鉄道カテゴリーの投稿

2012-03-01
晴れ

JR北海道の支店で青春18きっぷを購入

ゆりこ による 23:59:28 の投稿
カテゴリー: 鉄道
タグ:
2012-01-09
雪

由利高原鉄道に乗車

ゆりこ による 23:59:07 の投稿
カテゴリー: 旅行,鉄道
タグ:

(あとで書く)

2011-07-23
晴れ

リニア・鉄道館を見学

ゆりこ による 2011-08-02 03:17:00 の投稿
カテゴリー: 鉄道
タグ: ,

この週末は名古屋での用事です。土曜午前中は金城埠頭にオープンしたリニア・鉄道館に行ってみました。JR 東海が飯田線沿いに作っていた「佐久間レールパーク」で展示した車両の大半を移設し、リニア新幹線の展示を強化した施設です。夏休み期間ではありましたが、早い時間帯に到着したので比較的空いていました。

リニア・鉄道館での車両展示の様子を大きく見る

建物内に展示されている車両は、リニア新幹線・700形新幹線・ドクターイエローなど新型車両から、少し古い在来線特急車両、相当旧型の急行列車や蒸気機関車・客車まで展示されています。

その他、1F には新幹線の運行の仕組み紹介、自動券売機の体験、鉄道の歴史紹介、列車シミュレーターなどがあります。列車シミュレーターは別料金かつ予約制で、入場記念カードに抽選券がついているので、各自抽選箱に入れる仕組みです。1日4回抽選がありますが、N700のぞみ体験・在来線車掌体験は1回 (2時間枠) あたり8人しか当選しないという、狭き門です。在来線運転シミュレーターは枠が多いのですが、モノは「電車でGO」とあまり変わらない気がします……。

硬券用の活版を大きく見る

2F は鉄道の仕組みを学べる展示があり、車輪や車体の構造などを分かりやすく学べます。車輪の模型をカーブする軌道に転がせて、「どの形ならばうまくカーブを曲れるか」を見せているのは、鉄道初心者にとって分かりやすいですね (鉄道博物館にもありますが……)。歴史コーナーは2Fにもあって、硬券を作る型はきっぷマニアには見物だと思います。

2F には駅弁販売コーナーと飲食コーナーがあります。これが分離されているということは「弁当を持ち込んで食べてもいい」というわけですね。中のレストランで儲けようとしないお財布に優しい仕掛けはびっくりです!! 東海地方は「ケチ」なのでこうしないと客が来ないんでしょうか??

2011-06-12
晴れ

北海道3日目は帯広巡り

ゆりこ による 2011-06-30 03:17:45 の投稿
カテゴリー: カメラ,旅行,鉄道
タグ: , , , , ,

北海道旅行3日目は帯広です。去年は旭川空港から帰ったので今年は帯広空港から帰ることにしました。どこを見るかは直前まで悩みましたが、札幌から特急で移動しても10:40着ということで、まずは市内で豚丼・六花亭本店・柳月本店を巡り、それからばんえい競馬見学を入れて、愛国駅→幸福駅と経由して空港に向うことにしました。

帯広ゆきスーパーとかち1号を大きく見る

帯広ゆきスーパーとかち1号

まずは札幌からスーパーとかち1号に乗ります。帯広まで2時間40分弱です。運賃と特急料金で7120円もしますし、JR北海道は先日列車炎上事故を起こしたばかり。ちょっと不安でしたが、3000円の高速バスでは帯広着が12時になってしまい時間がもったいないので、やむなく特急です。

やはり車内はガラガラで、新さっぽろや南千歳で少々乗車があるものの、乗車率10%ぐらいでした……。千歳線は非常に飛ばしますが、石勝線は行き違いもあって比較的ゆったりした走りでした。

帯広豚丼の発祥「ぱんちょう」の豚丼(梅)を大きく見る

帯広豚丼の発祥「ぱんちょう」の豚丼(梅)

帯広に到着して、軽く市内を回ったあと、豚丼発祥の店「ぱんちょう」に入ってみました。11時開店の直後に行ったにかかわらず満席で、かろうじて1人だけ入ることができました。肉の量で値段が異なり、「華」が一番多く、その次がなぜか「梅」です。肉厚でジューシーな豚肉は食べごたえがありました。味付けは甘みが控え目で、かなり好みに近い味でした。

第5レースで先頭を駆ける9番ゴールデンバージ号を大きく見る

第5レースで先頭を駆ける9番ゴールデンバージ号

豚丼の後は帯広競馬場に移動してばんえい競馬を鑑賞しました。帯広バスターミナルで、往復のバス運賃+入場料+おみやげ+とかちむら割引券がセットになったチケット500円があったので、それを購入しました。バラバラで購入すると、バスが190円x2、入場料100円、おみやげは缶入りお茶なので、お茶の分だけ (約80円) 得することになりますね。

スタンドもありますが、迫力ある競争を撮影するには間近で見られるエキサイティングゾーンがベストです。大砲のような望遠レンズがついたカメラを持った人も多数で観光名所となっているようです。

競争を1つ見学してからは馬券も購入してみました。第5レースは老馬ながら人気のある「ゴールデンバージ」が出走し、見事に勝利しました。しかし、一番人気だったので、「当たってもつまらない」ということでわたしは9番を含む券を買わなかったんですよね……。

第6レースを見てから撤収し、市内に戻りました。柳月本店と六花亭本店をハシゴして土産のお菓子を購入してから、いよいよ広尾ゆきバスに乗車です。

愛国駅に静態保存されているSLを大きく見る

愛国駅にはSLが静態保存されている

帯広15:30発の広尾ゆきバスに40分ほど乗ると愛国駅に到着しました。きちんと「かつての愛国駅が見えます」というアナウンスが入るのは親切です。駅舎や周辺の「愛国から幸福ゆききっぷ」のモニュメントなどはきれいに整備されていますが、土産物屋などは閉店してしまっています……。次のバスまで1時間あったので愛国小学校や愛国神社に寄ろうと思いましたが、思いの外遠かったので途中であきらめて戻ってきました。

幸福駅の駅舎と幸せの鐘を大きく見る

幸福駅の駅舎と幸せの鐘

5分ほど遅れてきた17:21発のバスに20分ほど乗車して幸福駅に移動しました。20年ほど前に訪問したことがありますが、ほぼ雰囲気が変わっていないのは感動でした。ここは土産物屋が営業していて、さまざまなサイズや形状の記念きっぷが売っています。本物に近いサイズの硬券から、大きく延ばしたもの、木の板で作ったものなど、いろいろあります。「幸福という駅名に因んで鐘も設置されており、時折カップルが鳴らしていました。

ここでは30分ぐらいしか滞在できず、すぐ空港ゆきバスに乗りました。そう、幸福駅は国道から空港に向う道路の途中にあるので、空港バスの乗り場から近いのです。

空港では時間があまりなく、夕食を食べる時間がありませんでした。しかし、帯広のもう1つの名物である「牛トロ丼」は空港になかったのであきらめもつきました;-)

そして、19:05 の羽田ゆき飛行機で帰還しました。ちょうど日没の時間だったのですが、運悪く左側の席に座ってしまったため、日の入りを撮影することができませんでした。帯広空港は基本的に南側に離陸するので、落日風景を見るには左側に座らないといけないのでした。うーん残念。

2011-05-28
雨

新装なった大阪駅を堪能

ゆりこ による 2011-06-29 17:31:30 の投稿
カテゴリー: 日常生活,鉄道
タグ: ,

5月4日にオープンした大阪ステーションシティを堪能しました。4日開業日に大阪を訪問していますが、入場制限がかかったため見学をあきらめました。28日は雨天ということもあって人出が少なく、ゆっくり見ることができました。

大阪駅の南北のビルのできた屋根を大きく見る

大阪駅の南北のビルの間に屋根が

屋根の下にある時空の広場を大きく見る

屋根の下には時空の広場


大阪駅の最大の特徴は南北のビルの間にかかる大屋根でしょう。ヨーロッパの駅を思わせるような開放感は、他の日本の駅を圧倒しています。しかし、雨天時で風が強いときは雨がホームに吹き込むという難点もあるようで……。今日も雨天ですが、風はあまりきつくなかったのでホームで傘をさす必要はありませんでした。

駅ビル北側1Fにできるバスターミナルを大きく見る

桜橋駅のバスターミナルは駅ビル北側1Fに移転

バスターミナルは6月1日から桜橋口から駅ビル北側に移転します。乗り場は10箇所に大増設されます。東側 (ヨドバシカメラ側) から西側への一方通行になっていることもあって、高速バスのスムーズな運行ができそうです。

ワイアードカフェのテラス席での食事を大きく見る

ワイアードカフェのテラス席にて食事

昼食は Lucua 7F にあるワイアードカフェにしました。ここはテラス席があり、時空の広場や大屋根を見ながら食事ができます。無線 LAN も提供されているので、MacBook を使ってゆっくり過すこともできます。本当は iPad2 あたりを置きたいところですが、注文しているものの届いてないのです……。

2011-05-06
晴れ

大和高田でリバーサル即日現像

ゆりこ による 2011-06-28 03:08:00 の投稿
カテゴリー: カメラ,鉄道
タグ: , , , , ,

5月2日からの会津旅行および飛行機離着陸撮影でリバーサルフィルムを3本撮影しましたが、4日に寄った神戸では現像を出しそびれました。御影まで行くと即日現像できる店があるらしいのですが、三宮やハーバーランド周辺では即日できる店はないようです。

しかし、コダックE-6会加盟店リストを見ていると、大和高田に「メモリーハウスMiki」というお店があることが分かりました。E-6会ですから即日現像できると予想できます。実家の部屋から10年以上前に撮影したカラーネガフィルムも発掘し、これもついでに持っていくことにしました。

メモリーハウスMikiの外観を大きく見る八木駅から高田までは急行で1駅5分。オークタウンを通り抜けてすぐ南側に店はありました。店主はフィルムに詳しそうで、10年以上前のネガフィルムを見せると「これはかなり古いですねーー」と即答されておられました。

驚くべきはフィルムキャンしてCDにする料金が安いことです。リバーサル現像スリーブ仕上げ700円は普通ですが、CD化がプラス300円でできるということでした。カラーネガ現像は600円+CD化が200円。ヨドバシカメラ経由KJイメージングの HotAlbum だとDVD化が600円しますから、半額以下ですね。これは良心的。なお、カラーネガは「像が出るか分からない」ことから同時プリントは頼みませんでした。

カラーネガフィルムは3本中2本がなんとか現像できましたが、1本は完全に灰色になってしまいました。これはCD化されず、現像代だけとなりました。あまりに古いフィルムを持っていったから現像液が痛んでなければいいのですが;-)

現像できたフィルムのうち1本は、南海水軒駅・名鉄吉良吉田駅・神岡鉄道などを撮影したものでした。おそらく1996年8月の撮影と思われます。無修正でそのまま掲載しましょう。

南海電鉄水軒駅のホームと列車を大きく見る

今はなき水軒駅に止まる列車

吉良吉田に止まる特急津島ゆきを大きく見る

吉良吉田に止まる特急津島ゆき

神岡鉄道おくひだ号を大きく見る

今はなき神岡鉄道のおくひだ号

神岡鉄道車内のいろりを大きく見る

神岡鉄道は車内にいろり

2011-03-20
くもりのち雨

大分2日目は高崎山とラクテンチ

ゆりこ による 2011-04-24 01:54:50 の投稿
カテゴリー: カメラ,旅行,鉄道
タグ: , , ,
高崎山自然動物園の看板を大きく見る

高崎山自然動物園の看板は猿のシルエット

OSC 大分への出展が終わり、一泊後は友人と合流して大分周辺めぐりです。まずは高崎山の猿見物をしました。ここは自然に生息している猿が集まってくる場所です。餌を撒いて猿寄せをしていますが、飼育をしているわけではないので野生の猿なのです。

さるっこレールのエレベーター軌道を大きく見る

さるっこレールはあくまでエレベーター

猿寄せ場までは徒歩ルートと「さるっこレール」という乗り物があります。モノレールのように見えますが、実は斜行エレベーターです。つまり、鉄道 (索道) ではありません。実際、1台のかごが上下に移動するだけで、ケーブルカーのように2台の車両が行き違うわけではありません。

寄せ場では30分〜1時間ぐらいの間隔で餌付けが行なわれていて、しばらく滞在していれば見ることができます。餌付けのときは数百頭の猿が駆けてきて、それは壮観です。弱肉強食の世界で、αオス (ボスザル) が小猿の餌を奪うなど日常茶飯事だそうです。デジタルカメラ・フィルムカメラ両方で撮影しまして、リバーサルフィルム (エリートクローム 200) では暖かい画になりました。

餌付けで寄ってくる多数の猿を大きく見る

餌付けでは多数の猿が集まる

リバーサルフィルムで撮影した小猿を大きく見る

リバーサルフィルムで撮影した小猿



2009年にリニューアルされたラクテンチ入口を大きく見る

2009年にリニューアルされたラクテンチ

高崎山を降りて昼食を採り、別府に入ってラクテンチに向いました。ここは2回も経営不振に陥りましたが、なんとか営業が続いています。鉄道ファンにとってはアクセス手段と言えるケーブルカーも「鉄道の一種」であり、乗り潰しの対象となることがミソです。なんと、ケーブルカー乗り場には鉄道免許状が堂々と掲げられています。

ケーブル車両と鉄道免許状を大きく見る

ネコ型ケーブル車両と鉄道免許状

フラワー観覧車とケーブル軌道を大きく見る

フラワー観覧車とケーブル軌道



ラクテンチ名物あひるの競争レース場を大きく見る

ラクテンチ名物あひるの競争

あひる競争のゴール前を大きく見る

あひる競争は白枠が強かった

ラクテンチと言えばあひる競争が名物です。1回100円で当選したら景品が貰えます。わたしは3回も賭けましたが全部外れ。本日は白枠が本命だったようです。

残念ながら園内の桜はまだ開花していませんでした。さらに、15時ごろから雨が降ってきたため適当に園内を散策して16時過ぎには退散しました。乗り物が安く、景色もいいので、末永く営業してもらいたいものですね。

2010-12-18
晴れ

鶴見線の猫と夕焼け

ゆりこ による 2010-12-21 02:16:46 の投稿
カテゴリー: カメラ,鉄道
タグ: , , , , , ,

9日に入手した NIKKOR 28-300mm の試写および鶴見線・南武支線80周年記念パスの実乗を兼ねて、鶴見線を乗ってきました。鶴見線・南武支線は京浜工業地帯を走る通勤路線および貨物路線です。旅客列車は朝夕に集中していて昼間は少ないこと、また、貨物列車も頻繁に走ることが特徴です。

昼すぎまで寝ていて出遅れ気味でしたが、浜川崎駅や浅野駅の乗り継ぎが悪いことにめげずに乗ったところ、運よく海芝浦で素晴しい夕焼けに出会うことができました。作例は鶴見つばさ橋東京電力東扇島火力発電所の煙突です。浅野駅での待ち時間には猫撮りも試してみました。

※作例はレベル調整などフォトレタッチを行なっています。

浅野駅ホームに居着く黒猫の写真を見る

浅野駅ホームに居着く猫のうちの1匹

首都高湾岸線の鶴見つばさ橋の写真を大きく見る

首都高湾岸線の鶴見つばさ橋は美しい斜張橋

東京電力東扇島火力発電所の煙突写真を大きく見る

東京電力東扇島火力発電所の煙突は鉄骨で支えられている

2009-09-23
晴れ

HT-03A の地図アプリで現在地追跡

ゆりこ による 21:20:21 の投稿
カテゴリー: モバイル・携帯電話,鉄道
タグ: ,

HT-03A モニター記事を全部見る。

今日は奈良から川崎に帰還しましたが、その途中で HT-03A の地図アプリで現在地のトレースを行なってみました。120km/h 以上のスピードが出る近鉄特急でも、ほぼ正しい追跡を行っていました。むしろ、スピードが落ちる場所の方が不正確でした。サンプルとして、伊勢中川駅付近の特急専用短絡線を通る様子を動画でお伝えします。

動画を再生

中川短絡線の通過をHT-03Aの地図アプリで追跡 (MPEG-4 形式 10.4MB)

携帯向け動画 (3GPP2 形式 680KB)

[追記] デイリーポータルZでは、iPhone の地図アプリ + 新幹線で同じことやってました。

2009-04-30
晴れ

ひたちなか海浜鉄道ウェブサイトが NetCommons 採用で改悪

ゆりこ による 06:08:16 の投稿
カテゴリー: ソフトウェア,鉄道
タグ: , , ,

今年4月で開業1周年を迎えたひたちなか海浜鉄道ですが、同じタイミングで WordPress から NetCommons に変更されていました。リニューアルは、社長の記事に頼ったブログ・スタイルから、多様なニーズに応えられるようにするのが目的だそうで、それは非常に結構なことだと思うのですが、CMS エンジンの変更によって URI 体系が変更になったことが残念でなりません。

まず、「クールなURIは変わらない」の大原則に反しています。もともと、WordPress 構築時代に、デフォルトのパーマリンク (?p=NNN とか ?page_id=NN とかのクエリーを使うタイプ) にしていたのが失敗なんですが、もし、/2009/04/29/1st-aniv/ とかのパーマリンク体系にしておけば、多くのブログツール/CMS エンジンで再現できたはずです。

で、現サイトはどうかというと、各ページの URL は http://www.hitachinaka-rail.co.jp/htdocs/index.php?action=pages_view_main&page_id=18 のように、動的なクエリーを使ったものとなっています。これまた NetCommons の仕様に縛られる URI 体系なわけで、「クールな URI」に反したものとなっています (NetCommons 以外の CMS にしたら、また URI 変更となる)。せっかくリニューアルするんですから、「100年経っても変わらない URI」にしてもらいたかったです。

次に残念なところは、携帯ページが貧弱になったことです。NetCommons 自体は携帯表示機能がありますが、悲しいことに、イー・モバイル音声端末、Windows Mobile スマートフォンやゲーム機等に対応していません (マイナーなので仕方ないとも言えますが、Ktai Style はマイナーなものにも対応しているのです)。さらに、NetCommons の携帯判定が相当ヤバイという問題があります!! PEAR の NET_UserAgent_Mobile をもとに、独自の IP アドレス判別ルーチンを通して、携帯ネットワーク外からのアクセスを除外しています。携帯の契約者 ID などをもとにした簡単ログインを実装するならば、IP アドレスの判別は必須ですが、閲覧だけやID・パスワードログイン機能だけならば IP アドレス判定は余計です。何より、NetCommons の最新版 (2.1.0.1) に同梱されている html/maple/nccore/MobileCheck.class.php の IP アドレスリストは「IPチェック(調査日 2008.04.11)」という代物で、これでは使いものになりません。IP アドレスチェックを機能として盛り込むならば、2か月〜半年に1回はアップデートが必要です。ごく最近では EZweb が2009年3月10日に IP アドレス帯域を削減し、NTT ドコモは今年9月ごろに IP アドレス帯域を増やすことを予定しています。IP アドレスを削減した場合、これらの帯域が ISP などに再割り当てされたときにセキュリティーを担保できません。逆に、追加された IP アドレスからの閲覧者は、携帯電話から見ているにかかわらず PC からと判定されて、パケット量が膨大な PC ページに飛ばされてしまうのです!! これでは安心して閲覧できません。

はっきり言うと、マトモなパーマリンクが作れず、携帯端末判定が正しくできない NetCommons は捨て去った方がいいでしょうね (少なくとも、公開ウェブサイト用としては)。国立情報学研究所だったら「クールな URI」の概念くらい常識だと思うんですが、そんなにセンスないところなのでしょうか?? 内輪向けのグループウェアとして使うならば URI は動的でもいいと思うんですが、NetCommons はもっと広い用途を想定していますよね? あと、定数使いまくり、*.ini というファイルありまくりなのもダサくて仕方ありません。→元が XOOPS らしく、このダサさは XOOPS 起源なのかも?→Maple の仕様が理由っぽいです。

[追記]URL 短縮ハックがあるようです。ただし「html」という拡張子が付くのがいまいちですね ;-) 質問者も、SEO とかじゃなくて URI の永続性についてツッコマないと!!

[もう1つ追記] NetCommonsで作る、魅力あふれる学校サイト (PDF) という論文を見つけたのですが、構築例のブラウザー画面に「アドレスバーがない」というのは、驚きものです。ぜひとも「安全なウェブサイトの作り方」を読んでもらわないと。