旅行カテゴリーの投稿

2006-11-03
晴れ

喫茶マウンテン行きました

ゆりこ による 2006-11-05 10:18:14 の投稿
カテゴリー: 旅行

11月6日からしばらく休業となる喫茶マウンテンに行ってきました。休業前の3連休ということで混雑が予想されるため、朝早くから移動して11時30分には着くようにしました。

喫茶マウンテンの店舗写真

で、着いてみると待ち行列は20人ぐらいでした。多くが大学生で、われわれのような30代のIT関係者 (アレゲとも言う) 人は小数でした。家族連れと思われる人もちらほら見られます。このように若い人や近所の人に支持されていれば店が持続・発展していけるわけで、うれしいと同時に安心できますね。

甘口キウイスパの写真

今回は、甘口キウイスパに挑戦しました。甘口イチゴスパを試したかったのですが、まだ出せないとのことで、キウイスパにしました。麺自体にキゥイを練り込んであって、黄色い色をしているとともに種も埋め込まれています。キゥイのぶつ切りも乗っていて、ほぼ1個分あるようです。甘口スパは麺を先に片付けるのがセオリーなので、クリームやキゥイを端にのけて麺から頂きました。甘酸っぱいのに熱いというケッタイな食感ですが、味は悪くありません。そんなに甘さは強くないからでしょう。むしろ冷めてしまうとマズくなりそうです。熱いウチに水で流し込むように食べました。そうすると、キゥイ・生クリーム・パイン・チェリーが残って、まるでデザートのごとくなりますから、これを優雅に食べれば OK です。

さすがに甘口スパは看板(?)メニューだけに、オーダーの1/3ぐらいは甘口スパがあります。あとは、隠しメニューの小倉丼も人気があるようです。

店の掲示を見ても、耐震補強という説明だけで、リフォームなのか建て替えなのか、よく分かりません。わたしは立て替えだと思っていたのですが、リフォームレベルの工事なのかもしれませんね。来年5月ごろの再開で、どのような姿を見せるのか楽しみです。

[追記 2006-11-06 00:01] キウイスパの写真とレポートを挿入しました。

[追記 2006-11-06 22:47] スパゲティーの名前を「キウイスパ」に修正しました。果物だけなら「キゥイ」という表記を使う主義ですが、「甘口キウイスパ」は店の固有名詞なのでそれを優先します。

2006-11-02
晴れ

喫茶マウンテン登り納め

ゆりこ による 18:25:30 の投稿
カテゴリー: 旅行

名古屋の「重食喫茶」マウンテンが店舗建て替えするとのことで、現店舗の見納めに行くことにしました。「軽食」とは言えないとんでもないメニューなので「重食」という造語がされています。

例によってリアルタイムレポートを試みます。店の行列はどれぐらいあるのか?

2006-10-13
晴れ

今年の年末コミケは29日〜31日なのかーー

ゆりこ による 19:12:31 の投稿
カテゴリー: 旅行

年末の予定を立てる上で、夜行列車の混雑状況を確認するために「コミックマーケット」の開催日を調べてみると、今年の年末は29日〜31日のようです。うぎゃーー。

ここ2年とも、大晦日にムーンライトながらで移動するというパターンにしていますが、この開催日だと大晦日出発のながらが満席で取れないという事態になりそうです。1月1日の JAL バーゲンフェアにするか、もっと早い日に帰省するかを考えないといけません。

2006-10-09
晴れ

地元に溶け込んでいる真岡線 SL

ゆりこ による 2006-10-10 01:25:33 の投稿
カテゴリー: 旅行

きょうはおとといの只見線に引き続いて SL を体験してしまいました。鉄道の日きっぷが1回分余りそうだったので、消化試合として真岡鐵道と茨城交通に乗るべく出発しました。真岡鐵道はたまたま SL が走行する時間に巡り合ったので、乗車してみたわけです。その後予定変更して茨城交通はあきらめて JR 水郡線の支線に行きましたが……。

真岡駅で機関車とふれあう乗客の写真

真岡鐵道の SL は、只見線にも増して地元に溶け込んでいました。乗客自体が、遠方からの鉄道ファンが少なく、周辺の住人と思われる家族連れが多数です。さらに、茂木駅やその周辺では、有り余るぐらいの人々が手を振っていました。逆に、ごついカメラで撮影する人をほとんど見かけませんでした。

すなわち、ファミリー向け SL というわけで、地元に根付いているものと言えます。こういう形態もいいですねーー。

ただし、真岡線は平坦地が多くて只見線みたいな渓谷はありません。緑の木々や桜並木などの風景を楽しむことになります。

地元に愛される只見線 SL

ゆりこ による 09:54:07 の投稿
カテゴリー: 旅行

おとといは只見線の SL に乗りましたが、季節運行である SL 走行が地元から熱烈に歓迎されているのは、びっくりすると共に安心しました。

まず、長岡〜只見の SL リレー号で、新潟の観光協会の人が乗り込んでいて、観光パンフレットを配ったりお弁当の販売をしているところから、気合いが入っています。次に、只見駅でのお祭り状態は強烈です。駅に「歓迎 SL 会津只見号」という看板や横断幕があるのは序の口で、駅前に出店が出ていたり、子供さんが「1日駅長」をしていて SL やリレー号の出発を見送ったり、SL 機関車の方向転換を行えるイベントがあったり……。

歓迎 SL 横断幕の写真 1日駅長の子供の写真

さらに、途中停車駅でも、地元の人が無料でお茶を振舞ったり、きのこ汁・お饅頭などの臨時販売をしていました。通過駅でも、ホームに立って見送ってくれる人がかなりいます。SL 運転が地元にとっても、特別な行事であることを物語っています。

そして、SL を撮影しようとする鉄道・写真マニアが相当多いことも特筆されるでしょう。只見から西若松まで、カメラを持った人、カメラを据えつけた三脚が至るところにあります。風光明媚な沿線を旧型客車を連れた SL が走るのは、すばらしい絵になることが確実ですが、それ以上の理由が何かあるかもしれませんね。

磐越西線の SL に乗ったときは、沿線にときどき立っている人が手を振る程度だったのと大違いでした。このときは、「SL は外から見るものだ」という印象を受けましたが、今回は「実際に乗っても楽しい」と思わせてくれました。単に走らせるだけではなく、地元の応援が必要だということです。SL 運行という特別な状況とはいえ、只見線が沿線から愛されていることを感じます。廃止されるかもしれないという不安を消し去ってさえくれます。

とはいえ、たった510円の指定席料金だけで運行するのは、どう考えても赤字だと思えます。運行を支える人的リソース・物的リソースが多すぎて、1500円ぐらい取らないとモトを取れないのではないでしょうか。でも、只見線なら1500円でも乗ってくれるでしょう。

2006-10-08
くもり

只見線と会津鉄道に乗りました

ゆりこ による 22:58:40 の投稿
カテゴリー: 旅行

当初はJR只見線と山形鉄道・JR左沢線に乗る予定だった旅行ですが、只見線での SL 乗車は果せたものの、翌日の山形鉄道・JR 左沢線は中止して会津鉄道→野岩鉄道→東武鉄道乗車に変更しました。東北方面は大雨・強風による運転乱れのため、緻密な乗り継ぎが要求される予定を遂行できないと考えたためです。

その結果、運賃は余分にかかりましたが、楽な帰還ができました。旅行の様子はリアルタイムレポートを見てくらはい。

2006-10-06
雨

3連休は只見線と山形方面

ゆりこ による 02:22:17 の投稿
カテゴリー: 旅行

今週末は3連休で鉄道の日きっぷが使えますが、JR 只見線・山形鉄道・左沢線 (あてらざわせん) に乗るという、ローカル線の旅にします (行程表などはリンク先参照)。JR 只見線も JR 左沢線も、全線通し列車は1日数本しかない超ローカル線なので、なかなか乗る機会がなく、非常に楽しみです。

旅行記ウェブログでリアルタイムレポートを試みますが、なんせローカル線で圏外の場所が多そうですから、期待しないでください。

[追記 2006-10-08 10:35] 強風の影響で奥羽本線が遅れ、左沢線が区間運休のため、山形方面の予定はあきらめました。代わりに会津鉄道の未乗区間 (西若松〜芦ノ牧温泉) に乗車することにします。詳細はリアルタイムレポートを参照してください。

2006-09-04
晴れ

YS-11 を堪能

ゆりこ による 21:39:54 の投稿
カテゴリー: 旅行

おととい (3日) に福岡入りして、きのうは YS-11 でのフライトを堪能しました。日本の名機という称号に偽りはなく、すばらしい体験ができました。

本当は、すでに廃線が決まった路線や、引退が分かった車両などは乗らないポリシーを持っていますが、YS-11 に関しては、戦後の日本が唯一製造した旅客機で、しかも評価が高いということで、あえて乗ることにしました。

確かに内装や設備が古臭いところがありますが、ほとんど揺れず安定感のある飛行ができていて、非常に快適でした。日本がこんなすばらしい飛行機を作っていたなんて、改めて感動しました。後継機が出ずに製造が打ち切られたのは非常に残念だと思います。

日本の民間航空機としては引退ですが、自衛隊や海外の航空会社ではまだまだ運用されるようなので、最後の1機までがんばってもらいたいものです。

なお、現在の旅客機には、実は日本の技術がふんだんに使われていて、トイレやギャレー設備はジャムコの独擅場と言えますし、胴体や翼も日本の重工業会社が技術協力しています。YS-11 以後も、日本の航空産業が死んだわけではないのです。

2006-08-30
晴れ

YS-11 乗り納め旅行

ゆりこ による 20:29:29 の投稿
カテゴリー: 旅行

旅行ウェブログにはすでに書いていますが、今週末、9月末で退役する YS-11 に乗りに行きます。

乗り心地はいまいちだったり、内装も武骨だったりするようですが、国産飛行機の最後の姿をきっちり見てきたいと思います。

本当はもっと早めに行く予定でしたが、なかなか予定を組めずにぎりぎりになってしまいました。北海道の池北線は、乗る予定を組めず仕舞いのまま営業終了してしまいましたが、今回は同じ轍を踏まずに済んだので、よしとしましょう。

2006-07-17
晴れ

3-3-SUN で名鉄乗りまくり計画に悩む

ゆりこ による 23:59:13 の投稿
カテゴリー: 旅行

今年夏で終ってしまう 3-3-SUN フリーきっぷを、7月29日〜31日の3日間で使うことにしました。ムーンライトながらでアプローチして、29日は名鉄乗りまくった後 USJ に寄ってからカフェ玖伊屋に行きます。

わたしの名鉄の未乗区間はかなり多いので、時刻表を繰ってみると29日では到底片付きそうにありません。神宮前から先の常滑線系統とか、小牧線とかが未乗だからです。朝夕しか運転してない築港線もまだ。そして、今年10月で廃止になるピーチライナーも乗っておきたいところ。

29日は18きっぷがあるので、JR武豊線に乗ってから河和線に入ろうと思うと、JR 武豊駅からは珍名駅である「上ゲ駅」が近いことが分かりました。これはじっくり写真撮影しなければなりません!!

蒲郡でながらを下車し、蒲郡線に乗ったあと築港線→上ゲ駅→内海駅→河和駅→中部空港と寄るとお昼になりそうです。そのまま USJ に行くとちょうどいいぐらいかも。