20mmタグの投稿

2011-01-10
晴れ

フィルムカメラ F80S で撮影旅行

ゆりこ による 2011-01-13 23:05:28 の投稿
カテゴリー: カメラ,旅行
タグ: , , , , , , , , ,

去年年末に入手したフィルムカメラ F80S ですが、さっそく撮影旅行に出かけました。1月8日は長野県で、9日は江ノ島です。

フィルム写真を同時プリントした様子を大きく見る

F80Sで撮影したフィルム写真を同時プリント

長野県方面は、臨時駅であるヤナバスキー場前駅の訪問、朝焼けの撮影、姨捨駅からの風景を鑑賞、上田電鉄別所線の乗車などが目的でした。江ノ島方面は、湘南モノレール江ノ島電鉄の乗車が目的です (実はどちらも乗ったことがなかった!!)。フィルム写真は実に10年以上ぶりですが、F80S はデジタル一眼レフとさほど使い勝手が変わらず、撮影を楽しみました。

現像に出してみると、インデックスプリントも付いていました。APS フィルムで標準化されたインデックスプリントですが、富士フイルムは 35mm 版フィルムの現像でも付けているようです。これは便利で助かります。

撮影データが焼き込まれたネガフィルムを大きく見る

ネガフィルムに撮影データが焼き込まれている

F80S の魅力はコマ間に撮影データ (シャッタースピード・絞り・露出補正値) を焼き込めることです。早速試してみましたが、データが写真と重なってしまっています……。本来の仕様では重ならないはずなので、このカメラ個体だけの事象のようです。ネガフィルムの場合はプリント時に周囲がカットされるので問題ないですがリバーサルフィルムで撮影する場合は困りますね。

以下に作例を掲載します。同時プリントされた紙焼きをスキャナで取り込んだ (600dpi) ものなので、フィルムそのものの解像度は出ていません。ゴミ取りなども省略です;-) F80S に使用したレンズは、AF NIKKOR 20mm f/2.8D および AF-S NIKKOR 28-300m f/3.5-5.6G が主で、試験的に AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G も付けてみました。四隅がわずかにケラれる程度で、被写体によっては使えそうですね。

立山連峰と青木湖の写真を大きく見る

立山連峰と青木湖

ヤナバスキー場前駅の写真を大きく見る

雪に囲まれたヤナバスキー場前駅

姨捨駅からの善光寺平と千曲川の光景を大きく見る

姨捨駅からの善光寺平と千曲川

千曲川を渡る上田電鉄まるまどりーむを大きく見る

千曲川を渡る上田電鉄まるまどりーむ

江ノ島電鉄鎌倉高校前駅での夕焼けを大きく見る

江ノ島電鉄鎌倉高校前駅での夕焼け

DX NIKKOR 35mm f/1.8G での作例写真を大きく見る

DX NIKKOR 35mm f/1.8G は四隅がわずかにケラレる

江ノ島に沈む夕陽を大きく見る

江ノ島に沈む夕陽

江ノ電藤沢駅の車止めにある正月飾りを大きく見る

江ノ電藤沢駅の車止めに正月飾り

2010-10-11
晴れ

20mm単焦点レンズを入手

ゆりこ による 23:59:54 の投稿
カテゴリー: カメラ
タグ: , , , , ,
AF Nikkor 20mm f/2.8D の写真を大きく見る

AF Nikkor 20mm f/2.8D と革ケース

昨日、カメラのキタムラで中古の広角単焦点レンズ「Ai AF Nikkor 20mm f/2.8D」を入手しました。D レンズで古い形式ですが現行品です。20mm は超広角レンズですが、D90 は APS-C フォーマットなので 35mm フィルムの焦点距離に換算すると30mmとなり、ふつーの広角レンズの画角になります。

先月初めに 35mm 単焦点レンズを入手しましたが、実際に街中スナップをしてみると「画角が狭い」と感じるようになりました。AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G のコンパクトさや明るさは素晴しく、写りも感動しますが、街中スナップをするにはちょっと物足りません。D90 のキットレンズである 18-105mm で広角側を使う手は、旅行とかではいいですが毎日持つのはちょっと大変です。コンパクトな広角単焦点が欲しくなるわけです。

ということで、20mm か 24mm をターゲットにしましたが、f値2.8 のものは D レンズが現行品です。新品は微妙に割高なので中古を狙い、新宿西口マップカメラ、中野フジヤカメラ、新宿西口カメラのキタムラを渡り歩くと、キタムラに 20mm と 24mm の両方がありました。両方試させてもらうと、20mm の方がフィーリングに合ったのでお買い上げとしました。またもクレジットカードの魔法 (ボーナス一括) を使ってしまいました;-) 元箱はありませんでしたが、革ケースが付属していました。今どきのレンズはソフトケースになってしまいましたが、昔のレンズはこういう革ケースに入っていましたよね。

試写を兼ねて11日開催の「第48回J2関東」に持って行きました。少しピントが甘い気がしますがウェブ向けに縮小すれば気になりません。色のりが非常にこってりしていますね。逆光にはまあまあ強く、夕日を正面から写しても光芒が綺麗に入りますし、ゴーストは出ますがフレアは少な目だと思います (ゴミ捨て場の画でごめんなさい)。

朝の二子橋の写真を大きく見る

朝の二子橋

多摩川河原の写真を大きく見る

多摩川河原の青空

夕方の多摩川河原ゴミ捨て場の写真を大きく見る

夕方の多摩川河原ゴミ捨て場。夕日の光芒が美しい

夕方の多摩川河原雑金属捨て場の写真を大きく見る

夕方の多摩川河原雑金属捨て場。フレアとゴーストはまあまあ出る