旅行カテゴリーの投稿

2011-10-09
晴れ

大井川鐵道井川線で写真撮影

ゆりこ による 23:59:11 の投稿
カテゴリー: カメラ,旅行

(あとで書く)

2011-08-06
晴れ

2年ぶりに犬吠を訪問

ゆりこ による 2019-02-16 11:35:22 の投稿
カテゴリー: カメラ,旅行
タグ: , , ,

2年ぶりに銚子は犬吠に行ってきました。今回は写真撮影が目的です。ラインナップとしては、デジタルが D90 + AF-S NIKKOR 28-300mm, フィルムが FM3A + 20mm/28mm/50mm + ILFORD FP4/HP5 + Kodak EBX です。

犬吠駅から犬吠崎までは少々歩くのでバスにしようかと思ったのですが、銚子駅での接続が30分程度待つということで、うっかり銚子電鉄に乗ってしまいました。銚子電鉄ブームは沈静化したのか、乗客は少な目でしたが、ガラガラではなく、2,30人くらいは乗っていました。満員すし詰めよりはこちらの方が楽でいいですね。犬吠駅から歩くと、結局、岬に着いたらバスの到着とほとんど変わらない時刻……。

岬と灯台は見慣れた風景なので、見学はそこそこに撮影に熱中しました。16時ごろに外川駅に出て撮影を続け、銚子駅に戻りました。この日の夜は銚子みなとまつりで花火がありましたが、疲れていたため人出に耐えられそうになく、見送りました。バスにしておけばよかった。

銚子電鉄2002編成を大きく見る

日中は2両編成が来る

犬吠駅舎を大きく見る

犬吠駅舎は壁が塗り変えられて綺麗になっていた

利根川河口を大きく見る

灯台から利根川河口を望む

外川駅の出札口を大きく見る

外川駅は中身の昔のままの佇まい

2011-07-15
晴れ

15周年サーガルのカレーを堪能

ゆりこ による 23:59:27 の投稿
カテゴリー: 旅行,食べ物・料理
タグ: ,
サーガルのカレー3種とナンを大きく見る

OSC の会場が KRP ということで、昼食は西大路五条のサーガルでインドカレーを頂きました。サーガルはわたしが京都在住のときから懇意にしているインドレストランで、パソコン関連ではいろいろ教えたりしました。

ここのインドカレーはインド人コックが作るだけあって本物の味です。今年で15周年ということですが、それだけ長く営業できるのは味のすばらしさと丁寧な接客のたまものでしょう。おめでとうございます。

15日の昼は WordBench メンバーと一緒に行きまして、平日なのでランチメニュー 850〜900円を頂きました。海老/野菜/マトンの3種にナン3枚が並ぶと壮観ですね。

サーガルのほうれんそうカレーは見事な緑色 16日は Concreate5 の Katz さんを含む3人で行きまして、わたしはほうれんそうカレー (単品) を頂きました。おまけでタンドリーチキンを付けてもらいましたが、こちらも絶品でした。

ちょくちょく京都に向かう用事はあるんですが、ここ1年以上サーガルには寄ってませんでした。次回9月の京都+新宮バス旅行ではなんとか行きたいですね。みなさんも京都に行く機会があればぜひどうぞ。

2011-06-12
晴れ

北海道3日目は帯広巡り

ゆりこ による 2011-06-30 03:17:45 の投稿
カテゴリー: カメラ,旅行,鉄道
タグ: , , , , ,

北海道旅行3日目は帯広です。去年は旭川空港から帰ったので今年は帯広空港から帰ることにしました。どこを見るかは直前まで悩みましたが、札幌から特急で移動しても10:40着ということで、まずは市内で豚丼・六花亭本店・柳月本店を巡り、それからばんえい競馬見学を入れて、愛国駅→幸福駅と経由して空港に向うことにしました。

帯広ゆきスーパーとかち1号を大きく見る

帯広ゆきスーパーとかち1号

まずは札幌からスーパーとかち1号に乗ります。帯広まで2時間40分弱です。運賃と特急料金で7120円もしますし、JR北海道は先日列車炎上事故を起こしたばかり。ちょっと不安でしたが、3000円の高速バスでは帯広着が12時になってしまい時間がもったいないので、やむなく特急です。

やはり車内はガラガラで、新さっぽろや南千歳で少々乗車があるものの、乗車率10%ぐらいでした……。千歳線は非常に飛ばしますが、石勝線は行き違いもあって比較的ゆったりした走りでした。

帯広豚丼の発祥「ぱんちょう」の豚丼(梅)を大きく見る

帯広豚丼の発祥「ぱんちょう」の豚丼(梅)

帯広に到着して、軽く市内を回ったあと、豚丼発祥の店「ぱんちょう」に入ってみました。11時開店の直後に行ったにかかわらず満席で、かろうじて1人だけ入ることができました。肉の量で値段が異なり、「華」が一番多く、その次がなぜか「梅」です。肉厚でジューシーな豚肉は食べごたえがありました。味付けは甘みが控え目で、かなり好みに近い味でした。

第5レースで先頭を駆ける9番ゴールデンバージ号を大きく見る

第5レースで先頭を駆ける9番ゴールデンバージ号

豚丼の後は帯広競馬場に移動してばんえい競馬を鑑賞しました。帯広バスターミナルで、往復のバス運賃+入場料+おみやげ+とかちむら割引券がセットになったチケット500円があったので、それを購入しました。バラバラで購入すると、バスが190円x2、入場料100円、おみやげは缶入りお茶なので、お茶の分だけ (約80円) 得することになりますね。

スタンドもありますが、迫力ある競争を撮影するには間近で見られるエキサイティングゾーンがベストです。大砲のような望遠レンズがついたカメラを持った人も多数で観光名所となっているようです。

競争を1つ見学してからは馬券も購入してみました。第5レースは老馬ながら人気のある「ゴールデンバージ」が出走し、見事に勝利しました。しかし、一番人気だったので、「当たってもつまらない」ということでわたしは9番を含む券を買わなかったんですよね……。

第6レースを見てから撤収し、市内に戻りました。柳月本店と六花亭本店をハシゴして土産のお菓子を購入してから、いよいよ広尾ゆきバスに乗車です。

愛国駅に静態保存されているSLを大きく見る

愛国駅にはSLが静態保存されている

帯広15:30発の広尾ゆきバスに40分ほど乗ると愛国駅に到着しました。きちんと「かつての愛国駅が見えます」というアナウンスが入るのは親切です。駅舎や周辺の「愛国から幸福ゆききっぷ」のモニュメントなどはきれいに整備されていますが、土産物屋などは閉店してしまっています……。次のバスまで1時間あったので愛国小学校や愛国神社に寄ろうと思いましたが、思いの外遠かったので途中であきらめて戻ってきました。

幸福駅の駅舎と幸せの鐘を大きく見る

幸福駅の駅舎と幸せの鐘

5分ほど遅れてきた17:21発のバスに20分ほど乗車して幸福駅に移動しました。20年ほど前に訪問したことがありますが、ほぼ雰囲気が変わっていないのは感動でした。ここは土産物屋が営業していて、さまざまなサイズや形状の記念きっぷが売っています。本物に近いサイズの硬券から、大きく延ばしたもの、木の板で作ったものなど、いろいろあります。「幸福という駅名に因んで鐘も設置されており、時折カップルが鳴らしていました。

ここでは30分ぐらいしか滞在できず、すぐ空港ゆきバスに乗りました。そう、幸福駅は国道から空港に向う道路の途中にあるので、空港バスの乗り場から近いのです。

空港では時間があまりなく、夕食を食べる時間がありませんでした。しかし、帯広のもう1つの名物である「牛トロ丼」は空港になかったのであきらめもつきました;-)

そして、19:05 の羽田ゆき飛行機で帰還しました。ちょうど日没の時間だったのですが、運悪く左側の席に座ってしまったため、日の入りを撮影することができませんでした。帯広空港は基本的に南側に離陸するので、落日風景を見るには左側に座らないといけないのでした。うーん残念。

2011-06-10
くもり時々雨

小樽を観光

ゆりこ による 2011-06-30 01:02:00 の投稿
カテゴリー: カメラ,旅行
タグ: ,

札幌でメモリーカードを入手して小樽に向かいました。レトロな町並みとおいしい寿司が有名です。きっちりしたスケジュールは組んでませんでしたが、駅前で市内路線バスの1日乗車券を入手して、寿司屋で遅めの昼食を食べつつスケジュールを考えました。まず天狗山からの風景撮影、その後下に降りて運河を撮影し、町並みの撮影という行程です。

天狗山からの小樽市内風景を大きく見る

天狗山からの小樽市内風景

旧日本銀行小樽支店を大きく見る

銀行が密集した色内地域には旧日本銀行支店も



国鉄手宮線の跡を大きく見る

国鉄手宮線も廃線が一部保存

小樽運河を大きく見る

小樽運河のこの構図は定番です

北日本倉庫側から見た運河を大きく見る

北日本倉庫側も運河を見る


時々雨が降る悪天候でしたが、天狗山ではガスが晴れて下界の景色を望むことができました。運河では地ビールの小樽ビールの醸造場も見学し、その後バスに乗って日本酒の酒蔵も見学するという酒づくしにしました。小樽は夜景もすばらしいそうですが、札幌で宴会が待っていたためあきめました。またの機会に〜〜。

2011-05-22
雨のちくもり

瑞鳳殿はデジタルしか撮れず

ゆりこ による 2011-06-29 03:00:00 の投稿
カテゴリー: カメラ,旅行
タグ: , ,

政宗公が眠る瑞鳳殿を大きく見るApple Store, Sendai を冷やかした後は瑞鳳殿を参拝しました。政宗公を祀った建物ですが、戦災で焼けてしまったため戦後再建されたものです。豪華絢爛な建築が再現されており、写真撮影にはもってこいです。

残念ながら震災で石段や灯籠が壊れており、政宗公が眠る瑞鳳殿本体は参拝できますが、次男・三男の霊屋は入れず、割引料金での参拝となりました。

さらに不運なことに、フィルムカメラ F80S が不調でフィルムを入れてもローディングがされません。フィルムを入れない状態でシャッターは切れるので、ローディング機構の不具合です。昨日の OSC 仙台で黒白フォルムを撮影した後、巻き上げが不調だったので、その時点で調子が悪かったのかもしれません。何回かフィルムを入れ直しましたがうんともすんとも言わないため、デジタル一眼レフ D90 のみの撮影にすることにしました。

瑞鳳殿本体しか参拝できなかったので40分ぐらいで回ってしまいました。しかし、次の路線バスを待っていると仙台からの高速バスがギリギリで土産物を買う時間がないので、駅までタクシーワープすることにしました。1050円で30分の時間が浮きました;-)

2011-05-04
晴れ

福島ウルトラマン空港から伊丹へ

ゆりこ による 2011-06-28 02:10:00 の投稿
カテゴリー: カメラ,旅行,航空
タグ: , ,

会津ゆき最終日は関西への移動です。朝6:55のバスで郡山に向かい、福島空港に向かって、そこから伊丹に飛びます。郡山までは定刻より20分早着したので1本早い8:00発の空港ゆきに乗ることができました。空港では時間が余ったため、存分に「ウルトラマン展示」を堪能しました。待ち合い室の展示は3年前のものと変わっていますね。

福島空港のウルトラマン展示を大きく見る

福島空港のウルトラマン展示 © 円谷プロ

福島空港19滑走路を大きく見る

福島空港19滑走路


晴天だったため、フィルムカメラによる離着陸撮影もばっちり撮れました。とはいえ、離陸時は田園風景からすぐ雲の中に入ってしまい、あまりいい景色が撮れませんでした。着陸時は八尾空港から布施上空を通り、大阪城や本日グランドオープンの大阪ステーションシティを眺めることができました。左側の席にしておいて大正解!!

上空からの大阪城を大きく見る

上空からだと大阪城が小さく見えます

上空から見た大阪駅ターミナルの大屋根を大きく見る

本日オープンの大阪駅ターミナルを上空から

2011-05-03
くもり時々雨

会津でフィルム撮影三昧

ゆりこ による 2011-06-26 02:09:15 の投稿
カテゴリー: カメラ,旅行
タグ: , , , , , ,

今年の5月連休は2日と6日の両方を休みにして10連休を作りました。2日〜4日は以前から計画していた会津ゆきで、震災の影響が少ないということから予定通り敢行しました。会津旅行は1泊2日で慌しい行程になってしまうことが多いですが、今回は2泊3日でゆったり過しました。とはいえ3日目は早朝から福島空港への移動のため実質的には会津に「丸2日いる」感じでしたが。

東京電力の原発事故が「福島県」ということで同じ福島県に属する会津も風評被害が少なからずあるようです。しかし、発電所からは90km程度離れていて、仙台と発電所との距離と同じぐらいの距離感です。それだけ福島県は「横に長い」のです。もともと会津と中通り・浜通り地域とは文化も多少違いますし。実際に行ってみると観光客は2割ぐらい減ということで、そんなに寂しいわけではありませんでした。

今回の会津ゆきはフィルムカメラに嵌ってから初めてということで、鶴ヶ城の桜をメインに町並みを撮ってみようと計画しました。

会津武家屋敷の桜を大きく見る

会津武家屋敷の桜

鶴ヶ城に日が落ちる図を大きく見る

鶴ヶ城に日が落ちる

御薬園の重陽閣で出されるスイーツを大きく見る

御薬園の重陽閣でティータイム


まずは巡回バス「あかべぇ」で武家屋敷にて降りました。3日昼間に回る予定でしたが、バスの車窓から見える桜が見事で「ここだ」と思って急遽行程変更しました。予想は大当りで、少し散っていましたが、散った花弁と咲いている枝の対比がとても美しくなりました。

その後ホテルにチェックインして鶴ヶ城に向いましたが、こちらはかなり散っており桜撮影は不調でした。お城自体はとても決まるのですが……。

夜は定番の居酒屋で宴席とし、ネガフィルム「Venus」で料理写真の撮影に試みました。ISO 800 の威力は伊達ではなく、店内でもきれいに撮れます。

翌日 (3日) の昼は居酒屋のご主人に喜多方のイタリア料理店を案内して頂きました。ここではデジタル一眼レフでの撮影に絞って料理写真を撮りました。料理はデジタルカメラの方がホワイトバランスなどが適切に決まるので撮りやすいですね。

その後、わたしは御薬園に移動し、花の撮影および園内にある重陽閣でティータイムとしました。さすが歴史ある建物なので、いい画が撮れます。

会津は空襲に遭ってないだけに歴史的建造物が多く残っていて、写真撮影にも向いています。今回はモノクロ撮影をしなかったのですが、次回訪問時はモノクロも試したいと思います。

2011-04-17
晴れ

造幣局桜の通り抜け

ゆりこ による 2011-06-26 01:14:00 の投稿
カテゴリー: イベント,カメラ,旅行
タグ: ,
造幣局の桜を大きく見る

造幣局の桜

OSC 神戸の翌日は桜撮影ということで造幣局の桜の通り抜けに行きました。関西では有数の桜スポットで、ソメイヨシノ以外の多数の品種が育てられていることが特徴です。

写真趣味にどっぷり漬かってみると、他の写真家が持っているカメラが気になってきます。デジタル一眼の人気が高まっているようで、大砲のようなレンズを付けた人もちらほら見かけました。しかしフィルムカメラっぽい人はあまり見かけず……。

今年の桜である妹背を大きく見る

今年の桜は妹背

造幣局では毎年1品種を選んで「今年の花」として紹介しているそうです。2011年は「妹背」という品種でした。

好天もあって人出が多く、なかなか落ちついて撮影はできませんね〜〜。桜の通り抜けは一方通行で「できるだけ立ち止まらないで」という案内もあるため、「さっと撮ってさっと場所を空ける」手際が必要です。

2011-04-02
晴れ

先週に続いての飯田線攻略は小和田駅

ゆりこ による 2011-06-25 13:51:15 の投稿
カテゴリー: カメラ,旅行
タグ: ,

先週はムーンライト信州で飯田線北半分 (辰野〜天竜峡) に乗ったのですが、今週はムーンライトながらで飯田線南半分に乗りました。目的は小和田駅などの秘境駅探訪です。

ムーンライトながらを豊橋で下りると飯田線の初電に乗れるのですが豊橋でかなり待たないといけません。それが辛いのでながらは名古屋まで乗ってしまい、豊橋に戻ってから7時の列車に乗りました。この日は平岡でさわやかウォーキングが開催されており、中部天竜から平岡まで延長運転されていたので、小和田駅へのアプローチが非常にやりやすくなっていました。

小和田駅待合室を大きく見る最近は秘境駅が人気になっていますが、わたしが利用した列車は小和田で下りる人が他にいませんでした。そのためゆっくりと撮影することができました。

ここで、通過する特急伊奈路を撮影しようと急いだところ、階段で転倒して F80S を地面にぶつけてしまいました!! しかし、特に異常はなくそのまま撮影を続行できたのはさすがニコン製です (実は F80S は後日故障し、ニコンから「修理不能」と言われました)。体の方はすり傷が多く、撮影旅行の続行は断念しました。とはいえ、ダイヤの都合で天竜峡まで行って、そこから豊橋への折り返しとなりました。