Apple Storeタグの投稿

2014-06-14
晴れ

Apple Store, Omotesando が開店

ゆりこ による 2014-07-14 00:06:50 の投稿
カテゴリー: アップル・Macintosh
タグ: ,
20140614_0007

2014年6月13日、日本で8軒目となる直営店 Apple Store, Omotesando が開店しました。東京の Apple Store は Ginza, Shibuya ともに混雑しているので3店目は助かります。わたしのように小田急沿線に住んでいると表参道は千代田線から直通できるので行きやすいのもうれしいところです (Shibuya は小田急の代々木八幡駅からバス or 徒歩という技があることはありますが……)。

さすがに開店日は並べなかったので開店2日目に行ってみました。日本では初となる天井までガラス張りの店はとても開放感があり、店内に居ても路地にいるかのようです。Genius Bar は広くて待たされることがなく快適です。iPhone 5s のガラス割れと MacBook Air のヒンジが緩い問題についてはここに入院させることにしましょう。

残念ながら Omotesando 記念グッズはほぼ売り切れていて、バッテリー付きケースぐらいでした……。

2011-05-22
雨のちくもり

仙台で Apple Store リニューアルを待つ

ゆりこ による 2011-06-29 02:26:30 の投稿
カテゴリー: アップル・Macintosh
タグ: ,
リニューアル開店を待つ Apple Store, Sendai Ichibancho を大きく見る

リニューアル開店を待つ Apple Store, Sendai Ichibanch

5月22日は Apple Store 誕生10周年ということで、全世界でリニューアルが行なわれました。日本でも、通常は10時開店のところが「12時開店」ということで「何かイベントがあるに違いない」と信じた Apple ファンが全国の Apple Store に行列をなしました。わたしも仙台訪問中ということで、仙台一番町店に11:20ごろ訪問しました。

仙台には物好きが少ないのか、11時20分の時点では行列はなし。ベンチで座って待っている人がいた程度でした。単に立っているだけではつまらないので、周辺の店を冷やかして40分過ぎに戻ってくると数人待っている人がいたので並ぶことにしました。

店内では着々と開店準備が進められていますが、くす玉があるわけでもなく、ハイタッチをする雰囲気でもなく、特にプレゼントを配布するような気配はありませんでした。

商品ディスプレイに使われる iPad2 を大きく見る

商品ディスプレイに使われる iPad2

そして、12時ちょっと前、静かにオープンしました。中に入ってみると、従来の内装とほぼ同じですが、どこかが違います。店員に「どこが変わったのですか」と聞いてみると「少し変わっています。じっくりとご覧ください」と客の探究心を壊さない回答です。よく見てみると、ディスプレイされている品物の前に iPad2 がありました。今までは品物の近所にスペックと値札が立てられていましたが、iPad2 で商品説明と値段表示をしているのでした。この「iPad2 によるディスプレイ」がリニューアルの秘密ですね。

せっかくのリニューアルオープンですが、何も買わずに退散しました。iPhone 3GS のケースが破れかけているため新調しようと思いましたが、iPhone 4 用ケースしかありませんでした。iPad2 も在庫は潤沢にありましたが、実は「刻印入り 32GB」をオンラインの Apple Store で発注済なのでリテールショップで買う必要がないんですよ;-)

2009-11-12
くもり

ユニボディ白 MacBook を購入

ゆりこ による 2009-11-13 02:26:00 の投稿
カテゴリー: アップル・Macintosh
タグ: ,
開封式を終えたMacBook

開封式を終えたMacBook

昨日、ユニボディとなった新型のホワイト MacBook を購入しました。今まで、初代の MacBook (iBook → MacBook に変わった直後のもの) を使っていましたが、3年半が経過してついに調子が悪くなってしまったのです。カーネルパニックや画面表示の乱れが頻繁に発生しており、おそらくロジックボードかチップセット回りが故障したのだと思われます。AppleCare Protection Plan による保証も終了しているし、10月21日にホワイト MacBook が刷新されたばかりということで、新機種ゲットとしました。

今まで買った MacBook や iBook は US キーボードにするためにオンラインの Apple Store で購入していましたが、今ではリテールの Apple Store でも US キーボード版が購入できるということで、渋谷まで出向きました。残念ながら US キーボード版の在庫がなく、「とりあえず JIS キーボード版を持ち帰り、US キーのトップカバーが入荷次第、後日交換」という流れになりました。アルミ MacBook Pro ならば US キーボード版が在庫あるそうですが、デザイン的には白の方が好きですし予算的にもアルミはちょっと厳しいです (2万円高い)。

メモリーは 2GB→4GBに増設し、iWork, MobileMe, VGA出力ケーブル, AppleCare Protection Plan も追加して、15万円弱となりました。1ケタ%の割引ということですね。US キーボードカスタムということで、2ケタ%の割引は無理でした。

家に持って帰ってからは、おたのしみの開封式です。1つ1つ梱包を外しながら写真を撮るという作業です。Apple のパッケージは「開けるときの楽しみ」があるため、わざわざ「開封式」をやる人は多いですね。噂では「新品の服と下着に着替えてから臨む」人もいるそうです。

さすがに10万円を切った MacBook だけに、パッケージは以前よりもかなり簡略化されています。どうせ捨てる部分ならばケチってもいいと思うんですが、かつてのパッケージを知っていると、ちょっと残念でもあります……。

開封後は、Mac OS X のセットアップ、Xcode, iWork, Office 2004 for Mac などのアプリケーションのインストール、以前の MacBook からのデータ移行などです。移行アシスタントを使うと楽ですが、OS が Leopard から Snow Leopard に変わっているので、今回は全部手動で行いました。今回入れたアプリケーションやユーティリティーをまとめておきましょう。

新しい MacBook は、4GB メモリと 64-bit 対応もあって非常に快適です。Office 2004 for Mac で作り貯めたプレゼン資料を Keynote 形式に変換する作業が待っています……。

2006-04-28
晴れ

AppleStore 前夜祭

ゆりこ による 2006-04-29 11:24:00 の投稿
カテゴリー: アップル・Macintosh
タグ:

全国の AppleStore で、連休の前日に「前夜祭」という名目のイベントが行なわれました。MacBook Pro や iPod が当たるかもしれないスクラッチカードを配布するということで、わたしもさっそく渋谷店に出掛けました。

行列があることを覚悟していましたが、着いてみると行列はなし。入口で店員がスクラッチカードを配っています。店員が持つ箱に「当たり」っぽい気配がしますが、自分でカードを選べず店員から手渡しなので、当たりを探せません。スクラッチ部分を削ってみると「10% OFF」で、残念賞の1つでした。iPod nano でも買おうかと思いましたが、iPod shuffle で事足りてるし、Mac mini はマトモなスペック (メモリ 1GB) のを買おうとすると10万円コースになるし、あきらめました。

いったん店を出て食事をし、再度入ってみると、カードが余っているのか店員は1度に2枚ずつ配っています!! すでに MacBook Pro は出てしまったらしく、あとは iPod 、特製水筒か特製ポスターあたりを狙うしかありません。削ってみると、また 10% OFF と iTunes Music Store (iTMS) の1曲無料ダウンロード権でした。カードの裏にある英数字を iTMS に入力すると1曲無料でダウンロードできるようです。これも残念賞ということです。

21時閉店なのに20:30でもたんまりカードが残っていて、店員が自ら自分用として削ってしまっています!! それならということで、店員に頼んでカードを3枚ぐらい貰うと、今度は特製ポスターが出ました!! 実用性はないものの、レアアイテムであることに違いはありません。

けっきょく、iTMS カードが6枚分 (10% OFF も iTMS コードがついてる) ということで、1200円の儲け (1曲200円換算) ということになります。往復の電車賃と手間賃ぐらいにはなったような。

2005-04-30
晴れ

Apple Store, Nagoya Sakae

ゆりこ による 21:27:00 の投稿
カテゴリー: アップル・Macintosh
タグ: , ,

なぜ16時前に万博会場を後にしたか。それは Apple Store, Nagoya Sakaeにて、17時と19時から始まる Mac OS X v10.4 “Tiger” のプレゼンテーションを聴くためです。Apple の営業チーフ、櫻庭さんによるプレゼンなら、Store の店員による通り一遍の説明よりもはるかに楽しいはずだからです。19時の回では、帰りの列車に間に合わないと予測できるので、早めの回を見る必要があったのです。

栄店には、銀座心斎橋のようなシアターがありません。そこで 1F の左奥のスペースに椅子を並べて、30inch Cinema HD Display でもってプレゼンテーションをします。30inch もの大画面なら、数十人相手のプレゼンに使えてしまうのはびっくりです。

内容は、主要な8つの新機能についての説明とデモでした。Spotlight 検索技術では、「温泉」というキーワードで検索した結果に、写真や PDF 書類が含まれること (テキストファイルだけじゃないよということ) や、検索された写真をまとめてスライドショーにできること、検索した結果を「スマートフォルダ」という形で保存できることなどが披露されていました。

Automator は、「1行もコードを書かずに自動作業を構築できる機能です。あらかじめ、いろんなアプリケーションで使える指令の部品が用意されていて、これらを組み合わせることで、高度な作業が実現可能になるのです。デモでは「.Mac の HomePage サービスで公開されているフォトアルバムでサムネールをクリックすると見られる大きい画像を、ローカルに保存して iPhoto に取り込む」という作業です。実際に手で行なうと、けっこう手間のかかる作業です。しかし、この作業をいとも簡単に実現させてしまいました。作った「自動作業」は保存できるので、ちょっと変更するだけで再利用が可能です。とはいえ、アプリケーション側が、指令の部品を用意しておく必要があるので、対応アプリが揃うまでがあまり実用的じゃないかもしれません。

そうこうしていると、1時間の予定がなんと40分も超過。ぎゃはは。いやあ、Tiger はいじるほどいじりがいがある OS かもしれません。