Yuriko.Net 個別記事

2009-05-31
雨のち晴れ

赤い東京シティノート

ゆりこ による 22:36:34 の投稿
カテゴリー: 日常生活,食べ物・料理
タグ: ,

ミシェランガイド東京2009ラグジュアリー・バージョンには赤いモレスキン手帳が附属
カイエのえんじ/ミシェランガイド附属の赤/通常のモレスキン赤はすべて色が異なる
レストランの情報を記録する用紙が100ページほどある

最近モレスキン (MOLESKINE) の手帳を使っているのですが、今日、「赤い東京シティノート」もとい「ミシェランガイド東京2009ラグジュアリー・バージョン」(3,465円) を入手しました。これは、美食ガイドである「ミシュランガイド」に、シティノート東京をベースにした、グルメガイドブックが附属しているものです。

シティノートシリーズはすべて黒い表紙ですが、これはミシュランガイドに合わせた赤色となっています。つまり「赤いシティノート」というわけです。ただし、フォーマットも「訪問したレストランの記録」に特化されています。なお、グルメガイドブックの赤色は、通常のレッドカバーモレスキン手帳の赤でもなく、カイエのえんじでもありませんでした。

別に、東京の料理屋だけを記録しなければならない決まりはないので、登戸周辺の店とかを記録していこうかと思っています。店の絵または写真を載せるスペースとして広い空白があるんですが、そうなると、以前は断念した PoGo が欲しくなってしまいますね ;-)

わたし的には、ミシュランガイド本体が「おまけ」なので、さらっと一通り見た程度で「ほとんどが1万円を越える高い店ばかりで縁がないなー」という印象でした。でも、店の紹介文の書き方は非常に参考になりますね。食べ物を文章で記すのは味覚と文章力の両方が問われるため、そう簡単なことではないのです。

Planner ページはレストラン訪問予定が書ける 地図はシティノート東京と同じ。池袋・世田谷・葛西などは載ってない
グルメ情報ページは5つのタブで好きな情報を分類して記録できる (ワイン/カフェ/甘味処/ベーカリー等) 料理と店の格付シールが附属

トラックバック・コメント »

コメントはありません。

上に戻る

※スパム対策プラグインの影響により、すぐにトラックバックが反映されない場合があります。お手数ですが、半日ほど待ってみてください。

コメント投稿

※発言の責任を明確にするため「名無し」「通りすがり」「匿名希望」等の匿名は不可とします。捨てハンドルでもいいので必ず名乗ってください。
XHTML (使えるタグ): <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> .
※スパム対策プラグインの影響により、すぐにコメント内容が表示されない場合があります。お手数ですが、半日ほど待ってみてください。

上に戻る