2009年4月15日の投稿

2009-04-15
晴れ

WILLCOM NS いまひとつ

ゆりこ による 22:43:35 の投稿
カテゴリー: モバイル・携帯電話
タグ: ,

本日、ウィルコムから手帳型端末「WILLCOM NS」が発表されました。大型液晶を搭載した薄型のウェブ閲覧端末で、W-ZERO3 の後継ではないようです。

コンセプトは非常にいいんですが、いまひとつツメが甘いです。WILLCOM NS の非常に残念な点は、モデム機能がなくBluetooth も搭載していないことです (OS が Windows CE 5.0 なので、OS 自体が Bluetooth 未対応かもしれませんが)。これだと、音声端末をデータ通信モデムとして兼用している人 (特に、いまだに WX310K を使っているような人) が機種変更できません。

ウィルコムは、データ通信端末のラインナップが少なく、USB 接続の現行モデルは、“DD” しかありません (サードパーティー製品除く)。これならば、WX310K/W-ZERO3 シリーズ/WILLCOM 03 をモデム代わりに使う方がマシという状況です。WILLCOM NS は「新つなぎ放題の契約が必須」という縛りをかけるんですから、ますますモデム機能の対応が望まれます。

2台目需要だから通信機能を外した」らしいんですが、むしろ、今の「2台目市場」はイー・モバイルのデータ通信端末や、「スパボ一括端末 (月8円電話機)」なのですから、月3000円も維持費がかかるくせにモデム機能がないものが食い込むのは、かなり厳しいでしょう。

次に WILLCOM NS のよくない点として、カメラなしという点です。鉄道・バスの時刻表など、いちいち手でメモするのが大変な情報は、「カメラでパチリ」とやりたいわけです。また、名刺を撮影して OCR で取り込む機能が W-ZERO3 シリーズの後期で搭載されていました。ドコモのらくらくホンでは、カメラ機能を「拡大鏡」として使うこともできます。「システム手帳に綴じ込む」というコンセプトから、カメラが使いにくいと予想したんでしょうが、それはむしろ、「カメラ部に穴が空いた手帳ケース」を同時発売すればいいだけの話です (そうすると隠し撮り手帳みたいになって、別の懸念もありそうですが)。

イー・モバイルにユーザーが流出したとはいえ、ウィルコムの強みは安価なデータ通信であるはずです。したがって、「モデム機能は全端末に搭載すべき」だと思うんですが、そうなってないのは非常にもったいないです。けっきょくわたしは、WX310K を今後も使い続けざるを得ないわけで……。