パケ・ホーダイタグの投稿

2008-08-26
晴れ

ドコモが2段階制パケット定額を導入

ゆりこ による 00:20:56 の投稿
カテゴリー: モバイル・携帯電話
タグ: , , , ,

NTTドコモが、10月1日から2段階制のパケット定額サービス「パケ・ホーダイ ダブル/Biz・ホーダイ ダブル」を導入すると発表しました。従来のパケ・ホーダイ、パケットパック10等は12月末で受付終了となります。

ついにドコモも2段階制パケットに移行となります。完全に au のダブル定額ライト、ソフトバンクのパケットし放題のパクリですね。最低金額が1029円と安いのはいいのですが、パケット単価が 0.084円と高いために、すぐに上限 (4410円) に到達してしまうんですよね……。キャリアとしてはうまみのある料金体系ですね ;-)

au の場合、そこそこパケットを使う人ならば、通常のダブル定額の方がパケット単価が安い (0.0525円) ため、上限に到達しにくく節約しやすいのです。なので、ドコモにはダブル定額の方を真似して欲しかったのですが、他社との対抗上、最低金額が安い方にせざるを得なかったのかもしれません。

個人的に問題なのは、パケットパック10、30の受付終了です。パケットパックは、定額料が通話・通信両方にも適用できるため、定額料が余ったら通話で使うという手がありました。また、パケットパック30は、パケット単価が 0.0525円と比較的安いため、au のダブル定額と同じくミドルユーザーにやさしいプランでした。わたしは月々の状況に応じて、パケットパック10と30を行き来していただけに、受付終了となると、どちらかに固定させて使い続けるしかありません。パケットパック10はともかく、パケットパック30が残れば、パケ・ホーダイダブルとパケットパック30を行き来できるので、温存を要望します!!

また、時々 PC と接続して通信するユーザーにも、パケ・ホーダイダブルは難儀です。実はパケ・ホーダイは、パケット単価が 0.021円 (パケットパック60と同じ) だったので、パケ・ホーダイにしておけば、比較的安いパケット料金で通信できました。パケ・ホーダイダブルは 0.084 円と実に4倍の値上げになります。ドコモ的には、PC 通信する人には「定額データ割」を使わせたいのでしょうが、わたしみたいに「ふだんはイー・モバイル、イモバ圏外ならウィルコム/au/ドコモ」という人には、従量制での PC 通信は都合がいいんですよね……。そもそも、ドコモの PC 定額データサービスは「Mac 不可」なので話になりません!!

わたしが考えていたのは「パケ・ホーダイ10」(最低1000円、単価 0.084円)「パケ・ホーダイ20」(最低2000円、単価 0.0525円)「パケ・ホーダイ」(フルと合併、単価 0.021円) にする案でした (条件はすべて 4095円)。こうすれば、パケットパック10,30,60 を廃止しても問題ではありません。ライトユーザー、ミドルユーザーどちらも満足できます。今回のドコモの案ではライトユーザーのみ恩恵があって、ミドルユーザーは値上げになってしまいます (パケット単価と上限が上がっているので)。サービスインまで時間があるので、みんなで苦情を言えば修正されるかもしれません!! せめて上限は 4095 円じゃないとダメでしょう。