大誘拐タグの投稿

2008-12-01
晴れ

大誘拐 RAINBOW KIDS が BS-i で放送

ゆりこ による 01:05:55 の投稿
カテゴリー: テレビ・メディア,映画
タグ:

8月にチャンネル NECO で放送していたのを見逃した、映画版の「大誘拐 RAINBOW KIDS」ですが、あす12月2日に BS-i で放送されることが判明しました!!

08/12/2 (火) 21:00〜23:24

「独立愚連隊」「ジャズ大名」の岡本喜八監督が、3人組の若者に誘拐された老女が、それを逆手に若者達を手玉にとって事件に関わる人々を翻弄する様を描いた痛快コメディ。

さっそく録画予約をしました。できればリアルタイムでも試聴したいですが、終了が23時過ぎということで、眠くなってしまうかもしれません……。BS デジタルでの放送なので、ワイド画面で見られそうですね ;-)

放送予定を発見したのは全くの偶然で、何となく「大誘拐 放送予定」で検索したら、Yahoo! テレビ番組表が引っかかったという……。BS デジタルの放送予定なんて普段まったくチェックしていないので、すばらしく運がよいと言えます。

[追記] どうやら、BS-i では、10月12日(日)に緒方拳さんの追悼として大誘拐を放送していたようです。それに気がついていなかったのは情けないわけですが、再放送(?)を見られるのは助かりました。緒方拳さんは和歌山県警本部長である「井狩大五郎」役なので準主役ですね。刀自を演じた北林谷栄さんより先に亡くなるなんて……。

[追記 2008-12-03] 結局リアルタイムで観賞しました。長編小説を2時間に収めているので、細かい部分がはしょられていたのが残念ですが、大枠は原作通りでした。ドラマチックな「テレビ対面」の部分は思わず涙が出てしまいました。しかし、誘拐団の若い3人のキャラがあまりはっきりしないのはちょっと物足りないところです。原作ではきちんと3人が書き分けられていたのにーー。

2008-08-31
晴れ

天藤真「大誘拐」

ゆりこ による 03:14:04 の投稿
カテゴリー: 読書
タグ: ,

Amazon 広告: 大誘拐—天藤真推理小説全集〈9〉< ![endif]-->

読書づいている最近ですが、今回は先月古書で購入した、天藤真「大誘拐」を紹介します。刑務所で知りあった3人が出所後に、紀州の大富豪柳川とし子の誘拐を企みます。入念な準備の末、見事略取しますが、いざ5000万円の要求を出そうとすると、本人が「大柳川家の当主を見損のうたら困る。100億円にせよ」と言い出してしまいます。その後も「要求への回答をテレビ放送させる」「本人が健在であることをテレビ中継させる」などと大胆不敵な指示を、警察の裏を掻きつつ実現させてしまうのです。この誘拐劇はどう決着が付くのか?

初出はカイガイ出版部の書下しで、その後徳間NOVELS、角川文庫や創元推理文庫から出ています。わたしが購入したのは創元推理文庫版なので、広告もそうしておきます。

実は、購入したのは先月で、誘拐計画を練る部分で飽きてしまって放置していました。しかし、きのうチャンネル NECO を見ると、これを映画化した「大誘拐 RAINBOW KIDS」が放送されているではありませんか!! 身代金を袋に詰めて輸送し、それをテレビ中継させている場面が流れていました。見た瞬間は本作の映画版とは分かりませんでしたが、ヘリコプターが「和歌山航空」となっており、紀伊山地を飛ぶシーンを見て気がつきました。番組名を確認し、本作を引っ張り出してみると、まさにそうでした。「100億円の身代金」「テレビを使う」などの展開はまさに映像化しやすく、映画版もスムーズな展開でした。まだ読了していなかったので、途中で試聴をやめて本の続きを読んだという次第です。略取を実行してからのストーリー展開はテンポよく、破天荒で抱腹絶倒モノです。誘拐団の「ボス」は並大抵の人物ではありませんよ!!

チャンネル NECO での放送は今日でおわり (8月に4回だけ) なのが残念です。もっと早く読了しておいて、かつ、ケーブルテレビの放送予定を入念にチェックしておけば、映画版もきっちり閲覧できたはずなのに……。映画のDVDを買う手もありますが、ちょっともったいないか……。