旅行カテゴリーの投稿

2005-07-31
晴れ

混浴温泉と鉄道の旅〜野沢で温泉〜

ゆりこ による 2005-08-04 18:55:00 の投稿
カテゴリー: 旅行

1時間ほど乗車すると下車駅である野沢です。到着前に、進行方向左側に目的地であるそば屋があることを確認しました。それからしばらく走って駅に停車。ここで行き違う快速列車から SL に乗る乗客が多数おられましたが、駅で下車する客は10人ほどだったようです。われわれは写真撮影したりで時間がかかったので、改札を抜ける頃には他の客はいなくなっていました。

さて、ここからは2km弱歩いてそば屋に向います。目的地は線路から近いものの、アプローチする道路は途中線路から離れてオーバーハングします。かなりの炎天下の中、歩いていくことにしました。駅前にタクシーは止まっていたものの、時間はたっぷりあるし、どうせ温泉に入るんだし、ということで、沿線風景を楽しもうとしたわけです。

とはいえ、さすがに暑すぎました。そば屋につくと、併設の温泉から出てくる客が見えました。ということは、温泉はすでにスタンバイ状態ということです。やはり、店長からは「先に、お風呂にしてください」と指示されまして、みんなで温泉に入ります。

この温泉は、店長が病気に伏したお母さんのために掘ったのですが、残念ながら噴出する前に亡くなられました。せっかくなので、と無料解放している涙ものの温泉です。無料とはいえ風呂だけ入るのではなく、そば屋で食事するのがマナーでしょう。

温泉は中越地震で35度に温度が下ってしまったようですが、熱さでほってったわれわれにはちょうどいいです。大量の細かい泡で白く濁ったかに見える湯がドバドバ流れているのは感動です。浴室には阿賀野川が見下ろせる大きな出窓がついていて、雄大な風景を楽しめます。また、体を洗えるように石鹸やシャンプーも用意されています。残念ながら蛇口はありませんが、浴室から大量に溢れる湯が新鮮なので、それで十分でしょう。

何時間でも入っていられそうですが、温泉客が他におられるそうなので、30分ほどで出ました。低温の湯なので、湯から上ってから体がほのかに火照ります。うーん、せっかく冷ませたのになーー。

そば屋に戻って昼食としますが、冷房が効いていないので、ちょっと暑いです。山地で建物が大きいので、蒸し蒸しすることはないのですが、暑がりのわたしでは汗が出てきます。なんと、温泉のポンプと冷房を両方つけると電源不足になるので、温泉稼働中は冷房が止まるのです……。そばは店長の手打ちで、太さがえらく不揃いですが、味はなかなかもののでした。かなり腰のある田舎風。

さすがに駅に戻るのはタクシーを呼びました。タクシーだと5分もかからず、文明の利器を実感しました……。

混浴温泉と鉄道の旅〜SLばんえつ物語〜

ゆりこ による 2005-08-03 21:40:00 の投稿
カテゴリー: 旅行

北五泉で30分ほど待ち、会津若松ゆき列車で五泉まで1駅進みます。ここで「SLばんえつ物語号」を待ちます。SL は磐越西線の目玉商品らしく、徳沢、北五泉、五泉どの駅でもチラシがでかでかと掲示されています。

五泉駅駅名標

五泉駅は SL 停車駅なので、レトロ風の駅名標が設置されています。残念ながら印刷ですが、ベンチもレトロ風になっているなどの工夫はされています。30分ほどで SL が入線しました。動画で撮影したつもりが、ボタンが押されてなくて録画されていなかったのはショック〜〜。

ばんえつ物語号は8両編成で、先頭が機関車、1〜3号車、5〜7号車が客車、中央の4号車が展望車となっています。シートは4人掛けボックスクロスで、そんなに凝ったものではありません。あそboyのウェスタン風の凝り具合とは違って、車内の雰囲気を楽しむことは狙ってないみたい。展望車はハイデッカーになっていて、窓に向って椅子や簡易ベンチが設置されています。阿賀野川の風景が楽しめるわけです。

五泉駅を出ると、乗務員がハキハキした声で案内を始め、乗車証明書を兼ねたチラシを配布しました。先頭と最後尾に記念スタンプがあるので押すことができます。そこに乗務員のおねえさんがおられれば、スタンプを押す手伝いをしてくれるというすばらしさ。さらに、アンケート用紙も配布していました。悪いところは改善していこうと熱意が入っていることが伺えます。

咲花駅では、駅員総出で出迎えていました。さらに、沿線の温泉旅館からも店員が見送りしてくれています。SL が沿線に好かれている証でしょう。

SL機関車
タイガース服

津川駅では、給水のため15分停車しますが、ここで乗客が機関車を撮影していました。というわたしも撮影しました:-) そして、車両に戻ろうとすると、乗客の1人から声かけられました。「おねえちゃんタイガースファンやろ。これ飲んで。今年はぜったい優勝な!!」そう言って缶ビール1本手渡されたのです……。どう反応していいやら分かりませんでしたが、とりあえずもらえるモノはもらっておきました。確かに、「タイガース柄スカート」を履いていて、車両内を先頭から末尾まで見て回っていたので、タイガースファンなら目を引くでしょう。タイガースファンが同じ SL に乗っている、という友好の気持ちを示すのにビールを渡す、というのがベタですが、まあそんなもんかも。うれしいやら恥ずかしいやら。

津川からは、つまみを出してプチ宴会です。同行者のみなさんはすでに飲んでいたのですが、わたしも参戦したという次第。

混浴温泉と鉄道の旅〜徳沢に出張〜

ゆりこ による 2005-08-02 04:28:00 の投稿
カテゴリー: 旅行

温泉と鉄道の旅2日目です。列車ダイヤの都合で、朝早くに出発して県境を越えて徳沢駅に出張します。北五泉・五泉を攻略してから、徳沢・野沢を攻略すれば簡単ですが、五泉→徳沢→野沢の列車が少ないため、朝に徳沢だけ攻めてから、北五泉・五泉に戻り、SLで野沢に向かうのが最適となっています。

新津で時間があったので、駅前コンビニで朝食を調達し、会津若松ゆきディーゼルカーに乗り込みます。旧型車両でのんびり走ります。馬下までは平地で田んぼが広がっていますが、そこから先は駅間も長くなり山を登っていきます。阿賀野川が並走するすばらしい風景です。しかし、早起きして睡眠不足だったせいか、眠くなってきました。この区間はあとで乗車するということで、仮眠することにしました。

で、30分ほどすると徳沢に到着。新潟から福島に入った最初の駅ということで、何もないかと思っていましたが、駅前に集落が広がっていました。駅は簡易郵便局が同居する委託駅でした。日曜日なので営業はしていませんでした……。そして、30分ほどで到着した新津ゆき列車で北五泉まで戻りました。今度は列車内で寝ずに日記を執筆しました。

2005-07-30
晴れ

混浴温泉と鉄道の旅〜新潟の夜〜

ゆりこ による 2005-08-02 04:03:00 の投稿
カテゴリー: 旅行

越後線は、白山駅手前から高架となり新潟市内に入っていきました。今晩は新潟でビジネスホテルに宿泊です。

が、宿に着いてみると、ツイン2室のはずがダブル2室になっています。どうやらいずみちゃんの予約ミスのようです。満室なようでツイン2室とかシングル4室への変更は無理……。いろいろ考えた末、部屋割が決定いたしました (詳細は書きません)。ベッドが2つ置けるぐらい広い部屋なのでよかったですね〜〜 (謎)。

その後、近所の居酒屋で酒盛り。さすがに海が近いので、チェーン系居酒屋とはいえ魚料理はなかなかの味でした。

混浴温泉と鉄道の旅〜越後線〜

ゆりこ による 2005-07-31 09:10:00 の投稿
カテゴリー: 旅行

米山で今日の目的はすべて達成しました。温泉訪問と「沢」と「米」が含まれる駅名を巡ったわけです。あとは宿泊地である新潟に向かうだけです。

せっかくなので、越後線経由としました。信越本線は堂々たる複線の幹線ですが、越後線は住宅地と田園を縫うように走る単線ローカル線です。スピードも45km/hぐらいでのんびり走りますが、列車が家の軒先をかすめるかのように走るのは、なかなか風情があります。もっと本数があれば利用されるかもしれないのになーー。

吉田駅出発表示

吉田駅は、単線の路線同士が交差するジャンクションです。ここから新潟までは列車本数が多くなります。夕方ともあって乗客も増えてきました。途中の内野西が丘駅は新駅で、駅前を開発してロータリーやら住宅用の土地などが整備されていました。留置線も準備さていて、今後、内野始発列車を、内野西が丘始発にして着席サービスを提供するのかもしれません。

混浴温泉と鉄道の旅〜米山〜

ゆりこ による 2005-07-31 09:02:00 の投稿
カテゴリー: 旅行

塩沢からは、信越本線の米山駅をめざします。ここは海岸沿いにあるので景色がいいらしいという情報がありましたが、天気が曇ってきたので、あまり期待できそうにありません。

で、実際に乗車してみると、鯨波〜米山がすべて海岸沿いで、各駅に海水浴場が接近しています。その中でも、鯨波がいちばん流行っているようでした。熊谷から鯨波・米山までの臨時列車「マリンブルーくじらなみ号」が走っているので、メジャーな浴場なのかもしれません。

米山海水浴場

米山は一番閑散としていて、1人も泳いでいる人はおらず海岸で散歩している人が2,3人いるだけでした。防波堤がなく整備があまりされてないから流行らないのかもしれません。

混浴温泉と鉄道の旅〜大沢・塩沢〜

ゆりこ による 2005-07-31 08:56:00 の投稿
カテゴリー: 旅行

水上からは、ひたすら鉄道乗車です。トンネル内にある湯檜曽駅・土合駅を過ぎて、大沢・塩沢駅で下車しました。1時間に1本しか列車がないので、2駅で下車すると2時間かかります。もし、ちょどいい上り列車があれば、先に塩沢で下車し、次に大沢で下車して、1時間後の下り列車に乗車することも可能ですが、運悪く大沢通過の列車しかなくその手は使えませんでした。

塩沢は駅前に旧来の繁華街が広がっています。お菓子屋に「地酒けーき」という看板がかかっているので、思わず買ってしまいました。ブランデーケーキのように、スポンジに日本酒を染み込ませたお菓子ということです。食べてみると、しっとりとしたスポンジにたっぷり日本酒が含まれていて、まるでプリンのような食感でした。ほのかな酒の香りもすばらしく、まさに大人向けのおやつでした。

混浴温泉と鉄道の旅〜水上〜

ゆりこ による 2005-07-31 08:39:00 の投稿
カテゴリー: 旅行

この土日は、いずみちゃんのナビゲートによる鉄道・温泉旅行に来ています。男女4人(自己申告)グループで、青春18きっぷによって上越線、越後線、磐越西線などをめぐります。

わたしは赤羽6:40発の高崎ゆき普通列車で合流しました。高崎で水上ゆき普通に乗り換え、最初の目的地である「きむら苑」の露天混浴温泉をめざします。

露天温泉

水上は温泉街ですが、他の温泉街と同じく経営が苦しいようで、廃虚ホテルがちらほら……。きむら苑まで線路沿いの道を1.5km歩いて到着。入湯料800円を支払い、川沿いにある露天温泉に入ります。脱衣場は男女別ですが、湯船は共通です。先客1人おられただけで、ほぼ占有状態。その先客も「いずみちゃんのサイトを見ている方」なので、実質貸切みたいなものでした。

もちろん源泉かけ流し、加水なし。硫酸泉で、硫黄臭もはっきりしており、朝10時からすばらしい温泉に漬かるという贅沢を味わいました。

2005-07-21
晴れ

18きっぷ購入

ゆりこ による 18:10:00 の投稿
カテゴリー: 旅行

今月末は上越〜会津若松方面に出かけるので、青春18きっぷを買いました。今年の夏も、発売期間は7月1日〜8月末で、利用期間は7月20日〜9月10日です。海の日3連休がぎりぎり使えないという、残念な設定です。

8月末は岡山・長久手・越美南線 (長良川鉄道ともいう) に行く予定があって、ちょうどこの2回で18きっぷを使い切ります。いや、1回足りないぞ? 土曜日の長久手攻めは新幹線にしようかな。

2005-04-30
晴れ

リニモ全線征覇

ゆりこ による 20:40:00 の投稿
カテゴリー: 旅行

名古屋駅到着が12:20というラッシュを避けた時間だったので、藤が丘経由 (地下鉄東山線とリニモ利用) でも混まないだろうと判断し、万博きっぷは名古屋で途中下車して4日用に残して地下鉄東山線に乗りました。

しかし、名古屋では東山線は乗車率100%に達するかという盛況ぶり。こりゃやばいかと思いましたが、半数が栄で降りていきました。そこから先は漸減していきました。一社を過ぎて高架路線となり、藤が丘では1両あたり15人ぐらいの乗客でした。当然、リニモの藤が丘駅は空いていて、地上のエントランスはガラガラ状態。列待ちのロープを横目に階段を降り、地下のプラットホームに着きました。

用地がなかったのかもしれませんが、藤が丘〜はなみずき通は地下区間です。その後はずーっと高架ですが、杁ヶ池公園までもカーブがあってスピードが出ません。そこから先は地上4Fという高さで、カーブも少なくて70km/hぐらいスピードが出ます。

万博会場まではそんなに高低差はないようで、リニアモーターカー (HSST) じゃなくて、地下鉄東山線を伸ばしても運転可能だったと思います。「高低差があるから鉄軌道は厳しく、リニアにした」と聞いていたんですが、実際はそうでもないです。

で、万博会場駅まで乗れば全線征覇、というところですが、公園西で降りて西ゲートまで歩くことにしました。1駅だけ残りますが、帰りは東ゲートから陶磁資料館南駅に出るので、全制覇できます。