ふりひらカテゴリーの投稿

1999-07-04

自由が丘でお茶会

カテゴリー: ふりひら

ふりひら服好きのたえちゃんと自由が丘でお茶会をしました。たえちゃんは、わたしのネットの知り合いのいとみかさんの友人です。ふりひら服が好き同士を会わせようという、いとみかさんの企画です。

わたしもは用事があったのでカジュアルな格好で来てしまいました。なんと、たえちゃんどころか、いとみかさんまでふりひら服でした。うーん。こんなことならふりひら服着てくればよかった。

いとみかさんは、たえちゃんに着せられた、という感じでちょっと着なれてませんでした。でも小柄なのでよく似合ってました。

[女の子3人:-)]

3人で自由が丘のベーグルカフェに行きます。ここで昼ごはんとして美味しいベーグルをいただきました。ベーグルとは、ドーナツ型のパンみたいなものです。ランチセットで、ベーグルにサラダとスープが付いてきました。

このあとは、たえちゃん姉と合流して4人で自由が丘のおしゃれなお店を回ります。この街にはふりひら服が良く合いますね。さいごに記念撮影をして別れました。またお茶しましょうね。

1999-06-20

サンリオ・ピューロランド

カテゴリー: ふりひら

九州から西田ゆきえちゃんが関東に来たので、多摩センターにあるサンリオ・ピューロランドに行くことにしました。月瀬えりかちゃんも加えて3人で遊びました。たまたま、ピューロランドの入場料割引券も手に入ったので、安く済んでうれしい。

[3段ふりひらドレス]

まず、多摩センター付近で撮影会です。この日は風がきつくてちょっと寒かったです。わたしは、奮発して購入した新作3段ドレスを披露します。夏っぽくていいでしょ?

しかし、えりかちゃんは前日の飲み会の疲れが残っていて、気分がすぐれない様子。大事をとって早めに帰ることになりました。

ということで、ピューロランドにはゆきえちゃんと2人で入りました。めざすは、キティズハウス。ここはハローキティのお家で、家中がキティグッズという、キティ好きにはたまらない場所です。

ここでは、料理してみたり、ピアノ引いてみたり、お化粧直したりしました:-)

[料理したり]
[ピアノひいたり]
[お化粧直したり]

[キティちゃんと]

出口では、キティちゃんやダニエルくんといっしょに写真がとれます。わたしたちとキティちゃんたちは服の色がそろってていい感じでした。

1999-04-04

お花見

カテゴリー: ふりひら

[津久井湖]

この4月から関東に移住しました。関東にはちょくちょく遊びに来てますが、生活するのは初めてです。世間はちょうど花らんまんの季節。そこで、月瀬えりかちゃんとふりひら服で花見に行くことにしました。

[えりかと百合子]

クルマで津久井湖まで来ます。この日はちょうど満開で、たくさんの花見客が来られてました。えりかちゃんを見て「お人形さんみたい」と言って、写真をとられてしまいました。

[野鳥観測所で]

ちょっと外れたところで撮影会をします。湖が見えるところで、とても静かなところです。なるほど、野鳥観測所なのでした。

ふりひら服は、こういう自然の中によく合います。

1998-11-29

ミナト神戸

カテゴリー: ふりひら

神戸のさいこちゃんと港で撮影会をしました。

[日本丸の勇姿]

この日は帆船・日本丸が停泊していました。風の力だけで走るのですからすばらしいものです。


[市バスの前で]

[岸壁で]

おしゃれなバスの前で写真をとってみたり、岸壁で写真をとってみたり、


[コンチェルト前]

船の前で写真をとってみたりしました。この日は風がきつくて、さいこちゃんはちょっと寒そうにしてました。だから、わたしの赤ブルゾンを着せてあげました。


この後は別の約束があって、清水寺のライトアップを見に行きました。写真はできがいまいちなのでパス。

1998-11-01

日本ピンハ化計画2〜計画第弐段階〜

カテゴリー: ふりひら

カネコ系服ファンサークルイベント「日本ピンハ化計画」にサークルを作って参加しました。

去年から始まった「日本ピンハ化計画」ですが、今年は大胆にもサークル参加しました。冊子を作って販売する予定でしたが、時間が足らず、無料ペーパーを作るだけに留まりました。でも、ブースには委託販売の冊子やくまぬいぐるみなど色とりどりなアイテムを並べることができました。

[ブランコで寝る百合子]

作ったサークルは「くまくまくらぶ」。ピンクハウス好きな男の子のサークル、という前代未聞のサークルです。他のサークル参加者や一般参加者の反応は悪くありませんでした。「好きやったら着てもええやん」という考えの人が多いのでしょう。

わたしは無料ペーパーの作成で徹夜ししたので、もうふらふらです。近所の公園でひと休みしましたが、寝てしまってますね……。

会場には撮影用に赤幕や黒幕が用意してあって、本格的な撮影ができるようになっていました。くまくまくらぶのサークルメンバーはがんばって撮影会にいそしんでいました。わたしはダウンしていて参加せずです。


イベント終了後に公園で撮影会。くまくまくらぶのメンバー勢ぞろいです。

[くまくまメンバー集合]

この後は心斎橋にくり出して、ピンクハウス心斎橋店やピンハ系リサイクルショップ「プチアンジュ」に寄ります。定番コースですね。プチアンジュでは、安さのあまりふりひら服を買うひとが続出。店のおばちゃんは大わらわでした。

そして、近所のレストランでお食事会となりました。総勢 12 人と大所帯になってしまいました。遠方から来た方は、夜の大阪を楽しまれましたが、わたしは疲れていたので早めに帰りました。

1998-07-16

北野職人のまち

カテゴリー: ふりひら

たまたま神戸に行く用事があったので、北野小学校跡につくられたばかりの「北野職人のまち」に行ってみました。

あいにく雨が降っていましたが、そこそこお客さんがおられました。平日でしたが、オープンしたばかりなので近所の人が多かったのでしょう。

北野小学校は明治時代に建てられた建物で、洋風のいい雰囲気の建物です。震災で児童数が減ってしまったので閉校となりましたが、建物は残されて「北野職人のまち」として生まれ変わりました。神戸の名産品などを実演販売しています。小学校の由緒ある建物とあいまって北野の新名所となるでしょう。洋菓子がおいしくておすすめです。

この日はロンドンバスの展示もありました。バスもいい作りをしています。

[バスに乗る百合子]

1998-06-21

あじさい撮影会

カテゴリー: ふりひら

6 月はあじさいの季節。神戸のさいこさんのお誘いで、六甲の「森林植物園」まであじさいを見に行きました。滋賀のふりひら娘である舞阪恵さんといっしょに 3 人で行きました。

あいにく当日は大雨。ふりひら服を着ていったのは失敗だと悟ります。

森林植物園には、三宮から市バスで行きます。ドライブウェイを通って山を登ります。現地に着くころにはますます雨がひどくなります。雨だというのにわりと人がいます。正門近くの休憩所でお昼にしようと思いましたが、場所が空いてません。しかたなく、雨の中を別の休憩小屋を探して歩きます。

[一面のあじさい]

なんとか空いてるところを見つけてお昼にします。今回はちらしずしと小芋煮を作ってきました。両方ともおいしく頂きました。

ごはんを食べ終わると雨が収まってきたので、園内をまわります。

一面に咲くあじさいがとても美しいです。


[さいこと百合子]

あじさいを背景に写真を撮ったりします。すそが汚れると嫌なので、スカートをまくってます。ちょっと格好悪いけど、仕方ない……。

あじさいの他には、野鳥の園に行って野鳥を見たりしました。池に浮かぶ鴨がかわいかったな。


3 時間ほどで園内をまわって、正門近くの休憩所に戻りました。やはり服がだいぶ濡れてしまいました。うーん。残念。

雨の中、案内してくれたさいこさんには感謝です。今度は晴れてるときに行きましょう。

1998-06-13

ふりひら関東遠征

カテゴリー: ふりひら

関東にでかけて、ふりひら服を来たりして遊びました。青木翔子さんと舞阪恵さんと3人で出掛けて、関東でさらに多くの人と合流しました。


6月13日

[カジュアル服の百合子]

12 日の夜に京都駅から深夜バスに乗ります。ふりひら服を持っていくので荷物が多いです……。

朝早くに新宿駅に着いて軽く食事した後、電車で月瀬えりかさんの家に寄ります。今回はえりかさん宅で1泊させてもらうのです。

4 人とも女の子服に着替えます。わたしは汗かきなのでカジュアル服にしてしまいました。

[エプロンドレス試着]

クルマで多摩そごうのピンクハウスに行きます。ここはえりかさんの馴染みの店なのです。みんなを紹介してもらって、店でくつろぎます。えりかさんは、白のエプロンドレスを薦められて買うてしまいました。


多摩そごうで小倉みかげさんと合流して昼ごはんを頂いた後、八王子東急のピンクハウスに行きます。ここは小倉みかげさんの馴染みの店だそうです。みんな小物をいろいろと買われました。わたしもポーチとハンカチをゲット。

またまた多摩センターに戻って、今度は夕食にします。ふりひら服着てるあやしい集団でしたが、レシートは女性 5 人となっていて謎でした。

その後は、小倉みかげさんとみかげさん宅に泊まる恵さんと別れて 3 人でえりかさん宅に帰ります。

上に戻る


6月14日

この日は蒲田で開かれる「PHコミケ」に行きます。ピンクハウス系統の服の同人誌即売会というわけです。

ところが、3 人とも昼頃まで寝過ごしてしまいました。ごはんも食べずにさっさと着替えて出掛けますが、外はどしゃ降りで大変です。電車を乗り継いで蒲田に着いたのはイベントの終わる直前の 15 時になってしまいました。

PHコミケにはみかげさんのサークルが参加されていました。残念ながら売上はたいしたことなかったようです…。ここで、九州から西田ゆきえさん、大阪の瞳子さんらと合流しました。

イベントにはふりひら服を着た方が多く来られていました。当然女性がほとんどなのですが、ふりひら服を着た男性(身体的には)がたくさん集まったのは快挙でしょう ;-)

[ふりひら服集合]

イベント終了後も外はどしゃ降りなので、建物内でふりひら服の撮影会が行われていました。わたしはおなかが空いててダウンして、ほとんど撮っていません……。

撮影会が一段落すると、われわれのグループは品川に移動して食事にします。店員さんの服がかわいいと評判の品川アンミラです。実際とってもかわいい服で、わたしも着たくなってしまいました ;-)

深夜バスの出発まで時間があるので、トランスジェンダー関係の雑誌「ひまわり」の編集部に遊びに行くことになりました。編集長のキャンディミルキィさんは、ふりひら服の集団が押し寄せてきたのにうれしい悲鳴をあげておられました。「写真撮らせてください」とうまく雑誌のネタにもされてしまいましたし。

写真撮影に時間をかけていると、バスの出発時間が迫ってることに気づきました。慌てて着替えてなんとかバスに間に合う最終電車に飛び乗りました。しかし、わたしはカサを忘れていました…。ああどんくさい。

(カサは、7 月に東京に行く用事があったので回収できました)

どうもバタバタした遠征でしたが、いろんな人と出会えて楽しかったです。お世話になったみなさんありがとうございました。

1998-05-24

ピンハ服ショッピング

カテゴリー: ふりひら

6月13-14日に関東方面に出掛けるので、その時に着る服を調達しに大阪に出かけました。当然、女の子モードで出掛けます。

[PH心斎橋前で]

とりあえず、心斎橋のピンクハウスに寄ります。新品は高いので見るだけです ;-)

ただ、小物とか T シャツなどは、そんなに高くないし古着屋にはあまり出ないので、新品を買うのが正解でしょう。

[古着屋で試着]

そして、ピンクハウス系の古着屋に寄ります。ここで、ふりふりなワンピースと白オーバーブラウスを試着してみました。かわいいでしょ?

結局、これを買うことにしました。古着とはいえ、結構いい値段がします。このまま着て帰ろうかと思ったんですが、雨降りそうで濡らしたくなかったので、最初着ていたカジュアル服に着替えて帰りました。

1998-05-03

大阪ピンハ巡り

カテゴリー: ふりひら

東京のピンクハウス娘・月瀬えりかさんが、関西に来訪されました。この日は、大阪のピンクハウス系統のお店を巡りました。

神戸のピンクハウス娘・神戸さいこさんと 3 人で、阪急梅田駅で待ち合わせします。えりかさんとさいこさんは二人とも赤いふりひら服です。わたしは、ピンクのワンピースでした。さすがに、ふりひら服が 3 人集まると壮観です (^^;

梅田でお昼にしてから、阪急百貨店の Pink House World に行きます。連休中なのに阪急は満員でした。

さらに、アクティ大阪の Wonderful World に移動します。ここには、熊のぬいぐるみが付いた服がありました。かわいい〜。

[心斎橋を歩く]

それから心斎橋に移動して、ピンクハウス巡りは続きます。

まずは、大丸横の Pink House World へ。ここは店も広くて見やすいです。入口付近でたくさん写真を撮りました。


[えりかとさいこ]
[えりかと百合子]

その後、大阪のピンクハウスフリークの相田翔子さんと合流して、ピンクハウス系服の古着屋さんに行きます。この古着屋さんは、男の子もよく来るらしくそういう人に理解があります。「こういう (ふりひら) 服好きなのは、男女関係ないからね。」と言うたはるぐらいです。

ここでは、えりかさんが青いワンピースを、わたしはピンクのバッグやコサージュを買いました。

さらに、心斎橋筋の KANEKO ISAO を見ます。MEN’S KANEKO ISAO がたくさん入ってました。

そろそろ外も暗くなってきたので、晩ごはんとします。パスタ屋さんでおいしいパスタとピッツァを頂きました。

その後は、天六のミステリースポットへ。ここは女の子の格好をする趣味の人が集まるバーです。どんな服持ってるとか、親に趣味がばれた話とかで盛り上がっていました……。

さいこさんは、いつもごとく濃い歌を熱唱されてました。

終電が迫ってきたので、22 時半ごろには退散しまいました。えりかさんはさいこさん家に泊まるらしく、もうちょっと遅くまでおられたようです。