Yuriko.Net 個別記事

2011-03-20
くもりのち雨

大分2日目は高崎山とラクテンチ

ゆりこ による 2011-04-24 01:54:50 の投稿
カテゴリー: カメラ,旅行,鉄道
タグ: , , ,
高崎山自然動物園の看板を大きく見る

高崎山自然動物園の看板は猿のシルエット

OSC 大分への出展が終わり、一泊後は友人と合流して大分周辺めぐりです。まずは高崎山の猿見物をしました。ここは自然に生息している猿が集まってくる場所です。餌を撒いて猿寄せをしていますが、飼育をしているわけではないので野生の猿なのです。

さるっこレールのエレベーター軌道を大きく見る

さるっこレールはあくまでエレベーター

猿寄せ場までは徒歩ルートと「さるっこレール」という乗り物があります。モノレールのように見えますが、実は斜行エレベーターです。つまり、鉄道 (索道) ではありません。実際、1台のかごが上下に移動するだけで、ケーブルカーのように2台の車両が行き違うわけではありません。

寄せ場では30分〜1時間ぐらいの間隔で餌付けが行なわれていて、しばらく滞在していれば見ることができます。餌付けのときは数百頭の猿が駆けてきて、それは壮観です。弱肉強食の世界で、αオス (ボスザル) が小猿の餌を奪うなど日常茶飯事だそうです。デジタルカメラ・フィルムカメラ両方で撮影しまして、リバーサルフィルム (エリートクローム 200) では暖かい画になりました。

餌付けで寄ってくる多数の猿を大きく見る

餌付けでは多数の猿が集まる

リバーサルフィルムで撮影した小猿を大きく見る

リバーサルフィルムで撮影した小猿



2009年にリニューアルされたラクテンチ入口を大きく見る

2009年にリニューアルされたラクテンチ

高崎山を降りて昼食を採り、別府に入ってラクテンチに向いました。ここは2回も経営不振に陥りましたが、なんとか営業が続いています。鉄道ファンにとってはアクセス手段と言えるケーブルカーも「鉄道の一種」であり、乗り潰しの対象となることがミソです。なんと、ケーブルカー乗り場には鉄道免許状が堂々と掲げられています。

ケーブル車両と鉄道免許状を大きく見る

ネコ型ケーブル車両と鉄道免許状

フラワー観覧車とケーブル軌道を大きく見る

フラワー観覧車とケーブル軌道



ラクテンチ名物あひるの競争レース場を大きく見る

ラクテンチ名物あひるの競争

あひる競争のゴール前を大きく見る

あひる競争は白枠が強かった

ラクテンチと言えばあひる競争が名物です。1回100円で当選したら景品が貰えます。わたしは3回も賭けましたが全部外れ。本日は白枠が本命だったようです。

残念ながら園内の桜はまだ開花していませんでした。さらに、15時ごろから雨が降ってきたため適当に園内を散策して16時過ぎには退散しました。乗り物が安く、景色もいいので、末永く営業してもらいたいものですね。

トラックバック・コメント »

コメントはありません。

上に戻る

※スパム対策プラグインの影響により、すぐにトラックバックが反映されない場合があります。お手数ですが、半日ほど待ってみてください。

コメント投稿

※発言の責任を明確にするため「名無し」「通りすがり」「匿名希望」等の匿名は不可とします。捨てハンドルでもいいので必ず名乗ってください。
XHTML (使えるタグ): <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> .
※スパム対策プラグインの影響により、すぐにコメント内容が表示されない場合があります。お手数ですが、半日ほど待ってみてください。

上に戻る