2010年10月11日の投稿

2010-10-11
晴れ

20mm単焦点レンズを入手

ゆりこ による 23:59:54 の投稿
カテゴリー: カメラ
タグ: , , , , ,
AF Nikkor 20mm f/2.8D の写真を大きく見る

AF Nikkor 20mm f/2.8D と革ケース

昨日、カメラのキタムラで中古の広角単焦点レンズ「Ai AF Nikkor 20mm f/2.8D」を入手しました。D レンズで古い形式ですが現行品です。20mm は超広角レンズですが、D90 は APS-C フォーマットなので 35mm フィルムの焦点距離に換算すると30mmとなり、ふつーの広角レンズの画角になります。

先月初めに 35mm 単焦点レンズを入手しましたが、実際に街中スナップをしてみると「画角が狭い」と感じるようになりました。AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G のコンパクトさや明るさは素晴しく、写りも感動しますが、街中スナップをするにはちょっと物足りません。D90 のキットレンズである 18-105mm で広角側を使う手は、旅行とかではいいですが毎日持つのはちょっと大変です。コンパクトな広角単焦点が欲しくなるわけです。

ということで、20mm か 24mm をターゲットにしましたが、f値2.8 のものは D レンズが現行品です。新品は微妙に割高なので中古を狙い、新宿西口マップカメラ、中野フジヤカメラ、新宿西口カメラのキタムラを渡り歩くと、キタムラに 20mm と 24mm の両方がありました。両方試させてもらうと、20mm の方がフィーリングに合ったのでお買い上げとしました。またもクレジットカードの魔法 (ボーナス一括) を使ってしまいました;-) 元箱はありませんでしたが、革ケースが付属していました。今どきのレンズはソフトケースになってしまいましたが、昔のレンズはこういう革ケースに入っていましたよね。

試写を兼ねて11日開催の「第48回J2関東」に持って行きました。少しピントが甘い気がしますがウェブ向けに縮小すれば気になりません。色のりが非常にこってりしていますね。逆光にはまあまあ強く、夕日を正面から写しても光芒が綺麗に入りますし、ゴーストは出ますがフレアは少な目だと思います (ゴミ捨て場の画でごめんなさい)。

朝の二子橋の写真を大きく見る

朝の二子橋

多摩川河原の写真を大きく見る

多摩川河原の青空

夕方の多摩川河原ゴミ捨て場の写真を大きく見る

夕方の多摩川河原ゴミ捨て場。夕日の光芒が美しい

夕方の多摩川河原雑金属捨て場の写真を大きく見る

夕方の多摩川河原雑金属捨て場。フレアとゴーストはまあまあ出る