーザー3人、ブログ2つを用意しました。

    user1: admin
    user2: koizumi
    user3: koizumi-ktai

    blog1: admin
    blog2: koizumi / koizumi-ktai

    やりたいことは、ktai-entryをblog1では無効な状態、blog2では有効な状態で、blog2のユーザーkoizumi-ktaiで登録した携帯電話のメールからblog2へ投稿を行いたい、となります。

    実際にプラグインをblog2だけで有効とし、携帯電話からメールを投げましたが、blog2に投稿されません。投稿の仕掛けは、自宅に設置したメールサーバー(postfix)から.forwardでinject.phpを呼び出して実行するようにしています。

    メールサーバーのログを見ると、

    postfix/local[2013]: 22FE0DA335: to=, relay=local, delay=12, delays=9.1/0.09/0/3.3, dsn=5.3.0, status=bounced (Command died with status 100: “/foo/bar/blog/wp-content/plugins/ktai_entry/inject.php”. Command output: The plugin is not activated.)

    となります。

    これ、blog1側のプラグインの設定でktai-entryが無効になっているため、と思われます。実際にblog1側でktai-entryを有効にし、koizumi-ktaiをblog1側の作成者として設定しておくと、問題なく投稿できます。

    ちなみに、blog1でktai-entryを有効にし、blog2でも有効にした場合も、blog2のktai-entryは機能しません。あくまでもktai-entryはblog1の設定結果で動作しています。

    postfix/local[28580]: C9B59DA31B: to=, relay=local, delay=9, delays=1.3/0.04/0/7.6, dsn=5.3.0, status=bounced (Command died with status 100: “/foo/bar/blog/wp-content/plugins/ktai_entry/inject.php”. Command output: You are not allowed to post.)

    こうなります。プラグインは有効化されていて、メールアドレスは登録されているはずなのに、blog2の設定結果は無視されます。

    問題のポイントは、

    - WordPress MU
    - 複数のblogがある
    - 複数のユーザーがいる
    - システム上、最初のブログでktai-entryが機能する
    - システム上、2番目以降のブログではktai-entryが機能しない (設定を読み出していない?)

    と考えられます。

    これを、複数のblog、複数のユーザーで使えるようにするためにはどのような方法があるでしょうか? WordPress MUを見捨てずに(^^;)、ぜひご教示ください。

    こいずみからのコメント

上に戻る

※スパム対策プラグインの影響により、すぐにトラックバックが反映されない場合があります。お手数ですが、半日ほど待ってみてください。

コメント返信

※発言の責任を明確にするため「名無し」「通りすがり」「匿名希望」等の匿名は不可とします。捨てハンドルでもいいので必ず名乗ってください。
XHTML (使えるタグ): <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> .
※スパム対策プラグインの影響により、すぐにコメント内容が表示されない場合があります。お手数ですが、半日ほど待ってみてください。

上に戻る