旅行カテゴリーの投稿

2006-03-18
晴れ

上三依駅から温泉街へ

ゆりこ による 00:00:02 の投稿
カテゴリー: 旅行

上三依塩原温泉口駅の写真

果して1時間後の列車に乗り、たった1駅5分乗って「上三依塩原温泉口駅」に行きました。ここは温泉街まで遠いので「温泉」じゃなくて「温泉口」となっています。ホームには、中三依で駅名標を交換していた職員がおられて、またまた遭遇となりました;-) ここは有人駅 (委託かも?) で、改札口で精算すると290円!! 駅間距離が長くて建設費がかかっているとしても、ちょっと高い……。

ここで降りる客は他におらず、余裕で10分後のバスに乗れていまいました。予定では1時間10分後のバスにするつもりだったので、1時間稼げました!!

近年建設されたバイパスとトンネルを通ると、上塩原停留所です。トンネルができる前は、西那須野方面からは上塩原停留所が終点で、野岩鉄道の駅には行けなかったのです。とはいえ、トンネルができても野岩鉄道から塩原温泉街に行く人はごく少数なようで、路線バスは1日6本しかありません。

目的の和楽遊苑は、13時から入浴でした。早いバスに乗ってしまったので時間が余ってしまったのです。しかし、バス停のそばには食事処がほとんどなく、売店兼ラーメン屋ぐらいしかありません。気が向かなかったので、和楽遊苑に交渉してみると、「半分ぐらいしか湯が入ってないけど、どうぞ」ということで入浴することができました!! 実際には半分ところか波々と湯が張られていました。当然先客はおらず、悠々と入浴できたのは気分的にも楽でした。

2006-02-18
晴れ

東武JR直通特急の予約

ゆりこ による 18:06:00 の投稿
カテゴリー: 旅行

きょう18日は、東武JR直通特急1番列車の発売日です。この列車を利用して野岩鉄道と温泉めぐりをする予定なので、なんとしても購入したいところです。しかし、当然「瞬殺」が予想されるので万全の体制で望む必要があります。えきねっとの事前受付と、最寄りのみどりの窓口において早目申込を狙いました。

当初は、わたしはえきねっとだけ申し込みして、旅行の主謀者であるいずみちゃんがえきねっと&勝田近辺のみどりの窓口で購入する手筈でした。しかし、あさ5:30の受付開始時刻直後から「えきねっと」を操作してみると、座席を押える段階でクレジットカード認証エラーになって完了しませんでした。再度試してみると「新宿→下今市」の区間指定から先が混雑してて進めません。

これではラチがあかないので、えきねっとは放棄して、わたしも最寄りのみどりの窓口を試すことにしました。1か月前の指定席はあさ10:00から発売ですが、それ以前に申し込むと、ちょうど10:00に端末操作してもらえるサービスをしている駅が多いです。当然、事前受付の1番目にならないと10:00ちょうどの操作は不可能なので、みどりの窓口オープン前から待たないといけません。果して、東武直通列車なぞ申し込む人は他にいなくて、1番目はあっさりゲットできました。

家に戻ってから再度えきねっとを試すと混雑は少し解消されてますがカード認証エラーは相変わらず。登録するカードを変更してみると、今度は受付されました。でも6:30の申込ではたぶん満席で取れないと思います。

さて、運命の10時になってみると、やはりえきねっとはダメでした。しかし、いずみちゃんが佐和駅できっぷを取れたようです!! さらに、わたしが最寄り駅で予約したのも取れていました。指定席がダブってしまいましたが、早目申込は無料でキャンセルできるだろうと、駅に行って「予定が変更になってしまったのでキャンセルしてください」というと、あっさり通りました。お金を払ってないので取消料はかからないようです。

というわけで、予約取得作戦はめでたく成功です!! えきねっとのヘボヘボさ加減を優秀なみどりの窓口でカバーしたという感じでした。やっぱりJRきっぷは窓口で買うことにしよーっと。

2006-02-12
晴れ

ぎりぎり搭乗

ゆりこ による 2006-02-16 21:10:00 の投稿
カテゴリー: 旅行

関西からの帰りは伊丹空港発17:30のJAL便でしたが、空港に17:01に着くための列車を逃してしまいました。仕方なく次の列車にしましたが、それだと空港着が17:11でぎりぎりです (乗り継ぎ列車はすべて10分ヘッドなのでちょうど10分ずれる)。今回も4回回数券Web チェックインはできないため、空港のチェックイン機に 17:15 (出発15分前) に辿り着けるかが肝にになります。

果して空港に着いてみると、17:14 にはチェックイン機を操作できましたが、締切られてしまったようでチェックインできませんでした。カウンターに行って相談してみると、「次の便は満員なのでその次の便になりますねー」と言われてしまいました。急いではいないかったので「それでもいいです」と返事しておきました。しかし、しばらくすると「クラスJに空席があったので、そちらでお取りしました」との回答が!! 航空会社としては、後の便に回すよりは、すぐ出る便に乗せてしまう方が得だという判断なんでしょうか。クラスJならば前方なのですぐ乗れて、出発も遅れにくいでしょう。もしくは、回数券は「普通運賃クラス」ということで、優遇したのかも。

ということで、あわてて手荷物検査をして搭乗口に急ぐと、出発時間の5分前には着席できました。ひさびさのクラスJ座席はゆったりできてよかったですが、「ぎりぎりに来ればクラスJになる可能性がある」というのは裏技すぎて2度と使いたくない……。

2006-02-10
晴れ

梅田貨物線に乗車

ゆりこ による 17:44:00 の投稿
カテゴリー: 旅行

岡山からは贅沢に新幹線に乗りましたが、せっかくなので乗り継ぎ割引を利用して、新大阪〜西九条を在来線特急に乗りました。「くろしお」「はるか」が該当列車ですが、これらは新大阪から貨物線を通り、大阪駅を経由しないというケッタイな列車です。以前も乗ったことありますが、夕方で暗かったので、今回は明るいうちにリベンジです。

乗車したひかり号は、はるかとの連絡が5分しかありませんでしたが、なんとか乗車できました。自由席は乗車率25%ぐらいで空いています。進行方向左側に陣取って、梅田貨物駅の大配線を堪能することができました。福島からは大阪環状線に張り付いて、西九条の中線に停車して、ここからは環状線の内側線に入ります。わたしはここで下車しました。

梅田駅南側から西九条までは単線になりますが、旅客列車だけで1時間上下6本もある運行をうまくこなしています。地上区間にある踏切を解消するために高架化する計画もありますが、阪神高速の上を越える高々架になるので建設が大変そうです。

岡電バスはおトク

ゆりこ による 11:24:00 の投稿
カテゴリー: 旅行

岡山空港から岡山市内へはリムジンバスがありますが、現在は岡電バスと中鉄バスの2社が運行しています。値段も時刻も同じなので、両者はライバルにあります。最近は、出口から近い中鉄バスを使っていましたが、今回は気分を変えて岡電バスに乗ってみました。

ところが、岡山駅前に着く前にすごいアナウンスが!!「路面電車、岡電バスを利用される方は、無料券を切り離してリムジンバス券だけを運転手にお渡しください」というものです。なんと、岡電のリムジンバスは、路面電車と路線バスの無料券がついているのでした!! 知らんかったーー。

わたしは岡山駅前から岡山大学病院まで路線バスにのるので、無料券があれば170円が浮きます。残念ながら共通バスカードで乗ってしまったので、下車時に運転手に尋ねてみると、余りの無料券をもらえました。ラッキー。

中鉄のリムジンバスは無料券がないので、岡電の方がおトクです。いつからこのサービスをしているのか知りませんが、もっと早くに知っておけばよかったーー。

ケータイでICチェックイン

ゆりこ による 11:18:00 の投稿
カテゴリー: 旅行

きょうは岡山大学病院で診察です。例によって JAL 便で羽田からひとっ飛びしますが、今回は P902i を使って「ケータイでICチェックイン」にチャレンジしてみました。以前から、IC 付きマイレージカード (JMB カード) による IC チェックインは試したことがありますが、おサイフケータイでのチェックインはしたことがありません。

事前準備として、あらかじめ JAL IC ポケットというiアプリをダウンロードしておきます。ここに JMB のお得意様番とパスワードを入力すれば、携帯電話が JMB カードの代わりとして機能するわけです。あとは、空港に着く前に携帯電話でWebチェックインして、そのまま荷物検査場や搭乗ゲートを通過すればいいのです。JAL の場合は航空券に引き換える必要がないので、チェックイン機を使う必要がありません。荷物検査場では「IC チェックインお客様控え」が出てきますが、これは航空券の半券みたいなもので航空券本体とは違います。

IC チェックイン自体は体験ずみだったので、JMB カードが携帯電話に変わっただけで使い勝手は同じでした。飛行機に乗る前に携帯電話の電源をオフにする必要がありますが、電源オフでも IC チップは機能するので問題ありません。電池が切れていると IC チップが機能しないのでまずいですが。

何でも携帯電話に押し込めるのは変だと思う反面、航空券がなくなるのは結構らくちんです。JMB カードを持ち歩く必要もなくなるので、定期入れが軽くなりそう?!

2006-01-28
晴れ

JR和歌山線の旅

ゆりこ による 23:39:00 の投稿
カテゴリー: 旅行

奈良ゆき和歌山線列車のの写真

和歌山からは、2時間ちょっとの2両編成ワンマン列車の旅です。車内にはトイレがついていました。2両目に乗ったので、無人駅ではドアが開かずのんびりできます。ロングシートがすべて埋まり立客がちらほらの乗車率だったので、お弁当を広げるわけにいきません。

和歌山を出ると、少しの間紀勢線と並走して右カーブします。しばらくすると田井ノ瀬で、いきなり列車交換しました。当分は無人駅が続きます。最初の有人駅は岩出で、ここはすべての扉が開いて1/3ぐらいの客が降りました。ここでも列車交換しました。その次の有人駅は粉河で、半分ぐらいの客が降りてしまいました。この駅までは30分ヘッドのようで、粉河発の列車が待機していました。粉河から先はだんだん山に入っていきます。紀ノ川に沿って走りますが、紀ノ川は水量が少ないのであまり景色はよくありません。

JR橋本駅にある南海自動改札の写真

橋本の手前で左側から南海の線路が迫ってきました。堂々なる複線で架線柱が立派です。橋本は JR は2面3線ですが南海は1面2線でした。橋本始発列車も多いので、てっきり2面4線ぐらいあると思っていたのにーー。JR のホームにも南海への乗り継ぎが楽になるよう、簡易自動改札機が設置されていて、JR の駅なのに南海色が強い気がしました。

橋本ではすでに紀ノ川と分離してしまったので山間を走ります。大和二見から奈良県に入り、五条で10分待ちをくらってしまいます。列車交換はないのに車内アナウンスは「列車待ちのためしばらくお待ちください」となります。なんてことでしょう。

北宇智駅配線を高田側から見た写真

次の北宇智はマニア延髄のスイッチバック駅です。近畿圏ではこの駅しかありません (信号所がスイッチバック式なら関西本線にあります)。ホームは、王寺側に直通する方向に作られていて、和歌山側からは一旦引き上げ線に入ってからバックしてホームに進入します。傾斜は和歌山側の方が低く、南側ホームから低いところに本線があります。写真は、北宇智駅を出発した列車の最後尾から撮ったものです (高田側から撮影)。


吉野口に止まる近鉄の急行あべの橋ゆきの写真

吉野口は近鉄との共同使用駅で、JR の列車と近鉄の急行列車 (吉野線内は各停) と連絡していました。どちらも単線で、ここで列車交換するので、同時に4本の列車が並ぶ豪華な状態です!! 吉野口あたりからは山を下っていき、御所ではほとんど平地になり、高田では市街地になっていきます。この列車は「奈良ゆき」なので、高田からは方向転換して桜井線に入ります。

無人駅にあるJスルーカード読み取り機の写真

桜井線は並行する近鉄大阪線には完全な白旗状態で、1時間に1本しか運行されず無人駅だらけな状態です。降車した駅も無人駅ですが、ICOCA のタッチ機とJスルーカード読み取り機が装備されていて、カード乗車でも精算できるというすばらしさ!! 和歌山線は2時間以上かかりましたが、そこそこ楽しめた路線でした。もう1度乗りたいかというと微妙かも……。

和歌山駅東口に到着

ゆりこ による 13:01:00 の投稿
カテゴリー: 旅行

和歌山駅東口の写真

空港バスは12:35ごろ和歌山駅東口に着きました。バス停があるぐらいで閑散とした駅前で、繁華街の広がる西口とは大違いです。券売機で ICOCA チャージしようとしてもカードが受け付けられません。よく見ると、ICOCA チャージ機は別に準備されていました。改札内では ICOCA チャージ機をよく見かけますが、券売機の外にあるのはめずらしいかも。チャージ金額はもちろん2000円で、領収書を発行して改札で「イコちゃんマグネット」をもらいました。

東口からはすぐ地下道に入り、貴志川線、紀勢線 (和歌山市駅方面)、和歌山線、紀勢線 (紀伊方面)、阪和線などのホームに行けます。昼食として柿の葉すしをゲットし、トイレにも行っておきます。和歌山線車両にはトイレがあったと思いますが、先に行っておく方が賢いでしょう。

貴志川線改札口の写真

貴志川線ホームに上がってみました。貴志川線は、4月1日をもって和歌山電鐵に譲渡されます。南海時代で乗車しておく手もありますが、今回は時間の制約であきらめます。北側の線路は行き止まり。もし紀勢線と線路が繋っていて和歌山市まで乗り入れていれば、乗客が多くて南海のまま継続できたかもしれませんが、後の祭り。いや、和歌山電鐵として見事に復活することに期待しましょう。

連絡バスで回復

ゆりこ による 12:15:00 の投稿
カテゴリー: 旅行

けっきょく空港着陸は11:52でした。11:52発の列車は完全に無理ですが、JR和歌山駅への連絡バスが 12:00 発、和歌山着が 12:40 というのを知っていたので、これに望みをかけてみることにしました。空港内の通路を小走りして、ぎりぎり1F地平のバス乗り場に11:59到着できました。券売機で1000円のきっぷを購入して乗り込むとすぐ発車です。鉄道で和歌山にアプローチできないのは残念ですが、空港連絡橋は道路の方が景色はいいので得かもしれません。鉄道だと橋脚がじゃまして景色が少し悪いので。

さすがに、橋を渡って泉南を過ぎると景気がかなり田舎臭くなってきます。ひたすら山山山。

スカイマーク初体験

ゆりこ による 12:00:00 の投稿
カテゴリー: 旅行

わたしは国内線はもっぱら JAL に乗っていますが、きょうはスカイマークとのコードシェア便なので、スカイマーク初体験となりました。2月から運賃大幅値下げになるかわりに、おしぼりやドリンクサービスがカットされてしまいますが、今日はまだ従来サービスが楽しめるはずです。

さて、羽田空港の登場口は23番、南側の端っこです。JAL だったら中央に近い場所なのにーー。羽田空港第1ターミナルはけっこう広いので、端までは10分はかかります。空港には20分前に着いといてよかった。機内に入ってみると客はまばら。搭乗率は30%ぐらいといったところ。機内誌はかなり薄いです!! 神戸空港の宣伝がばばーんと入っていて、末尾には飛行経路も乗っていました。神戸空港は西側に向けての離発着となったので、姫路まで飛んで戻る必要があるようです。

飛行機が動き出してから離陸までは20分かかりました。羽田空港は広いのでどうしても滑走路までは時間がかかりますが、23番搭乗口だったらC滑走路 34R までは一番近いはずなのに一番離れているので、待たされてしまいました (南から北向きに使うときは340度方向の右側ということで 34R と呼びます)。同じ時間に出る飛行機が多いので詰まってしまうようです。

離陸すると右旋回して、川崎・横浜の臨海地区を眼下に眺めることができました。富士山も山頂付近はくっきりと見えます。いい天気。離発着時はデジカメ禁止なので写真が撮れないのがもったいない。

離陸して15分ほどでベルト着用サインが消え、機内サービスが始まります。ドリンクサービスは何が出るんだろうと思っていると、カートに250mLのペットボトル (紅茶、緑茶、カフェオレ等) を載せてそれを配っています!! JAL, ANA は紙コップに注いで渡すのに比べて、大きく省力化しています!! ドリンクが配り終わると、こんどは茶菓子が配られました。キットカット・おかき、グミゼリー等がありました。

そうしていると知多半島が見えてきました。ここからは紀伊山地を飛び越えて関西空港に向かいます。ここからは雲が出てきて地表が見えなくなってきました。あまり天候は良くなさそうです。機内アナウンスによると、到着時刻は11:55らしいです。やっぱり遅れるーー。