池田百合子ウェブサイト Yuriko.Net

2011-07-28
晴れ

Office 2011 for Mac とジョルダン乗換案内を入手

ゆりこ による 2011-08-02 16:43:00 の投稿
カテゴリー: アップル・Macintosh,ソフトウェア
タグ: , ,

おととい到着した MacBook Air は OS X Lion がプリインストールで、Rosetta がないので PowerPC アプリが動きません。手持ちアプリケーションでは、Office for Mac 2004、駅すぱあとAppleWorks が該当します。

AppleWorks は新規に書類を使うことはないのですが、古い書類をたま〜〜に開くことがあります。この場合は Snow Leopard 搭載 Mac を引っぱり出せばいいので問題ないでしょう。Office と駅すぱあとはバリバリに使っているので、代替アプリを探さないとけません。

Office でよく使うのは Excel と PowerPoint で、前者はオープンソースカンファレンス (OSC) の申込書を書くときに使います。残念ながら iWork の Numbers ではチェックボックスなどのコントロール部品が消えてしまうので代用できません。OpenOffice.org ならバッチリなのですが、Mac ユーザーとして OOo は「いまいち」だと思っているので選定外です;-) PowerPoint は昔に作ったプレゼンテーションを開くときに必要なだけで、これは無理矢理 Keynote で開けなくはないです。

Office for Mac 2011 でのリボンインターフェースを大きく見る

Office for Mac 2011 はリボンインターフェース採用

今回入手した Office 2011 は Home & Students のファミリーパックとしました。3ユーザーまでインストール可能です。商用利用や非営利団体での使用が不可ですが、WordPress や OSC などのコミュニティー活動はあくまで「個人」としての行為なので問題ないでしょう。

Office のリボンインターフェースは Windows 版では批判が多いみたいですが、Mac ユーザーの目としては「比較的使いやすい」と思っています。Mac Office でのリボンインターフェースはインターフェース部品のサイズを小さ目として画面を圧迫しなくなっています。

ジョルダン乗換案内の詳細マップを大きく見る

ジョルダン乗換案内の詳細マップは駅間が開き過ぎて一覧しにくい

駅すぱあとは使い勝手がいいのですが、PowerPC アプリのまま Intel 対応をされずに、Mac ユーザー向けの拡販もサボっていて、事実上「既存ユーザー向けのメンテナンスリリース」状態でした。ライバルのジョルダン乗換案内 MacX は一早く Intel 対応を行っており、「青春18きっぷモード」など斬新な機能があります。しかし残念なことに、路線図マップで駅間が開きすぎて一覧性に劣るのが欠点です。

駅すぱあとは、「乗り鉄」と言われる鉄道に乗ることを目的とする旅行で、事前にプランを立案したり、旅行中にプラン変更したりする際に必須アイテムです。ジョルダン乗換案内がこの目的でどこまで威力を発揮するのか、近いうちに青春18きっぷ消化旅行をやってみますので、そのときが楽しみです。

2011-07-27
晴れ

Time Capsule の買い替え

ゆりこ による 2019-10-19 04:45:35 の投稿
カテゴリー: アップル・Macintosh,ネットワーク
タグ:
Time Capsule (第4世代) の梱包物を大きく見る

新型 MacBook Air を入手したわけですが、同時に Time Capsule も第4世代の3TBに新調しました。手持ちの Time Capsule は第1世代の1TBで、Time Machine バックアップだけでは足りるのですが、NAS として写真のバックアップを入れようとすると容量が不足しています。MacBook Air には AppleCare Protection Plan を付けたので、同時に所有している Time Capsule も保証対象となることから、Time Capsule も新調した、というわけです。

Time Capsule は第3世代から 2.4GHz と 5GHz の同時送信が可能で、802.11n のデュアルバンドにも対応していて 300Mbps の高速通信が可能なことが特徴です。

さて問題は、Time Capsule の中身をどうやって移行させるか、です。一番楽なのは、旧 Time Capsule の USB コネクタに外付けHDDを接続して、Air Mac ユーティリティから「アーカイブ」(==外付けHDDにバックアップ) を行い、それを新 Time Capsule に繋いでデータコピーすることです。しかし、2回コピーすると時間がかかりそうです。

そこで、今回は2台の Time Capsule を MacBook に有線接続させて MacBook から Finder コピーさせることにしました。これならコピー作業は1回で済みます。有線にすればそんなに時間がかからないでしょう。

Time Capsule データ移行の接続図を大きく見る

Time Capsule データ移行の接続図

MacBook は有線 LAN コネクタが1つしかありませんが、MacBook Air 用に購入した USB Ethernet アダプタを使えば、有線 LAN が2つになります。新 Time Capsule は 192.168.2.xxx のネットワークを設定し、旧 Time Capsule は 192.168.3.xxx のネットワークにします。インターネット接続は新 Time Capsule に接続し、旧 Time Capsule の WAN 側は接続せず、WAN 側 IP アドレスは「手入力」として 192.168.2.99 としてみました。

これだけだと、NAT させた時点で旧 Time Capsule がエラーを吐きました。手入力のプライベート IP アドレスなのに「パブリック IP アドレス」とみなして NAT すると「二重の NAT」になるので、いけないようです……。別にインターネット接続は不要なので、エラーを強制的に無視させることで回避しました。よく考えたら、旧 Time Capsule の WAN 側コネクタを新 Time Capsule の LAN 側と接続して、旧 Time Capsule をブリッジ接続にするのが素直だったような……。

ともかくネットワークの設定を行い、MacBook に2つの Time Capsule を接続して共有ディスクをマウントします。あとは Finder でコピーさせるだけです。しかしファイルが巨大すぎて時々エラーになりました。仕方ないので、フォルダを2,3個ずつコピーさせることで回避しました。

Time Machine バックアップのファイルは移行せず、NAS として使っていた共有ディスク部分 550GB ほどを移行しましたが、なんと40時間ほどかかってしまいました。これだと、外付けHDDを介した方が速かったのかもしれません……。

2011-07-26
晴れ

MacBook Air (Mid 2011, 13-inch) が到着

ゆりこ による 2011-08-02 14:18:09 の投稿
カテゴリー: アップル・Macintosh
タグ: , , ,
MacBook Air (Mid 2011) の梱包物を大きく見る

MacBook Air (Mid 2011) の梱包物

7月20日の発表直後に注文した MacBook Air (MId 2011, 13-inch) が到着しました。今まで iBook, PowerBook, MacBook と使い続けてきましたが、Air は初めてです。

最近の Apple の梱包は、箱を開けたら製品がドーンと目に入るようになっていて、製品を包むビニール袋は、1箇所だけ出ている「つまみ」を引っぱると簡単に剥がせるようになっています。今回の MacBook Air はACアダプタの延長ケーブルの電源側が「3ピン」になっているという噂がありましたが、果してわたしの分も該当していました。欧米向け仕様のケーブルが間違って混入したという噂ですが、両端のプラグをよく見ると <PS>E マークがあって、それ以外のマークがないので、明らかに日本向けに「3ピン仕様で作ってしまった」のだと思います。サーバー製品ならば3穴コンセントもよくあるのでこの仕様でいいと思いますが、コンシューマー製品だとちょっと困りますね。とはいえ、わたしは3穴電源タップを持っていますし、過去の Apple 製品に付属していた2ピン延長ケーブルが何本もあるので、「1本ぐらい3ピンケーブルが欲しい」ので、問題ありません。

Mac OS X Lion プリインストールモデルのようこそ画面を大きく見る

Mac OS X Lion プリインストールモデルのようこそ画面

開封式を終えたらいよいよ電源オンです。ようこそ画面はムービーがなくなって、言語環境を選ぶ画面に多言語で「ようこそ」が流れる仕様に変更されていました。言語を選び、他の Mac や TimeMachine バクアップからの転送をするか選択し、使用許諾契約を選び、……という流れはいつもと同じですね。

Lion のスクロール方向の変更を学ぶ画面を大きく見る

Lion インストール最後でスクロール方向の変更を学ぶ

ところが最後に、2本指スクロールの方向が変更になったことを覚えてもらうためのギミックがありました。「最後に」という画面で、ユーザーにわざわざ2本指スクロールを実行してもらい「Lion を始める」というボタンを表示させて押す、というものです。単に仕様変更しただけでは「あれ? 動かないぞ」となってしまいますが、こうやって操作させて覚えてもらうのは、さすが Apple 流です。しかし、この前の段階として「使用許諾契約を読む」ときにスクロールが必要で、2本指スクロールをやろうとすると「逆」なので迷うというオチがあったりします;-) (スクロールバーが出ているので、これをマウスで動かせば通常と同じ操作にはなりますが……)

MacBook Air はとても薄く、軽く、魔法のようなデバイスです。もっと気軽に持ち出せそうですが、かわりに iPad の出番が減りそう……。

2011-07-24
晴れ時々くもり

第2回J2東海を開催

ゆりこ による 2011-08-02 13:01:30 の投稿
カテゴリー: イベント,食べ物・料理
タグ: , , , , ,

ジンギスカン料理を大きく見る

ジンギスカン鍋にもやしを敷いてラム肉を載せる

7月24日(日)、晴天の中、荒子川公園にて屋外ジンギスカンパーティー「第2回J2東海」を開催いたしました。関東・関西では20年の伝統がある「J2」ですが、東海地域は浜松で1回開催したという記録があっただけで途絶えていました。このたび、NetBSD/doc-ja の岡野さんの協力を得て、復活させることにしました。悩んだのが「回数」を何回にするかですが、過去の開催は「1回だけだろう」と推測して、復活回は「第2回」としました。

荒子川公園のデイキャンプ場を大きく見る

荒子川公園のデイキャンプ場はサイトが9箇所ある

最初の呼び掛けは去年12月の名古屋合同懇親会の忘年会で「2011年4月29日の『肉の日』」としましたが、準備が間に合わず、1ヶ月伸ばして5月29日(日)としました。これが失敗で、台風直撃により関東・関西のJ2と同様に「延期」となってしまいました。梅雨明けを待って、7月24日(日)に晴れて開催となったのです。熱中症が心配されましたが、運よくおだやかな天気でした。

参加人数は4人とこじんまりしていましたが、キャンプやバーベキューの経験豊富な人が集まっため、スムーズに買い出しや準備ができました。ビールは350mL缶を6本 (飲む人が3人なので1人2本)、ノンアルコールのビール風飲料が500mL1本、お茶3L、ジュース1L、キャベツ半袋、人参1本、ピーマン1袋、かぼちゃ1/4切れ、もやし3袋を購入し、前菜として惣菜 (海老フライと唐揚げ)、枝豆も買いました。枝豆はガスバーナーと鍋を使ってその場で茹でるという本格派。

第2回J2東海の食材を大きく見る

第2回J2東海の食材

屋外ジンギスカンの準備状況を大きく見る

机にカセットコンロ・ジン鍋・風除けを置いて準備完了 (photo by okano)


11時15分に買い出し終了して、準備は11時40分に完了しました。4人分なのでそんなに時間かかっていません。さっそく乾杯して前菜を食べつつジンギスカンを作ります。まず鍋を温めて乾拭きし、ラードを敷いてもやしを並べます。そこにラム肉を載せて、残りの野菜で蓋をします。野菜ともやしを反対にしてしまっっため、もやしが少々焦げ付きましたが、なかなかの仕上りです。続いて残り2回ジンギスカンを焼き、最後は焼きそばでシメとしました。

キャッツカフェのネバーギブアップを大きく見る

キャッツカフェのネバーギブアップは巨大ジョッキで出てくる

終了は13時30分過ぎで、片付けも14時ごろには終了しました。二次会は「巨大パフェを食べよう」ということで、近くのイオンSCに「キャッツカフェ・名古屋港ベイシティ店」があることが判明したので、そこで5人前という「ネバーギブアップ」を注文して、反省会や雑談で過ごしました。クルマで金山駅まで送って頂き、そこでJ2東海は解散となりました。

参加されたみなさん、ありがとうございました。都合が悪くて参加できなかった方は、第3回を10月15日(土)で検討していますので、参加表明をお願いします。次回も ATND で募集・打ち合わせをしたいと思います。

2011-07-23
晴れ

ケータイ大喜利7月の生放送2回目も見逃し

ゆりこ による 2011-08-02 12:25:00 の投稿
カテゴリー: テレビ・メディア
タグ: ,

7月23日のケータイ大喜利も見逃しました。この日は WordBeach の打ち合わせ・懇親会の試食会・宿泊イベントの予習ということで南浜荘に行ったのですが、7人で談笑していて見逃しました。泊まった大広間にテレビがなかったのも大きいですね……。

新舞子で WordBeach 打ち合わせ

ゆりこ による 2011-08-02 03:48:30 の投稿
カテゴリー: WordPressハック,イベント
タグ: , ,
WordBeach 会場である南浜荘 (宿泊棟) を大きく見る

WordBeach 会場である南浜荘。こちらは宿泊棟

リニア・鉄道館の次は新舞子での WordBeach Nagoya 打ち合わせです。いよいよ来月27日に迫った WordBeach の準備を会場現地で行おうという試みです。「現場百遍」と言いますが、スタッフの大半が現地を見ておくことは、とてもいいことです。夕方からは懇親会の料理試食会として懇親会も行い、なんと現地でのお泊まりもやってしまいました。(WordBeach にも宿泊コースがあるのです)

名鉄日長駅下り駅舎を大きく見る

名鉄日長駅は無人駅で30分に1本の普通のみ停車

会場である「新舞子まなビレッジ南浜荘」の最寄り駅は「日長」で、名古屋駅から名鉄で30〜45分もかかる不便な場所です。せめて準急が止まればいいのですが、非情にも30分間隔の普通列車しか止まりません。しかし、駅から研修設備への案内看板は充実していて、最初に踏切を渡らずに海と反対方向に行かない限り迷わないと思われます。

リニア・鉄道館で少し油を売り過ぎて、1時間ほど遅れてしまいました。予算についての調整が終わって、ノベルティ、イベント名称、およびスタッフの役割分担などを調整するところでした。イベント名称は、WordPress Foundation から「WordBeach (WordCamp Nagoya 2011)」という名称にケチがついたもので、WordCamp の名前をサブ名称として使ってはいけない、という指示でした。WordBeach だけにするか、WordCamp Nagoya だけにするかの2択となりましたが、スタッフの「Beach で何かイベントをしたい」という意図を明確にするために WordCamp という名前を捨て、WordBeach という名称に決定しました。スポンサー様への説明が必要となりますが、丁寧に説明して了解を得ることにしました。

今回のわたしの当日の役目は、小野さん主催の「デスマワークショップ」のチューターとしました。ワークショップでは、作業が詰まってしまった人のフォローが大事ですから、複数のチューターが欲しいところです。

懇親会の料理を大きく見る

WordBeach の懇親会と同じ料理を手配

宿泊での枕投げ練習を大きく見る

宿泊は大広間で枕投げも練習

18時過ぎ、打ち合わせをお開きとし、20人ほどで懇親会の試食会としました。今回は宿泊棟の食堂をそのまま使いましたが、本番では食堂が狭くて全員入れませんので、研修棟まで料理を運んでの宴会となります。今回は料理配膳のシミュレーションを省略しています。

懇親会の後は7人ほどで宿泊としました。風呂は男女別浴ですが、浴室が狭くて3,4人ぐらいしか同時に入れません。今回は他の宿泊者が少なかったため「1人ずつ入れる」貸し切り状態となりました;-) 風呂の利用時間は23時までで、24時には湯が抜かれてしまいます。WordBeach 本番で女性参加者が少ないため、女性の入浴が終われば、両方の風呂を男性向けに開放することも検討しています。

宿泊イべントの当初の名称は「WordREALCamp」でしたが、これも使用不可となり、「REALCamp」もしくは「PillowFight」が変更候補となりました。後者はつまり「枕投げ」です。ということで、実際に枕投げの練習も行いました。なお、南浜荘の規定で、障子を1マス破いてしまうと「500円」かかるそうです……。では1万円払えば20マス破ける、ということか……。さすがに今回は破きませんでしたが、WordBeach 参加者のみなさんにおかれましても破かないように注意をお願いします。

リニア・鉄道館を見学

ゆりこ による 2011-08-02 03:17:00 の投稿
カテゴリー: 鉄道
タグ: ,

この週末は名古屋での用事です。土曜午前中は金城埠頭にオープンしたリニア・鉄道館に行ってみました。JR 東海が飯田線沿いに作っていた「佐久間レールパーク」で展示した車両の大半を移設し、リニア新幹線の展示を強化した施設です。夏休み期間ではありましたが、早い時間帯に到着したので比較的空いていました。

リニア・鉄道館での車両展示の様子を大きく見る

建物内に展示されている車両は、リニア新幹線・700形新幹線・ドクターイエローなど新型車両から、少し古い在来線特急車両、相当旧型の急行列車や蒸気機関車・客車まで展示されています。

その他、1F には新幹線の運行の仕組み紹介、自動券売機の体験、鉄道の歴史紹介、列車シミュレーターなどがあります。列車シミュレーターは別料金かつ予約制で、入場記念カードに抽選券がついているので、各自抽選箱に入れる仕組みです。1日4回抽選がありますが、N700のぞみ体験・在来線車掌体験は1回 (2時間枠) あたり8人しか当選しないという、狭き門です。在来線運転シミュレーターは枠が多いのですが、モノは「電車でGO」とあまり変わらない気がします……。

硬券用の活版を大きく見る

2F は鉄道の仕組みを学べる展示があり、車輪や車体の構造などを分かりやすく学べます。車輪の模型をカーブする軌道に転がせて、「どの形ならばうまくカーブを曲れるか」を見せているのは、鉄道初心者にとって分かりやすいですね (鉄道博物館にもありますが……)。歴史コーナーは2Fにもあって、硬券を作る型はきっぷマニアには見物だと思います。

2F には駅弁販売コーナーと飲食コーナーがあります。これが分離されているということは「弁当を持ち込んで食べてもいい」というわけですね。中のレストランで儲けようとしないお財布に優しい仕掛けはびっくりです!! 東海地方は「ケチ」なのでこうしないと客が来ないんでしょうか??

2011-07-21
晴れ時々くもり

Mac OS X Lion を外付けHDDにインストール

ゆりこ による 2011-08-02 02:51:30 の投稿
カテゴリー: アップル・Macintosh,ソフトウェア
タグ: , ,

きのう発売が開始された Ma OS X Lion をお試し運用ということで外付け HDD にインストールしてみました。新型 MacBook Air は発注していますが、こちらは Lion の本番環境となりますから、届く前にいろいろ試してみます。外付け HDD ですから、そのまま Air に繋いだらお試し環境が使えるはずです。

Lion を App Store から購入すると Dock に入る

まずは Lion の入手です。Snow Leopard が稼動している MacBook ホワイト (Late 2009; ユニボティ) から App Store を起動して Lion を購入します。Dock に Lion が入り、インストーラがダウンロードされます。(うちの環境は Dock が右側なのです)

Lion のインストーラでディスクを変更する Lion のインストーラでインストール先ディスクを選択する

Lion のインストーラを起動し、ライセンスに同意したらインストール先の確認画面が出ます。ここで「すべてのディスクを表示…」ボタンを押すと外付け HDD を選択できます。その後はインストールボタンを押して続ければ OK です。

Lion では、インストールするパッケージを細かく選択することができないようです。使わない言語環境やプリンタドライバを除外してインストール容量を削る技ができません……。

これで Lion 環境ができました。Lion は見た目が Leopard, Snow Leopard からかなり変わっていて、次世代 OS っぽい雰囲気も出ていますね。バージョン番号は 10.7 ではなくて 11.0 でもよかった気がしますよ。

2011-07-20
晴れ

Mac OS X Lion と新 MacBook Air 発表

ゆりこ による 2011-07-26 00:28:28 の投稿
カテゴリー: アップル・Macintosh,ソフトウェア
タグ: , ,
OS X Lion は Mission Control など新機能が250以上ある

OS X Lion は Mission Control など新機能が250以上ある

日本時間で20日午後9時ごろ、Mac OS X Lion と新 MacBook Air が発表・発売開始されました。OS X Lion は7月発売が発表されていましたが、ついにその日がやってきたわけです。そして、予想通り、Lion 搭載で第2世代 Core i プロセッサー採用の MacBook Air も発売されました。

Mac OS X Lion は当面の間、DVD や USB メモリというメディアでの発売がなく、オンラインの Mac App Store 限定での入手となります。そのかわり 2600円と非常に安価になっています。動作環境は 64-bit 対応の Intel Mac となっていて、Core 2 Duo 以降の CPU が必要となります。初代の MacBook Pro, MacBook, Mac mini などは CoreSolo, CoreDuo 搭載なので動かないわけです……。アプリケーションは PowerPC コードに未対応となり、Rosetta が必要だったものは動きません。

手元の MacBook は、初代ホワイトが未対応、ユニボティの方が Lion 対応しています。1台しかないので、本番運用は先として、とりあえず外付け HDD にインストールしてのお試しとしてみます。

使用中のアプリケーションで未対応になるのは Office 2004 , 駅すぱあと, AppleWorks などが該当します。Office 2004 は昔に作ったプレゼンテーション書類の読み込みや Excel 書類の編集に使っています。新作プレゼンは Keynote なのですが、古いプレゼンの再上演では PowerPoint を使っているだけに、Office 2011 の入手が必要ですね。駅すぱあとは Intel Mac が登場してもずっと PowerPC アプリのままでした。ヴァル研究所は Intel 対応をやる気がないのでライバルソフトの「乗換案内 MacX」に乗り換えが必要です;-) AppleWorks も古い書類を開くときぐらいしか使っていないのですが、そのためには Leopard インストールの PowerBook G4 を残しておけば十分でしょうか。

実は Lion 搭載の MacBook Air をオンライン Apple Store で発注しました。届き次第レポートいたします。

[追記 8月2日] Office 2011 for Mac, 乗換案内 MacX も入手しました。

2011-07-17
晴れ

第45回J2関西は屋内開催

ゆりこ による 2011-07-20 21:42:00 の投稿
カテゴリー: イベント,食べ物・料理
タグ: , ,

第45回J2関西は、5月の予定が台風のため7月17日に順延して開催されました。猛暑のため、淀川河川敷での開催は断念して、まいパパさんの会社の事務所という「屋内」開催となりました。

参加者が12人ほどということでコンロは2台で済み、なんとか冷房がギリギリ効く状況。熱中症で倒れる人もなく、無事終了しました。屋内での開催もなかなかいいですね。

遅れて到着したので食べるのに夢中で写真は最後の集合写真しか撮ってません……。

来週日曜日は J2 東海ですが、屋外のため暑さ対策としてパラソルを入手予定です。