2011年2月04日の投稿

2011-02-04
晴れ

IANA の IPv4 在庫が枯渇

ゆりこ による 2011-02-11 16:17:10 の投稿
カテゴリー: ネットワーク
タグ:

インターネットの IP アドレスはまだ v4 が主流ですが、ついに IPv4 の IANA 在庫がなくなりました。IPv4 は大陸ごとの管理元に /8 ブロックごとに分配していますが、当初から、残り5ブロックになった時点で各大陸に /8 ブロックを1つずつ分配して終了という方針でした。2月1日には、最後の7つめ、6つめ (/8 ブロックが2つ) が APNIC (アジア地域の管理元) に分配され、残り5ブロックになったため「実質終了」となりました。そして、2月3日に当初方針通り、各大陸に /8 ブロックを1つずつ分配されたという次第です。

とはいえ、これは IPv4 アドレスの総元締めの在庫がなくなっただけで、各地域の管理元には分配された IP アドレスがあります。各地域では、ISP や会社・団体などの組織からの申請で IP アドレスを分配します。各地域での在庫はまだあります。しかし、近年はアジア地域での IP アドレス分配が非常に多く、日本はアジア地域に属していますから、日本は IPv4 の新規割り当てが不可能になる最初の国の1つになるのではないかと言われています。

IP アドレスはインターネットに接続するホスト1つ1つに割り当てられるものですが、通常は利用者が意識することはありません。今 IPv4 を使えている人は特に心配することはないでしょう。問題となるのは、新規にサーバーを設置するときや、ISP への接続数に上限ができてしまうことでしょう。IPv4 はサーバー用に優先して、単なるクライアントは IPv6 への移行が望まれますね。今どきの OS は Windows7 も Mac OS X も IPv6 に対応していますから、接続先のサイト側が IPv6 になればいいわけですが……。

なお、当 Yuriko.Net は IPv4 のままで IPv6 にするスケジュールは未定です……。サーバーの収容先に相談しないと。