Yuriko.Net 個別記事

2009-11-22
晴れ

初代 MacBook を修理

ゆりこ による 15:32:21 の投稿
カテゴリー: アップル・Macintosh
タグ: ,
MacBook の修理報告書。6個の部品交換を行なった

MacBook の修理報告書。6個の部品交換を行なった

不調になっていた初代 MacBook の修理が完了しました。日曜日に依頼して土曜日の完了ということで、今までの修理では一番時間がかかっています。

で、修理内容を見てびっくり。ロジックボードとトップケースの交換は予想通りでしたが、それに加えて、バックライトインバーターケーブル、AirMac カード、ハウジングボトムケースまで交換されていました。相当なオーバーホールとなっており、見積り通りの修理金額 45,150円では持て余すぐらいの内容でした。そりゃ1週間かかりますね……。

システムプロファイラでは11a対応になっている

システムプロファイラでは11a対応になっている

一番驚いたのが AirMac カード交換です。初代 MacBook は、発売当初に発表されたスペックでは 801.11.b/g のみ対応だったはずなのに、修理後は 11a/b/g 対応になっています。これは、「もともとハードウェア的には 11a/b/g 対応で、OS のアップグレードにより 11a のドライバーが入った」のか、「修理によって 11a 対応のハードに交換された」のか分かりません……。ちょろっとウェブ検索しても、「初代 MacBook を Snow Leopard にしたら 11a が使えるようになった」という報告はないので、後者ではないかと思うのですが。

実はうちの家は周辺に 2.4GHz (11b/g/n) の無線 LAN アクセスポイントが多くて混信がよく発生しています。5GHz に移行したかったのですが、この初代 MacBook が 11a 非対応だと思って見送っていました。しかし、図らずも 11a 対応になったので、晴れて 5GHz (11a/n 共用) に移行することができます。修理してよかったーー。

トラックバック・コメント »

コメントはありません。

上に戻る

※スパム対策プラグインの影響により、すぐにトラックバックが反映されない場合があります。お手数ですが、半日ほど待ってみてください。

コメント投稿

※発言の責任を明確にするため「名無し」「通りすがり」「匿名希望」等の匿名は不可とします。捨てハンドルでもいいので必ず名乗ってください。
XHTML (使えるタグ): <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> .
※スパム対策プラグインの影響により、すぐにコメント内容が表示されない場合があります。お手数ですが、半日ほど待ってみてください。

上に戻る