2009年1月16日の投稿

2009-01-16
晴れ

ケータイ大喜利で100文字作文を募集

ゆりこ による 11:28:47 の投稿
カテゴリー: テレビ・メディア
タグ:

NHK の番組「着信御礼!ケータイ大喜利」で、オオギリーガー (==視聴者) からの100文字作文を募集開始していました。

特別おたより企画「100文字作文」投稿受付スタート!

「おたよりコーナー」のスペシャル版です。 オオギリーガーの皆様に「100文字作文」を投稿していただき、レギュラー陣が楽しく紹介していく、というもの。作文のテーマは「私とケータイ大喜利」とします。
番組を見るようになったきっかけ、投稿する際に心がけていること、レギュラー陣へのメッセージなどなど、内容は自由! 当ホームページからどしどしお送りください。
★締め切り:1月31日(土)正午
★放送での紹介を予定していますが、日時は検討中です。追って、ホームページ上で発表します。

現在、「レジェンド100文字作文」というのがありますが、これを連想させるような企画ですね。レジェンド作文の場合、M 本さんが「130文字」と文字数オーバーしていたり、おほさんのように「単なる日記」だったり、ハチャメチャな内容だったりしたのですが、今回の作文はどんな内容が出てくるんでしょうか?

携帯・PHS各社のメールアドレス変更手順 (ウィルコムだけ暗証不要)

きのう1月15日から、ウィルコムの新しいメールアドレス willcom.com が提供開始されたのですが、するつもりがないのにアドレス変更してしまったという事例があるようで、結構非難されています。どうやら、アドレス変更画面があっさりしすぎている模様です。

まず、ウィルコムの変更方法ですが、「オインラインサインアップでセンター接続→メニューの『6.メールアドレス変更』→希望アドレス入力→入力内容確認・完了」となっています。非常にステップ数が少なく、暗証番号の入力も必要ありません!! また、変更後48時間はアドレス再変更ができないのも、まずいと思います。

最大手のドコモは、実はステップ数は少ないのです。「iメニュー→お客様サポート→各種設定→詳細な設定(メール設定)→メールアドレス変更」で、希望アドレスを選択すれば、その画面で希望アドレスおよびiモードパスワードを入れて「決定」を押せば完了です。ただし、「1日3回まで変更可能」というのは、入力ミスしたときにも安心ですね。

au は、結構ステップ数が多いのです。「端末のEメールキー→Eメール設定→その他の設定→1.Eメールアドレスの変更→暗証番号入力→アドレス変更の許諾画面→希望アドレス入力→変更確認画面」というステップを辿ります。変更前に確認画面が出るので、希望アドレスが他に使用されてないかの確認ができると思われます。ドコモ同様「1日3回まで変更可能」というのもうれしいところです。

一番親切なのはソフトバンクでしょう。端末・PC・スカイメールいずれからも設定が可能なのです (スカイメールは PDC だけ可能)。端末の場合、「My SoftBank →各種変更手続き→メール設定→暗証番号入力→1.メール関連設定→1.メールアドレス設定→希望アドレス入力」で可能です。変更後60日間は、元のアドレスに (vodafone.ne.jp アドレスであっても) 戻すことすら可能です。こちらも、24時間あたり3回まで変更可能です。なお、1電話番号あたり99回までしか変更できない制約があります。

最後は、イー・モバイル (EMNet) を見てみましょう。「メール→設定→設定ウェブ→ログイン画面(暗証番号入力)→メールアドレス変更→希望アドレス3つ入力」の手順です。最後で「確認」ボタンを押したら即時変更なのか確認画面が出るのかは不明です。去年3月に音声端末を入手したとき変更作業をしたのですが、どうだったか覚えてません ;-) 希望アドレスを3つ入力できることが特徴的です。大手3社同様、1日あたり3回まで変更可能です。

こうやって5キャリアを比較してみると、ウィルコムのメールアドレス変更画面は、「ステップ数が少なすぎる」「暗証番号の入力がない」「48時間変更不可」というのが問題ですね。特に、最後のは入力ミスに対する救済ができないため、かなりひどいです。社内でテストしたとき、苦情を言う人はいなったのかな??

あと、もし変更サイトが CSRF 脆弱性対策に対して不十分ならば、「悪意あるサイトに訪問したら勝手にアドレス変更された」という事象が発生するかもしれません……。ウィルコムはドコモの真似が好きですから、希望アドレス入力画面に暗証番号フィールドを追加するのがよいでしょうか。

[追記] というか、電話機を落としたら、拾った人に勝手にメアド変更されるおそれがあります。ウィルコムの端末を勝手に他人に触らせてはいけない、ということになりますね。

Matt を迎えての WordCamp Tokyo 2009 が 4月12日開催

ゆりこ による 15:50:40 の投稿
カテゴリー: WordPressハック
タグ:

さきほど、WordCamp Japan サイトにて、WordCamp Tokyo 2009 の開催概要が発表されました。

開催日
2009年4月12日 (日)
開会
10:30 〜 16:00 (予定)
開場
10:00 (予定)
入場料
500円 (予定)
会場
東京都江戸川区・葛西区民館 4F 大ホール

日付と場所以外はまだ未定です。初来日となる Matt Mullenweg 氏を迎えての基調講演を予定していますが、他のプログラムについては決まっていません。会場は500人収容可能なので、前回満員で申し込みできなかった人には朗報と言えるでしょう。これだけの人数が入って、手頃な値段で使えて、交通至便なハコを探すのは苦労しました。少々古びていますが、その分安くなっていますよ。

懇親会の会場も検討していますが、葛西駅周辺には、なかなか思ったようなスペースがないんですよね。西葛西だとヨサゲなところはあるので、1駅電車移動してもらうことにするかも。

スピーカーとしてしゃべりたい、当日スタッフとして手伝いたいなどは、WordCamp Tokyo 2009 実行委員会に連絡を取ってみてください。スピーカーには足代が出せるかもしれないので、遠方の方でもお気軽に立候補してみてください。また、おそらく200〜300人ぐらいは来場されると予想していますが、それだけを捌くにはスタッフが少々足りない気もするので、単なるお手伝いも歓迎です。

あと、Matt さんは WordCamp 開催前後も日本に滞在するので、東京以外で、「囲む会」を開くことも可能なようですよ。