2011年7月02日の投稿

2011-07-02
晴れ

光ポータブルが戻ってきた

ゆりこ による 2011-07-05 03:46:30 の投稿
カテゴリー: モバイル・携帯電話,日常生活
タグ: , , , ,
イー・アクセスや白石警察署からの通知と返還された光ポータブル本体を大きく見る

イー・アクセスや白石警察署からの通知と返還された光ポータブル本体

先月11日に北海道で行方不明になった光ポータブルですが、白石警察署に届けられており、このたび回収することができました。

事の発端は6月11日のオープンソースカンファレンス北海道での懇親会の直後、光ポータブルが見当たらないことに発します。懇親会場では確実に使っていて、その後二次会にタクシー移動する途中で「あれ? ないぞ?」と気になり、二次会では WiFi を使う必要がなく「バッグの底に隠れてるんだろう」と推測して探さず、ホテルに帰着して初めて確実に「ない」ことが判明しました。

川崎に戻ってすぐ OSC 関係者メーリングリストに捜索依頼をかけました。OSC 北海道のスタッフにも呼び掛けてもらいましたが、なかなか出てきません。懇親会場であるアサヒビール園白石はまなす館に電話しても「該当の落とし物はない」という回答で、懇親会で使った会場のプロジェクターの付属品に紛れてないかを OSC 北海道現地スタッフさんに確認してもらっても出てきませんでした。

すぐには出てこないことから、北海道警察に電子申請で紛失届を出しました。最寄りの神奈川県警では紛失届を出してもらっても「あまり意味がない」ということでした。

1週間経過しても見つかる気配がありません。OSC 北海道の参加者の荷物に紛れ込んだとしても、荷物を改めるのに数日あれば十分なはずで、ちょっと時間がかかりすぎです。ひょっとして、誰かが「意図的にネコババした」のではないかと疑心暗鬼に陥ります。

6月16日、OSC 関係者メーリングリストで「出てこない状態が続くなら盗難届に切り替える」という宣言を出してしまいました。びぎねっとの宮原さんから「よく考えてくれ」という言葉を頂き、WordBench 関係者からも「本当に盗難届が出されたら、返却するより廃棄処分して知らんふりする可能性が高い」という助言ももらいまして、盗難届を出すのは先送りとしました。

わたしとしては、盗難届にすることによって、イー・モバイルに捜査令状を出し、光ポータブルの通信履歴を取得することで現在地を検出する狙いがありました。ヤフオクとかで売り飛ばしたとしても光ポータブルの IMEI 番号から捜索することも可能だと考えたのですが……。

ところが、6月21日、イー・モバイル (イー・アクセス株式会社) から「白石警察署に通信端末が届けられている」と通知が決ました。どうやら警察に遺失物として届けられ、SIM の ECC 番号をイー・モバイルに照会して契約者に通知された、というルートのようです。

その後、白石警察署の会計課 (拾得物はここが担当) と連絡を取り、郵送してもらう手続きを進め、本日ゆうぱっくで届いた、という顛末です。届出者が謝礼の権利を放棄されていたため、連絡先は通知されませんでした。なにはともあれ、見つかって何よりです。捜索に協力してくださったみなさま、ありがとうございました。そして、届けてくださった方、ありがとうございました。届けた決断に感謝します。

この光ポータブル、行方不明になるのは実に3回目です。1回目は去年10月の WordCamp Nagoya の会場で紛失し、後日、名市大から郵送してもらいました。2回目は今年2月の OSC 香川の帰りに空港ゆきリムジンバスの車内に忘れてしまいました。運転士がすぐに気がついて、空港ビルの案内カウンターに届けてくださっていたため、すぐ受け取ることができました。3回目が今回の北海道というわけです……。情けない。

なくしてもすぐ出てくるよう、連絡先を書いたシールを電池ボックスの蓋に貼ろうと思っていたのですが、まだ貼ってませんでした。今回はすぐにシールを作って貼ったので、失くしてもすぐ出てくることが期待できます。