会津タグの投稿

2011-09-03
晴れ

OSSC 会津に出展

OSSC 会津の WordPress ブースを大きく見る

OSSC 会津の WordPress ブース


9月3日に開催されたオープンソーススモールカンファレンス Aizu (OSSC 会津) に WordBench 新潟・川崎として出展しました。通常の OSC と比べると規模が小さい「特別版」であり、通常の OSC とは違った雰囲気になっていました。富山から会津大学出身の「ようさん」が駆け付けて頂いて、出展に協力してもらえました。ありがとうございます。

OSSC 会津の受付を大きく見る

OSSC 会津の受付。空調が緩かったため扇風機を出動

準備は会津若松市の目黒さんと、会場である会津大学の寺薗先生が中心となって手配されたそうです。設営は当日9時から開始して、10時に開会挨拶して午前中はアンカンファレンスを行いました。プレゼンのネタがある人はそれを披露し、なければ自己紹介をするという形で進みました。OSC でアンカンファレンスは初の試みですね。わたしは「Mac OS X Lion で作る WordPress ローカル環境」を披露しましたが、細かい内容まで記述した手順書を解説ということで少々時間がかかり、10分強となりました。実演版のスライドを付けておきます。

OSSC 会津のライトニングトーク開始前の様子を大きく見る

OSSC 会津のライトニングトーク

午後はブース展示スペースで来客対応し、16時からはライトニングトークで「WordPress のイベント WordCamp ってどんなの?」を披露しました。こちらはきっちり5分で実演しましたが、おまけの「籠太カレー変遷」が出せなかったので、時間外でスライドを出させてもらいました。

Mac OS X Lion で作るローカル環境 (2011年9月3日版)
形式: PDF 1.3MB または slideshare
ライセンス: クリエイティブ・コモンズ・表示-継承 2.1 日本
スライドPDF「Mac OS X Lion で作る WordPress ローカル環境」
WordPress のイベント WordCamp ってどんなの?
形式: PDF 12.7MB または slideshare
ライセンス: クリエイティブ・コモンズ・表示-継承 2.1 日本
スライドPDF「WordPressのイベントWordCampってどんなの?」

籠太の外観を大きく見る

OSSC 会津の懇親会は籠太

籠太の生ビールを大きく見る

籠太に早く着いたのでフライングビール

片付けののち、参加者のクルマに分乗して懇親会場である籠太に向います。懇親会が籠太ということで、他のカブっているイベントを差しおいて会津に来たようなものです。宴会の開始は18時からでしたが、店には17時30分に到着してしまったので、フライングで飲んでしまうことにして、カウンターで生ビールを頂きました。運よく地鶏の鳥皮串があったので焼いてもらってつまみとしました。実は籠太の生ビールは初体験でしたが、本当にクリーミーで、ビールサーバーを丁寧に洗浄していることが伺えます。

18時になって2Fの大広間に移動して本格的に乾杯としました。料理は一般的な宴会コースに近く、揚げ物・刺身・煮物が並んでいました。馬刺しはなし。その後、トマトのベーコン巻き串、花咲蟹ごはんも出てきました。乾杯は瓶ビールで、スーパードライが出てきました。籠太でもスーパードライがあるんですね……。ビールの後は日本酒ということで、親父おすすめの地酒を1升瓶で出してもらい、都合4銘柄を堪能しました。日本酒の合間に、トマトジュース・さるなしジュースを頼む人も大勢いました。籠太のソフトドリンクもやたらおいしいんですよね。シメは当初のコースメニューにない籠太カレーを4皿+ごはん6皿を頼みました。これで宴会予算ギリギリになった模様です。。

籠太の大広間での宴会風景を大きく見る

籠太の大広間で宴会

籠太カレーを大きく見る

籠太カレー2011年9月版

うれしいことに、WordPress を使っている人が数名おられました。勢いで WordBench 会津グループを作ってもらうことにしました。近いうちに、関東や新潟から講師を送り込んで勉強会+宴会+写真部をしたいものです。

2011-05-03
くもり時々雨

会津でフィルム撮影三昧

ゆりこ による 2011-06-26 02:09:15 の投稿
カテゴリー: カメラ,旅行
タグ: , , , , , ,

今年の5月連休は2日と6日の両方を休みにして10連休を作りました。2日〜4日は以前から計画していた会津ゆきで、震災の影響が少ないということから予定通り敢行しました。会津旅行は1泊2日で慌しい行程になってしまうことが多いですが、今回は2泊3日でゆったり過しました。とはいえ3日目は早朝から福島空港への移動のため実質的には会津に「丸2日いる」感じでしたが。

東京電力の原発事故が「福島県」ということで同じ福島県に属する会津も風評被害が少なからずあるようです。しかし、発電所からは90km程度離れていて、仙台と発電所との距離と同じぐらいの距離感です。それだけ福島県は「横に長い」のです。もともと会津と中通り・浜通り地域とは文化も多少違いますし。実際に行ってみると観光客は2割ぐらい減ということで、そんなに寂しいわけではありませんでした。

今回の会津ゆきはフィルムカメラに嵌ってから初めてということで、鶴ヶ城の桜をメインに町並みを撮ってみようと計画しました。

会津武家屋敷の桜を大きく見る

会津武家屋敷の桜

鶴ヶ城に日が落ちる図を大きく見る

鶴ヶ城に日が落ちる

御薬園の重陽閣で出されるスイーツを大きく見る

御薬園の重陽閣でティータイム


まずは巡回バス「あかべぇ」で武家屋敷にて降りました。3日昼間に回る予定でしたが、バスの車窓から見える桜が見事で「ここだ」と思って急遽行程変更しました。予想は大当りで、少し散っていましたが、散った花弁と咲いている枝の対比がとても美しくなりました。

その後ホテルにチェックインして鶴ヶ城に向いましたが、こちらはかなり散っており桜撮影は不調でした。お城自体はとても決まるのですが……。

夜は定番の居酒屋で宴席とし、ネガフィルム「Venus」で料理写真の撮影に試みました。ISO 800 の威力は伊達ではなく、店内でもきれいに撮れます。

翌日 (3日) の昼は居酒屋のご主人に喜多方のイタリア料理店を案内して頂きました。ここではデジタル一眼レフでの撮影に絞って料理写真を撮りました。料理はデジタルカメラの方がホワイトバランスなどが適切に決まるので撮りやすいですね。

その後、わたしは御薬園に移動し、花の撮影および園内にある重陽閣でティータイムとしました。さすが歴史ある建物なので、いい画が撮れます。

会津は空襲に遭ってないだけに歴史的建造物が多く残っていて、写真撮影にも向いています。今回はモノクロ撮影をしなかったのですが、次回訪問時はモノクロも試したいと思います。